清塚信也の母は韓国人。天才ではなく努力家、驚きの練習時間とは。実家は調布?

ピアニストや作曲家として活動し、メディア出演も精力的にこなしている清塚信也(きよづか しんや)さん。

あまり知られていませんが、父が日本人、母が韓国人のハーフであることを明かしています。

今回は、信也さんの母の知られざるエピソードを紹介。

さらに信也さんが「天才である」という評判に対する、筆者なりの見解を述べていきます。

また驚くべき練習時間、実家が東京都調布市にあるという情報に迫ります。

清塚信也のプロフィール

本名:清塚信也

生年月日:1982年11月13日

身長:非公表

出身地:東京都調布市

最終学歴:桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマ・コース、モスクワ音楽院

所属事務所:トライストーン・エンタテイメント

清塚信也の母・順子は韓国人

信也さんの母は、順子さんという女性です。

韓国名は不明ですが、韓国籍の人であることがわかっています。

日本人男性と結婚し、信也さんをもうけました。

あまり知られていませんが、信也さんは日韓のハーフということになります。

ただ日本で育ったため、韓国語はまったく話せないそうです。


母からは韓国語を教えてもらえなかったようですね。

順子さんは演奏家を目指していたものの、親の反対で断念した経験がありました。

そのため息子である信也さんに夢を託したのです。

一流のピアニストに育て上げるため、厳しく音楽教育を受けさせていました。

また長女で、信也さんの姉にあたる美耶さんも音楽教室へ通わせ、バイオリニストに育て上げています。

夫と離婚し、女手一つで娘と息子を厳しく育て、プロの音楽家へと成長させました。

清塚姉弟は朝5時に起床して、楽器の練習に励んでいたそうです。

遊びはもちろん、音楽以外の勉強をする時間も与えてもらえませんでした。

何と順子さんは子供たちに、「漢字も計算もただの雑念」と教えていたそうです。

国語や算数の勉強はせず、ひたすら音楽だけに集中するよう仕向けていたことになります。

いくら自分の夢を子供たちに託したからといって、将来役立つ勉強さえ禁じていた点は、やや常識外れに思えますね。

結果的に信也さんは大人になってからも、九九の計算をすべて言えないのだそうです。

割り算のルールも理解できないそうですから、お金の計算などで苦労することがあるのではないでしょうか。

子供たちに勉強さえも禁じて音楽の道へ向かわせるほど、順子さんは凄まじい執念の持ち主だったのですね。

清塚信也は天才ではなく努力型の可能性が高い

信也さんを「天才」と呼ぶ人は多いようです。

ただし、あくまでSNSでファンや友人が「天才」という評判を高めている印象があります。

天才とは、周囲を圧倒し、魅了する大きな力を持つ人のことを指すはずです。

信也さんは確かに実力のあるピアニストですが、天才と呼ぶにはややオーラが薄いように感じられます。

筆者から見ると、天才というよりは、努力で今の実力と地位を手に入れた人のように思えます。

中学校時代にはコンクールで予選落ちした結果、ピアノの猛練習をして、1年後に「全日本学生音楽コンクール中学校の部」で優勝しました。


モスクワ音楽院での留学期間中は、ミスをする度に失笑される環境で腕を磨き続けました。

天才であればこのような努力をしなくても、聴く人を引き込む演奏ができるはず。

信也さんは自分が天才ではなく、努力家だからこそ、母の教育や留学先での修業によってスキルを高めたのです。

そして音楽界や芸能界にも人脈を築き、ドラマに出演して俳優デビューしたり、音楽番組でMCを務めたりしてきました。

天才ではなくても名を残すため、努力と営業力を武器に活躍の場を広げてきたに違いありません。

清塚信也の練習時間は12時間

信也さんは先ほど紹介した通り、母からピアノ以外の勉強をする時間を与えてもらえませんでした。

ピアノの練習時間は1日12時間だったそうです。

半日以上を費やして練習していたのですから、ほかに何もできるわけがありません。

信也さんは厳しい練習に耐える力がある「努力の天才」と言えますね。

清塚信也の実家は調布にある可能性あり

信也さんの実家は東京都にあることがわかっています。

正確な位置は不明ですが、調布市にある可能性が高いです。

学歴を確認すると、調布市立第四中学校を卒業していることがわかりました。

公立中学校は居住地ごとに学区が定められているため、信也さんは調布市の公立中学校の近くに住んでいたはずです。

中学校を卒業後は、同じく調布市にある私立・桐朋女子高校の音楽科に進学しています。

音楽科は男女共学のため、女子高校であっても信也さんは進学できたのです。


学歴の情報から、調布市に実家があったことは間違いないでしょう。

信也さんのツイッターを確認すると、かつて「中学校から調布市が地元」であると明かしていました。

出身小学校の情報は不明ですが、投稿内容を見たところ、中学生の頃調布市に引っ越した可能性が高いです。

演奏家を目指して研鑽を積んだ土地である調布市には、かなりの愛着を抱いているに違いありませんね。

清塚信也の姉はバイオリニスト。父の職業は?韓国人とのハーフ、生い立ちと想い

清塚信也は高年収で自宅もすごい。若い頃の経歴に桐朋学園大学あり

清塚信也が面白い。性格を血液型で分析&反田恭平との逸話。似てる芸能人は?

清塚信也、結婚した妻は乙黒えりとの出会い。娘の名前や通う学校について

コメント