前原誠司の父親が自殺。結婚した妻、家族について。鉄道好き&菓子パンで激怒?

党の代表や大臣など数々の要職で結果を残し続ける前原誠司(まえはらせいじ)さん。

再び与党として政権に関与する事を待ち望んでいる人もきっと多い事でしょう。

前原誠司の父親は自殺していた

現在、国民民主党の代表代行を務める前原誠司さん。

これまでも民主党代表や民進党代表、外務大臣、国土交通大臣などの要職を歴任。

どうしても与党に注目が集まりがちな日本の政治。

そのような状況でも野党で存在感を示し続ける数少ない政治家の1人です。


幼少期から非常に優秀だったようで中学受験では東大寺学園と京都教育大附属に合格。

きっと京都教育大附属は滑り止めで本命は東大寺学園。

実際、前原誠司さんは東大寺学園への進学を強く望んだそうです。

ですが家計の都合と共学校に進学させたい、という親の思いに逆らう事が出来ず。

東大寺学園を諦め京都教育大附属に進学する事に。

当時の前原誠司さんは何とも言えない気持ちだった事でしょう。

ただ、この選択は決して間違いではありませんでした。

というのも中学2年生の時に家庭裁判所の職員だった父が自殺。

その後は母子家庭となり決して裕福とは言えない生活をする事となりました。

もし東大寺学園に進学していたら学費を支払う事が出来ずに退学となっていたかも知れません。

公立の京都教育大学附属に進学した事が不幸中の幸いとなりました。

それでも家計が厳しかった事ため高校1年生から奨学金を受けるように。

京都大学に進学後は学費と生活費のため、様々なアルバイトを掛け持ち。

まさに寝る間も惜しんで学業とアルバイトに専念したそうです。

その後、大学卒業後の進路について悩んでいた時に教授の高坂正堯さんに紹介されて松下政経塾へ入塾。

そして28歳となった1991年に出馬した京都府議会議員選挙で史上最年少当選。

1992年に日本新党に参画し、1993年に衆議院議員選挙に立候補すると見事に当選。

それ以降、野党に逆風が吹いた時にも落選する事なく、衆議院議員を9期に渡って務めています。

もし、父親が健在であれば前原誠司さんは全く別の道に進んでいたはず。

京都大学ではなく東京大学に進学して官僚となっていたかもしれません。

前原誠司が結婚した妻はどんな人?

前原誠司さんの選挙区は京都2区。

ですが党の重役を担っている事から地元に帰る機会は殆ど無いはず。

そこで重要となってくるのが夫の留守を預かる妻の働き。

後援会や有権者への挨拶周りはもちろん、県議や市議の応援に出向くことも。

相当な切れ者でなければ議員の妻は務まりません。

では前原誠司さんの妻はどんな方なのでしょうか。

妻は6歳年下で名前は前原愛里さん。

幼少期は香港に滞在していたそうで広東語を話せるそうです。

前原愛里さんは創価大学女子短期大学を卒業後、パソナグループに入社。

パソナグループでは社長秘書をしていたそうです。

日本でも有数の人材派遣会社であるパソナグループ。

そこで社長秘書を務めるなんて、かなりの切れ者である事は間違いなさそうです。

そんな前原愛里さんと前原誠司さんの馴れ初めは知人の紹介。

その後、数回のデートをしただけで出会ってから2か月という超スピード結婚だったそうです。

「お似合い」と思って紹介したであろう知人もきっとびっくりした事でしょう。

政治家の妻として申し分が無いと思われる前原愛里さん。

ただ、一つ気になるのが創価学会員という噂。

創価大学女子短期大学に通っていたためか創価学会の会員と言われているようです。


なかには両親が熱心な信者、という情報もありました。

ですが前原愛里さんが本当に創価学会の会員であれば前原誠司さんは別の党に所属しているはず。

創価学会と関わりの強い政党がありますからね。

その政党に所属していない事から前原愛里さんや両親が創価学会の会員というのは噂に過ぎないと思われます。

前原誠司の家族構成

普通の家庭に比べはるかに恵まれている大物議員の子供。

その多くが一流企業に就職したり、会社を立ち上げています。

また、親の地盤を引き継いで政界に進出する事も少なくありませんよね。

そこで気になるのが前原誠司さんの子供。

きっと多くの人々が子供の情報が気になっているはず。

ですが前原誠司さんには子供はいません。

あまりに忙しすぎて子供どころではなかったでしょうか。

ただ、子供がいない政治家が次の世代の事を考えられるのか、と思う人もいるかもしれません。

ですが辛く厳しい幼少期を過ごしてきた前原誠司さん。

同じように苦しむ人達の気持ちは痛いほど理解しています。

恵まれた環境で生まれ育った人がトップに立つことが多い日本の政治。

前原誠司さんのような人がトップに立つ事でより子育てがしやすい国になるのでは、と思ってしまいます。

前原誠司は異常なまでの鉄道マニアだった

一般人だけでなく著名人にも多い鉄道マニア。

「鉄道マニア」と一言で言っても撮り鉄や乗り鉄、車両鉄など様々。

前原誠司さんもそんな鉄道マニアの1人。

特に写真を撮るのが好きな撮り鉄なんだとか。

両親の出身地である山陰地方には現役のSLが走っていた事から自然と鉄道好きに。

小学5、6年生の時にはSLの交換を撮影するため敢えて乗り過ごしたことも。


一人で田舎に帰郷した際の出来事だったため、迎えに来ていた親戚から酷く怒られたそうです。

当時はまだ携帯電話なんて無い時代。

乗っているはずの電車から降りてこなかったら心配するのは当然ですよね。

また、自分が機関車を見たいがために新婚旅行で訪れたのは北海道。

そして訪れた北海道では妻にも機関車の写真を撮らせ、高額な機関車のプレートまで購入。

さらに東京と京都にある政治事務所には自ら撮影した機関車の写真を飾っているそうです。

機関車好きを抑えられない前原誠司さんですが、躊躇している事がただ一つ。

それは機関車模型の購入。

一度手を出すと止まらなくなる事を恐れて購入に踏み切る事が出来ないんだとか。

もし、模型を購入したら政治よりも夢中になってしまいそうですね。

きっと政界から引退したら一日中、機関車と共に過ごす事でしょう。

ただ、前原誠司さんは国政には欠かさない人材ですので、まだまだ先になりそうですが。

前原誠司が菓子パンで激怒?

京都出身の前原誠司さんですが、意外にも朝はパン派。

毎朝のように菓子パンと総菜パンを1つずつ食べるそうです。

甘い物としょっぱい物を1つずつ。

これが前原誠司さんのこだわりなのでしょう。

ところがある時、新人の秘書が用意したのは菓子パンを2つ。

すると「菓子パンを2個も食えるか」と激怒しパンをゴミ箱に投げ捨ててしまったそうです。

その後、前原誠司さんはパンをゴミ箱に捨てた事は否定。

ただ、激怒した事は否定していない事から腹を立てたのは間違いないようです。

菓子パンと総菜パンを1つずつというのは前原誠司さんと長らく行動を共にしている人にとっては当たり前のこと。


ですが、新人秘書には「パンを2つ」という認識しかなかったのかもしれません。

それにしても菓子パンを2つ用意しただけで激怒するなんて。

よっぽどピリピリしていたのでしょうか。

朝から決まりのルーティンを崩されてイライラしてしまったのかもしれませんね。

前原誠司の現在。後援会長だった稲盛和夫との関係。経歴や政治思想は保守?

福山哲郎の最終学歴は京都大学。龍谷大学との関係、経歴まとめ。離党したきっかけは?

玉木雄一郎、妻が大平正芳の親戚。息子の大学&家族が原因で疑惑?後援会がすごい

コメント