沢田雅美の現在。夫・赤松秀樹の勧めで胃がん発見。若い頃と干された経験

「渡る世間は鬼ばかり」に出演していた女優の沢田雅美(さわだまさみ)さんは、現在どのようにしているのでしょうか。

夫の赤松秀樹さんが早期胃がんの発見をアシストしてくれたそうです。

若い頃や、干された過去についても注目が集まっています。

それでは分けて見ていきましょう。

沢田雅美のプロフィール

本名:澤田雅美(さわだまさみ)

生年月日:1949年(昭和24年)7月11日

身長:153cm

出身地:神奈川県

最終学歴:鎌倉女子大学高等部中退

所属事務所:おふぃすちゃみ

沢田雅美は現在ほぼ休職状態

かなり若い頃から芸能界で活躍していた沢田雅美さん。

なんと初めてテレビに出たのは、14歳の時だったそうです。


1964年に、TBS系のドラマ「ただいま11人」でデビューしました。

石井ふく子プロデューサーが手がけるドラマに多数出演しています。

それから、山岡久乃(やまおかひさの)さんや京塚昌子(きょうづかまさこ)さんらと何度も共演。

とても可愛がってもらったそうです。

沢田雅美さんは、2022年に73歳になります。

バセドウ病や胃がんになったことから、健康に留意しながら仕事をしているとのこと。

ほとんど芸能活動はしていないようですが、引退はしていません。

石井ふく子さんのドラマによく出演していた沢田雅美さん。

石井ふく子さんは2022年には95歳になります。

高齢のため、2020年に1本ドラマを手がけた後は仕事をしていません。

そのために、沢田雅美さんも仕事がなくなったのかもしれません。

プライベートでは、神奈川の戸塚で目撃情報が多数上がっているようです。

おそらく戸塚かその近隣地域に住んでいるのでしょう。

沢田雅美の夫は赤松秀樹で早期胃がん発見をアシストしてくれた

沢田雅美さんの夫は、舞台を中心に活動している俳優の赤松秀樹さんです。

夫のおかげで沢田雅美さんは胃がんを早期発見することができました。

夫は舞台俳優の赤松秀樹

2人がどのように知り合ったのかは、公表していません。

同業なので、舞台やドラマで共演したことがあるのかもしれないですね。

5年ほど交際して1991年頃に結婚したと言われています。

籍を入れたかどうかは、わかっていません。

というのも、内縁の夫ではないかと言われているのです。

2人の間には子供はいません。

沢田雅美さんの実家は、莫大な借金を抱えていました。

それは自身の舞台を、実家が全額負担したことがあったからなのだそう。

その借金を夫も一緒に返済してくれたそうです。

感謝しても仕切れないでしょうね。

沢田雅美は胃がんで摘出手術を受けていた

沢田雅美さんが2012年に胃がんになったことは、割と有名な話です。

夫の赤松秀樹さんががん治療で評価の高い、有明病院で胃の健診をしました。

沢田雅美さんも付き添っていたので、「ついでに(お前も)受けたら?」と夫に勧められたそうです。

「じゃあ受けようかな」と従って検査を受けたところ、沢田雅美さんに胃がんが発覚。

10日間ほど入院し、胃の3分の2を切除しました。

切除するときも切開手術にするか、腹腔鏡手術にするかで悩んだそうです。

その時に夫が「ヌードになることもこの先無いのだから、切開手術にしてもらったら」とアドバイス。

沢田雅美さんはそれに従って切開手術を選択しました。

早期発見できたことは、本当にラッキーでしたよね。

後遺症はあったものの、治療も軽く済んだそうです。

このように、幸運でがんが早く見つかることもあるのですね。

沢田雅美は若い頃明るく可愛かった

沢田雅美さんは14歳で女優としてデビューしましたが、このことで高校入試に支障が出たそうです。

「芸能人だから、入学は断る」と志望校から入学を拒否されそうになったのだとか。

その時に助けてくれたのが、長年お世話になったプロデューサーの石井ふく子さんでした。

石井ふく子さんは高校に自ら赴き、沢田雅美さんが入学できるように話を付けに行ってくれたそうです。

女優としての仕事も大事ですが、学校で学ぶことも必要だと考えてくれたのでしょう。

共演者からも可愛がられて、沢田雅美さんは芸能界で成長して行ったのですね。

ドラマでは、1968年の「肝っ玉かあさん」や1979年の「女たちの忠臣蔵」が代表作品でしょうか。

CMにも出ており、くるくる変わる愛らしい表情がとても素敵でした。

沢田雅美は渡鬼で突然降板して干された


人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」では、小姑・久子(ひさこ)役を好演した沢田雅美さん。

このドラマは、1990年10月から2011年9月まで21年間も放送された大ヒットドラマとなりましたね。

セリフが非常に長いことでも知られていました。

沢田雅美さんは、1994年のある日突然降板すると宣言。

一体どんな理由があったかというと、鍵は現在の夫・赤松秀樹さんにありました。

1994年当時、沢田雅美さんと赤松秀樹さんは付き合っていたそうです。

それを石井ふく子プロデューサーが反対して、赤松秀樹さんに仕事が来ないように根回ししていたという噂が。

「別れないなら、沢田雅美を切るという話」まで本人の耳に入って来ました。

だったらこっちから断ろうということで、ドラマを降板すると言ったそうです。

しかしこれは根も葉もない嘘だったことが判明。

冷静に考えれば、プロデューサーが交際を気に入らないから邪魔をするということはあり得ないとわかるでしょう。

きっと沢田雅美さんは驚きのあまり、気が動転してしまったのかもしれませんね。

石井ふく子さんと沢田雅美さんは和解して収まったかに見えました。

しかし今度は脚本家の橋田壽賀子(はしだすがこ)さんがが沢田雅美(さわだまさみ)さんを拒否したのです。


結局、沢田雅美さんはテレビでの女優業を干されてしまいました。

その間は、舞台やテレビショッピングの司会をしていたそうです。

そして2006年になって、お許しが出たのでしょう。

12年ぶりに「渡る世間は鬼ばかり」に復帰できました。

長山藍子の夫・武正忠明&宇津井健・新克利との関係。クイズダービーは5代目!

中田喜子が結婚した夫と子供。熟年離婚の理由とは。現在は独り暮らし

鈴木光枝は若い頃から老け役。娘・佐々木愛の現在&おしんに出演

五十嵐めぐみ、鎌倉で現在はバーを経営。子ども&旦那について。脳梗塞を告白

コメント