野田佳彦の息子は2人、妻は元社長秘書。自宅は船橋市。父は自衛官&弟は千葉県議

政治家としての野田 佳彦(のだ よしひこ)さんは様々な活躍で多くの人に知られていますが、仕事を離れた時の夫や父親の顔はあまり取り上げられていません。

総理を務めたほどの人物であれば後継者となる息子の存在も気になるところなので、今回は野田さんの家族や自宅についてチェックしていくことにしましょう。

野田佳彦のプロフィール

本名:野田 佳彦 (のだ よしひこ)

出身地:千葉県船橋市

生年月日:1957年5月20日

最終学歴:早稲田大学(政治経済学部政治学科)卒業

主な肩書:内閣総理大臣(第95代) / 民主党代表(第9代)

野田佳彦の息子たちは後継者にあらず?

まずは野田佳彦さんの息子についてリサーチしていきましょう。

自身のホームページやSNSでは息子に関する情報を発信していませんでしたが、首相官邸にある閣僚名簿の中に「家族:妻、長男、次男」と記載されています。

首相官邸HP 「野田第三次改造内閣 閣僚等名簿」 

家族の情報が少ない中で子供の性別と人数が判明したのは収穫と言えるものの、肝心の名前や生年月日など詳しい個人情報は一切明らかにされていません。


一部で「息子が医学部に通っている」という噂が流れているそうですが、ハッキリとしたソースがある訳ではないので憶測の域を出ない情報と言えるでしょう。

また、野田さんは自身が民主党の代表だった時に”世襲候補の禁止”を徹底した経緯もあるので、息子たちが地盤を受け継いで立候補することはあり得ません。

ある意味で後継者にならないから情報を公表していないとも考えられます。

今回の調査では野田さんの息子に関する情報をあまり見つけることはできませんでしたが、お世継ぎ候補でないのであれば仕方がないことかもしれませんね。

野田佳彦の妻は元・社長秘書

この項目では野田佳彦さんの良きパートナーである妻について見ていきましょう。

結婚をしたのは1992年のことで、妻は6つ年下の柿添仁美さんという一般女性です。

馴れ初めが気になったので調べると、知り合ったのは結婚をする4年前(1988年)のことで、野田さんの後援者がふたりの間を取り持ったとされています。

当時の野田さんは国会議員ではなく千葉県議会議員だったことを考えると、仁美さんもファーストレディーになるとは夢にも思ってなかったでしょうね。

経歴は東京音楽大学(音楽学部・音楽教育専攻)を中退後に都内の企業で社長秘書をしていたそうですが、詳しい企業名や職歴などは明らかになっていませんでした。

実家は中規模のガラス工場を営んでいたそうなので、華々しい家柄を持つ歴代総理夫人の中だと庶民派と言えるでしょう。

仁美さんは総理夫人としてかなり地味で存在感は薄いですが、ある意味で変に注目を集めて夫の足を引っ張るタイプよりは良いかもしれませんね。

野田佳彦の自宅は船橋市

こちらの項目では野田佳彦さんの自宅についてチェックしていきましょう。

まずヒントになる情報を探してみると、後援会事務所が「船橋市・薬円台6-6-8-202」にあり、デモを巡るニュースの中で「自宅は事務所から徒歩5分」という紹介がありました。

後援会事務所の周辺を丁寧に調べると、立憲民主党のビラや「野田佳彦 後援会連絡所」という看板が設置してある家を発見。

ただ、ストリートビューで見る限りでは人の気配がしないので、もしかすると野田さんは自宅ではなく赤坂にある議員宿舎に住んでいる可能性が高いです。

もっとも、政治活動やセキュリティー面を考えれば議員宿舎の方が便利ですし、船橋市と赤坂(港区)は遠くないので街頭に立つことも難しくはないでしょう。

自宅が特定されやすいのは気の毒な面もありますが、これも政治家という公人になった一種の洗礼なのかもしれませんね。

野田佳彦の父は自衛官(空挺団)だった

次は野田佳彦さんの大切な存在である父親について見ておきます。

総理大臣にまでなった経歴を踏まえれば父親も政治家(二世)と思いがちですが、調べてみると職業は政治とは少し距離を置くべき存在の自衛官でした。

父親の名前は義信(よしのぶ)さんといい、陸上自衛隊の「空挺団」に所属していた超エリート。

詳しい経歴や生年月日などは公表されていませんが、2020年9月3日に89歳で亡くなったことが報じられているので”1931年頃の生まれ”と推測できます。

また、所属していた空挺団の拠点(習志野駐屯地)は千葉県船橋市・薬円台にありますが、これは佳彦さんの事務所や自宅がある地区とほぼ同じでした。

佳彦さんが民主党系の議員の中でも保守寄りの思想を持っている背景には、第一線で国防の任についていた義信さんの影響があったのかもしれませんね。

弟は秘書を経て千葉県議会議員に当選


最後に野田佳彦さんの良き理解者である弟について見ておきましょう。

弟の名前は剛彦(たけひこ)さんといい、1961年1月9日に野田家の次男として誕生。

県立船橋東高校時代には空手の千葉県代表になった文武両道タイプで、法政大学(社会学部)を卒業後に千葉信用金庫へ入社したという経歴を持っています。

1987年から千葉県議会議員をしていた兄の私設秘書になり、衆議院議員になってからは公設秘書として政治に携わりました。

1999年に秘書を辞めて船橋市議会議員に転身し、4期16年を終えた2015年には千葉県議会議員選挙に出馬をしてトップで当選。

2期目となる2019年の県議会選挙(船橋市選挙区)でも2期連続となるトップ当選を果たしました。

見た目が似ているとの印象はそれほど受けなかったものの、政治課題や住民に寄り添う姿勢はよく似てにいて”甲乙つけ難い兄弟”と言えるでしょう。

肩書や立場は元総理大臣と県議会議員で大きな差ができてしまいましたが、1人1人に向き合うという政治の本質は同じなので一層の活躍を期待するばかりです。


野田佳彦の評判、どじょうの由来とは。選挙に強い理由は街頭演説、若い頃から上島竜兵に似てる?

岡田克也の息子と大学、娘の誘拐未遂事件とは。妻は医師、病気は網膜剥離だった

小沢一郎は息子も政治家?妻と離婚で再婚に激怒?自宅豪邸の現在

菅直人の息子は獣医で今は?お遍路は夫人のため?菅義偉と親戚の噂

鳩山由紀夫の息子(紀一郎)はロシアの大学講師から政治家へ。評判は父親よりも良い?

コメント