小倉優子の料理は下手だったけど○○好きで資格まで取ってしまった?!

グラビアアイドルでヘアメイクアーティストの菊池勲さんと離婚し、40代の歯科医師男性と再婚した小倉優子(おぐら ゆうこ)さん。

不思議系天然キャラで一躍人気者になりましたが、2009年にキャラを封印。

その後は「素の自分」で数々の仕事をこなしているようですね。

そんな小倉優子さんは、結婚前はとても料理が下手だったそうです。

ですが今では○○の資格まで取ってしまう程の腕前に!!

今回は小倉さんの料理がどれほど酷かったのか、一体なんの資格を取ったのかについて調べてみました。

料理本まで出しているのに小倉優子は料理が下手?!

すっかり「ママタレ」になり2014年に「ベストマザー賞」を受賞するなど、とても家庭的な小倉優子さん。

ご自宅もとても綺麗にされており、文句のつけようがないといった所でしょうか。


しかも小倉さんは「小倉優子の幸せご飯」という本を出しているようで、とても料理上手だそうです。

正に「完璧な妻」といったところでしょうか。

ご自身のブログにも度々アップされているのですが、テーブルコーディネートからこだわっているようで「目で見て楽しむ」ことも出来るようです。

そんな料理上手な小倉さんですがネットでは「下手」と言われてしまっているようです。

一体なぜそのように言われているのかというと、2008年に放送された料理番組「愛のエプロン」ではとてつもない「料理音痴」を発揮していたことが原因のようです。

生魚をそのまま電子レンジに入れたり、麻婆豆腐のとろみ付けに水あめを入れたりとかなり滅茶苦茶だったようです。

小倉さんのお母様が料理好きということで実家に住んでいたころは何もしていなかったそうです。

このままではまずいと思い、料理教室に通い始めたそうで、最終的にはなんと7つ程通っていたそうです。

その成果が今の「料理上手タレント」という称号を手に入れたのでしょう。

とても努力家なのが伝わってきますね。

関連記事:小倉優子の旦那は菊池勲さん。

小倉優子は料理上手でなんとパンアドバイザーの資格まで取得!!

もとは料理が苦手だった小倉さんですが、たくさんの料理教室へ通い克服をしたようで2015年現在では小倉さんが出した料理本が20万部を超え、大ヒットしているようです。

特に小倉さんはパンが好きなようで、なんと「パンアドバイザー」という資格まで取得してしまったようです。

パンアドバイザーとは、「パンを愛し、知識を身に着け、パンの食文化の発展に尽力する人」ということだそうです。

パンの知識だけでなく、小倉さんはご自宅で実際によくパンを作っているようです。

意外と力が必要な「こね」や「一次発酵」「成形」「二次発酵」「焼き」という順で行うようですがご家庭で1から作るのは時間も手間もかかり、かなり面倒。

「発酵している時間も楽しい」という方も少なくないようですね。

パンの魅力を社会に幅広く提案できる方ということで小倉さんにはピッタリな資格ではないでしょうか。

資格を取得するには1日の講座を受講しその後試験に合格された方に「認定証」が交付されるようです。

少し驚きなのがこの「認定証」は「日本野菜ソムリエ協会」から交付されるそうです。


合格率は90%ということで、比較的取りやすい資格のようです。

これから、パンアドバイザーとしても沢山の魅力を発信していってもらいたいですね。

関連記事
小倉優子、子供の学校は?家が豪邸の噂。飽きっぽい性格で犬を元彼に押し付け?

小倉優子の高校&大学は法政!株で失敗?身長&血液型までプロフィールまとめ

小倉優子の最近。離婚した元旦那との出会い、再婚&彼氏の噂。ハワイに移住?

小倉優子の旦那の年収がヤバすぎて「太った」「バツ2」の噂も霞む?

小倉優子の子供に障害!?顔は!?名前は奏太(かなた)!?ほくろ・手・あごが…!?

コメント