宮崎宣子は再婚せず。元夫との離婚原因とは。過去に巨人選手と交際。実家は厳格?

日本テレビを代表するアナウンサーの1人だった宮崎宣子(みやざきのぶこ)さん。

2014年に離婚していますが再婚はしていないようです。

結婚から3年経たずに離婚した原因については夫が遊び人だったという情報も。

過去に交際が噂された読売巨人軍の選手と結婚していれば全く異なった人生となっていた事でしょう。

気になる現在や厳格と思われる実家の情報もご紹介したいと思います。

宮崎宣子のプロフィール

本名:宮崎宣子

生年月日:1979年9月4日

身長:162cm

血液型:B型

出身地:宮崎県宮崎市

最終学歴:早稲田大学第一文学部卒業

所属事務所:Alohaherb株式会社

宮崎宣子は再婚していない

高校1年生の頃にアナウンサーを志した宮崎宣子さん。

何とかその夢を叶えようと大学ではアナウンス研究会に所属。

女子アナの登竜門と言われるミスコンにも出場し、東京アナウンスセミナーにも通っていたそうです。

こうした努力が実り、2002年にアナウンサーとして日本テレビに入社。

情報番組、バラエティ番組を中心に出演し、明るいキャラクターで人気を博しました。

そして2011年のクリスマスイブに結婚を発表。


それと同時に翌年の3月末を持って日本テレビを退社する事も明かしました。

労働時間も休日も不規則な事が多いアナウンサー。

そのため夫と過ごす時間を少しでも増やそうと退社を決意したのでしょう。

共働きの場合、すれ違いが原因で離婚する事も少なくありませんからね。

ただ、宮崎宣子さんは家庭に専念せず退社後はフリーアナウンサーとして活動しています。

アナウンサーは高校生からの夢だった事もあり、都合が付く範囲で続けたいと考えていたのでしょうね。

きっとフリーになった事で仕事と家庭を上手く両立していると誰もが思ったはず。

ところが結婚から約3年後の2014年9月に離婚。

突然の離婚発表に驚いた人も多かったのではないでしょうか。

とはいえ夫婦関係が上手くいっていないのであれば決断は早いに越した事はありません。

離婚当時、35歳と人生はまだまだこれからの年齢。

素敵な男性と巡り合い再婚する可能性も十分すぎるほどにあります。

ところが2021年11月時点で離婚から7年となりますが再婚の情報は見つからず。

そのため今も再婚していないと思われます。

一度、失敗した事で結婚に二の足を踏んでしまっているのかもしれません。

宮崎宣子が離婚した原因とは

結婚から僅か3年で離婚してしまった宮崎宣子さん。

発表当時は離婚原因について明かしていませんでした。

ですが、離婚から2年後の2016年に真相を告白。

気になる離婚の原因は「相手と合わなかった」ことだったそうです。

タイミングや時期、そういった事が合わないと感じていたようです。

元々、全く別の環境で生まれ育った二人なので価値観や考え方などに相違があるのは当然。

それでも結婚当初はお互いに歩みよる姿勢も見せていたはず。

ですが、どうしても埋まる事のないズレを日々、感じていたのでしょう。

またキャリアや家庭を築く上での認識の相違もあったのかもしれません。

子供を望んだ宮崎宣子さんに対して夫は子供を望まず。

子供が産まれると「自分の時間が無くなってしまう」と思ったのでしょうか。

そうした考えの違いも離婚するきっかけとなってしまったのでしょうね。

宮崎宣子の元夫はエイベックス

宮崎宣子さんの元夫が勤務しているのはレコード会社。

それも超大手のエイベックスと言われています。

同僚の男性アナウンサーを交えた食事会で出会った二人。

交際から結婚まで10か月というスピード結婚でした。

宮崎宣子さんは結婚当時、夫について「日焼けして、Vネック」、「穏やかなEXILE」と語っています。

芸能人ならばまだしも社会人でこの風貌。

人を見た目で判断してはいけないとは言いますが、決して真面目なタイプには見えません。

どちらかと言うと「遊び人タイプ」のように思えます。

実際、「夫が帰ってこない」と愚痴をこぼす事があったという情報もありました。

チョイ悪な風貌に加えてエイベックス勤務。

夜のお店に行けばモテモテだった事は間違いないでしょう。

女子アナとの結婚もステータスと考えていたのかもという声も聞かれます。

生涯のパートナーに相応しいか判断するには10か月では短すぎた、今となってはそう言わざるを得ません。

過去には巨人の選手と交際していた

今や女子アナの交際相手としてお馴染みのプロ野球。

宮崎宣子さんも過去にプロ野球選手と交際していたんです。

気になるお相手は当時、読売巨人軍に所属していた林昌範さん。

詳細な交際期間は不明ですが、大体の交際期間は推察可能なんです。


というのも宮崎宣子さんはプロ初勝利の記念すべきウイニングボールをプレゼントされた事を明かしています。

林昌範さんがプロ初勝利を挙げたのは2003年8月14日なので、交際が始まったのはこの日よりも前。

また、林昌範さんは2007年12月7日に当時、テレビ東京のアナウンサーだった亀井京子さんと結婚しています。

そのため破局したのはそれ以前という事になります。

恐らく二人の交際期間は約4〜5年。

結婚を意識しても不思議ではない年数ですよね。

ただ、4歳年上の宮崎宣子さんに対して亀井京子さんは1歳年上。

年齢が近い事から魅力的に感じたのでしょうか。

それにしても女子アナと破局して女子アナと結婚するなんて。

偶然かもしれませんが相当な女子アナ好きだったのかもしれませんね。

宮崎宣子の現在はアナウンサー兼社長

日本テレビを退社後、フリーアナウンサーとして活動している宮崎宣子さん。

退社後はプロダクション尾木に所属していましたが2019年3月末に退社

そして同年4月からは自ら設立した個人事務所Alohaherbの所属となっています。

また、2018年10月にはハーブブランドのEMARA株式会社を設立し、代表取締役に就任。

つまり2021年現在の宮崎宣子さんはフリーアナウンサー兼2つの会社の社長ということになります。

ハーブブランドを設立したきっかけは日本テレビ在籍時、自律神経を乱してしまったこと。

安定剤や睡眠薬を服用するも眩暈や頭痛、吐き気等の副作用に悩まされていたそうです。

そんな時、健康外来の医師に勧められたのがハーブ。

薬を飲む事をやめ、ハーブと森林療法で完治する事が出来たんだとか。

こうしてハーブに興味を持った宮崎宣子さん。


日本テレビを退社後、ハーブに関する勉強を本格的に始めハーバルセラピスト資格を取得。

そしてオーガニックハーブの商品を開発するようになりました。

ただ、ハーブに興味があってもハードルが高いと感じている人もいるでしょう。

ですが、EMARA株式会社が開発、販売するのは男性用、女性用ボディーソープや食器用洗剤。

ハーブの薬効を身を持って実感したからこそ取り入れやすいように日々、使う製品の開発に取り組んでいるようです。

きっと今は多忙ながらも充実した日々を過ごしているはず。

宮崎宣子さんがきっかけとなりハーブを取り入れる人がどんどん増えていくかもしれませんね。

宮崎宣子の実家は厳格な家庭だった?

宮崎宣子さんの父親は高校の教師。

勉強はもちろん、生活習慣にも厳しかったものと思われます。

その証拠に高校、大学共に指定校推薦で合格。

学業だけでなく生活態度も人格も優れている何よりの証拠と言えますよね。

もちろん推薦で合格出来たのは持って生まれた資質もあるでしょう。

ですが、教師の家に生まれ育った事も無関係ではないように思えます。

当時は厳しい父親を煩わしく感じる事もあったでしょう。

ただ、今となっては厳しく育ててくれた事に感謝しているのではないでしょうか。

学歴が全てとは言えませんが、学歴が高いに越した事はありません。


特にテレビ局の関係者は高学歴ばかり。

宮崎宣子さんも早稲田大学に入っていなければアナウンサーになれなかった可能性もゼロではありません。

誰もが羨むような今の地位や立場を築けたのも厳しく育てられたから。

そう言っても決して過言ではないでしょう。

馬場典子の結婚、旦那や子供は?熱愛の噂、林家三平やサバンナ高橋とは破局?

森麻季アナ、元夫・澤村拓一との離婚理由は非公表。結婚式や馴れ初めとは

葉山エレーヌ、結婚した旦那との離婚理由とは。子供出産と現在。実家は貴族?

松本志のぶ、結婚した旦那(岩代太郎)の離婚歴。娘を出産して尿漏れ、実家と現在

コメント