神木隆之介の映画バクマンの配役が佐藤健と逆?二人は仲良しという話は本当!?

神木隆之介(かみき りゅうのすけ)さんが出演する映画バクマンで「逆」という話題が先行中、しかも「佐藤健と逆」というキーワードが多発しています。

一方では、神木隆之介さんと佐藤健さんは普段から仲良しということも話題になっています。

これらの背景を調べてみたいと思います!

神木隆之介の出演している映画バクマンで逆疑惑発生中

少年ジャンプで連載されていた人気漫画「バクマン」は、NHKでもアニメ放映されて話題になっていました。

高い画力を持つ真城最高(サイコー)と秀才の作家希望高木秋人(シュージン)の二人が中学三年生から高校にかけて、紆余屈折しながらもジャンプの連載作家として歩み出す姿を描いた作品は、戦いを描く作品の多い少年ジャンプの中で異質な輝きを放っていました。

そんな漫画を原作とした実写版映画が2015年10月に公開されることになっています。

この映画の中で神木隆之介さんは、シュージンの役を演じることになりました。

ネット上では、キャストの発表後すぐに「逆!!」という声が多く寄せられてきました。

神木隆之介と佐藤健は逆でしょう!というツッコミ多発!!

何がいったい逆なのかというと、サイコー演じる佐藤健さんとシュージン演じる神木隆之介さんのキャストが逆ではないのか?というツッコミが多発していたのです。

確かに、漫画ではシュージンよりサイコーの方が背も低く、幼い顔立ちをしています。

年齢や外見を考えても神木隆之介さんの方が佐藤健さんよりも年齢が下で、身長も低く、幼い顔立ちをしていますから、サイコー役の方が神木さんにはまっているのではないかしら?と思えますね。

ただ、性格を見るとクールで秀才タイプのシュージンの方が神木隆之介さんにぴったりするような気がします。

佐藤健さん自身も最初監督から話しを聞いた時はびっくりしたようですが、演じているうちにサイコーの性格が自分と重なる部分に気づいていったそうです。


神木さん自身もシュージンを演じやすかったようですね。

神木隆之介と佐藤健はリアルに仲良し!!

実は、神木隆之介さんと佐藤健さんはこの映画の前にも共演しています。

特に「るろうに剣心」では、主人公剣心役である佐藤健さんの敵役瀬田宗次郎を神木隆之介さんが演じていました。

普段から仲良しの二人にとって敵同士という役柄は難しかったのではないかと思いましたが、神木さんは逆に「剣心を倒す!」という心意気で撮影に臨んだということです。

でも、やはり仲良しの二人、撮影中は斬り合いを演じつつも、撮影が終わればいっしょに食事をしたりする間柄は変わらなかったとか。

なんだか、うらやましくなるエピソードですね。


神木隆之介さんは佐藤健さんの他にも、Hey!Say!JUMP の山田涼介さんや本郷奏多さんとも仲が良いことで知られていますが、きっと友達思いの素敵な男の子なのでしょうね。

神木隆之介さんがこれからさらにどんな役柄を演じていくのか楽しみなところです。

関連記事:本郷奏多の高校・大学時代ってどんな感じだったの!?神木隆之介との兄弟説の真偽は!?

関連記事:神木隆之介が志田未来とドラマで仲は!? 山田涼介 を”ハニー”と!?

コメント