舟木一夫の現在。自宅豪邸を引っ越し。結婚した妻は一般人、離婚の噂は本人ではない

西郷輝彦(さいごうてるひこ)さんや橋幸夫(はしゆきお)さんと共に、「御三家」として1960年代に圧倒的な人気を誇った歌手の舟木一夫(ふなきかずお)さん。

制服姿で「高校三年生」を歌った姿は、皆さんお馴染みでしょう。

舟木一夫さんは2022年現在、どのようにしているのでしょうか。

自宅はどこにあるのか、また結婚した妻とは離婚したのではという噂もあるようです。

真相を追いかけていきましょう。

舟木一夫のプロフィール

本名:上田成幸(うえだなるゆき)

生年月日:1944年(昭和19年)12月19日

身長:172cm

出身地:愛知県一宮市

最終学歴:自由が丘学園高等学校卒業

所属事務所:アイエス(業務提携)

舟木一夫は現在も元気に歌い続けている

舟木一夫さんは2022年現在も、元気にファンの前で歌を披露しているようです。

舟木一夫のデビューのきっかけは友達と行ったコンサート

何人もの女性を取っ替え引っ替えしていた父と、極貧生活を送った少年時代。

13歳年下の弟が生まれた時に、人並みの生活をさせたいと決意したそうです。

そのために良い職業に就きたいと考えていたところ、「歌手になろう」と思うようになったといいます。

歌手を選択したということは、舟木一夫さんは若い頃から歌が上手だったのでしょうね。

大きなチャンスは高校生の時に突然やって来ました。

松島アキラショーを友達と観に行った舟木一夫さん。

そこで松島アキラさんが「一緒に誰か歌おう」と聴衆に呼びかけました。

すると、友達が舟木一夫さんの手を引っ張り挙げたのです。

そして一緒に「湖愁」を歌っていた様子を、ある記者が興味深く見ていました。

その記者は、大手芸能事務所・ホリプロの会長に話したのです。

会長は舟木一夫さんに興味を持って、そこからデビューに向けてトントン拍子に話が進んだのだとか。

そしてあの誰もが知る大ヒット曲「高校三年生」が生まれたのですね。

舟木一夫は歌手30周年に再ブレイクして今日に至る

しばらくテレビから姿を消していた舟木一夫さん。


しかしデビューして30年ほど経った頃に、「昔のヒット曲を歌手が出演して歌う番組」が流行り出します。

当然、舟木一夫さんにもお呼びがかかりました。

久しぶりに見ても「高校三年生」を歌う姿はファンの心に深く刺さったのです。

それから中高年女性のアイドルとして、活動を再開することができました。

2022年には、歌手活動60周年を迎えた舟木一夫さん。

記念のシアターコンサートを、1年かけて全国で開催しているそうです。

ファンクラブも以前継続中で、会員を中心にアイドル的な人気をキープし続けています。

舟木一夫さんは、「全ての人に人気がなくても良い」と考えているとのこと。

「同じ時代を生きた人々にだけ通用する歌手で構わない」と語っています。

舟木一夫の昔の自宅は世田谷の豪邸だが現在は武蔵野在住

舟木一夫さんは1960年代に活躍した結果、東京の世田谷に家を構えることができました。

極貧生活から抜け出すことに成功できたのですね。

舟木一夫さんは、世田谷区祖師谷に160坪もの土地を購入。

そしてそこに、10部屋もある2階建ての豪邸を建てました。

その家は舟木一夫さんが若い頃に、母と弟に譲渡。

しかし事業に失敗した母と弟は、家を売却する結果となったのです。

残った借金は、舟木一夫さんが肩代わりして返済。

当時結婚して息子もいたので、妻に申し訳ない気持ちでいっぱいだったそう。

幾度となく辛い出来事が襲ってきても、最後には乗り越えてきた舟木一夫さん。

借家住まいを経て、息子が中学に上がる頃に武蔵野に一軒家を建てたそうです。

その後はずっと、その武蔵野の家に住んでいます。

舟木一夫がスランプの時期に結婚した妻は一般人

舟木一夫さんは、1960年代まで人気の絶頂にいました。

しかしその後、人気は低迷し仕事が激減。

栄光の時代はあっという間で、はかないものでした。

それから舟木一夫さんは2回も自殺未遂を繰り返してしまいます。

さらに不自由な暮らしをさせまいと弟のために頑張っていましたが、その弟も亡くなるという不幸に見舞われたのです。

おそらく1970年代の初めは、舟木一夫さんにとって一番辛い時期だったのではないでしょうか。

そのような時に出会った女性が、松沢紀子(まつざわのりこ)さんでした。

元々舟木一夫さんのファンだったそうで、宮城学院女子大学音楽科を卒業したお嬢様。

手がかかることは母や姉がしてくれて、ほんわかと育ったようです。

癒しを与えてくれる雰囲気に、舟木一夫さんは心が安らいだのかもしれませんね。

1974年4月29日に2人は結婚しました。

二人の間には純さんという息子も生まれたそうです。

純さんは、慶應義塾大学を卒業した後に一流企業に勤務。

結婚して家庭を築いているのだとか。

舟木一夫さんは結婚して、温かく幸せな家庭を築きあげることができたのですね。

舟木一夫にまつわる離婚の噂は芸能仲間や父親の話で自身は夫婦円満

舟木一夫さんは妻と息子に囲まれて、幸せな日々を送っていました。

しかし「離婚」という噂があったのだとか。

どれだけ周りから幸せそうに見られていても、家庭の内情までは分かりかねますね。

舟木一夫さんの家庭にも、何か問題があったのでしょうか。

舟木一夫の離婚問題は芸能仲間に関するものだった

結論から言うと、舟木一夫さんは離婚をしていません。

自身の問題ではなく、芸能界で「御三家」と呼ばれた仲間の2人が離婚をしていたのです。

その2人とは、西郷輝彦(さいごうてるひこ)さんと橋幸夫(はしゆきお)さん。

2人とも離婚経験があったので、その時に「舟木一夫さんらと御三家として活躍していた橋幸夫さんが離婚」などと騒がれたのでしょう。

西郷輝彦さんは1981年に、橋幸夫さんは2017年にそれぞれ離婚しています。

舟木一夫の離婚問題は実父に関するものだった

芸能仲間の離婚問題よりもインパクトが大きかったのは、舟木一夫さんの実父に関する女性問題。

父親は女性から、とても人気があったようです。

そして、少々女癖も悪かったのかもしれません。


「今日からこの人をお母さんと呼べ」と言われて、そう呼んだ女性は合計9名。

8回も母親が変わる経験なんて、体験した人はほとんどいないのではないでしょうか。

幼少期から、舟木一夫さんは気苦労が絶えなかったことでしょう。

そのような経験からも、自分の妻や息子を大事に生きてきたのかもしれませんね。

関連記事
舟木一夫、若い頃に3度の自殺未遂。弟が死亡した原因とは。噂される引退と出身大学について

舟木一夫、家族が複雑で母親が9人。父親が招いた実家の貧困&生い立ちについて

橋幸夫、前妻は元CAの橋凡子。離婚理由は極秘。18歳下スタッフと再婚&妻の画像は?

橋幸夫、全盛期の年収とは。資産価値10億越えのビルを失う。善福寺の自宅と熱海のマンション

橋幸夫の娘は弁護士&息子は元俳優・橋龍吾で学歴は?孫は3人

コメント