降谷建志の現在の活動。若い頃の彼女はmiho・ジブラとの確執。木村拓哉との繋がり

日本が誇るミクスチャーバンド・Dragon Ashのボーカル&ギターを担当する降谷建志(ふるやけんじ)さん。

父親は俳優の古谷一行さん、妻は女優のMEGUMIさん。

そして息子さんは2020年に「ラストレター」で俳優デビューした降谷凪さん、と芸能一家としても有名です。

そんな降谷建志さんの現在の活動、そして日本のHipHop界を牽引するラッパー・ジブラとの因縁についてなど、お伝えします。

降谷建志のプロフィール

愛称:Kj、けんちゃん

本名:古谷建志(ふるやけんじ)

生年月日:1979年(昭和54年)2月9日

出身地:東京都

所属事務所:株式会社イノベーター

降谷建志の現在の活動について

Dragon Ashのフロントマンとしてのイメージが強い降谷建志さんですが、デビューは1995年の映画「ゲレンデがとけるほど恋したい」での俳優デビューでした。

当時は「kenji」と名乗っていました。

その後Dragon Ashとして若者を中心に絶大な人気を集め、日本屈指のミクスチャーバンドへと成長しました。


それでは2022年現在の降谷建志さんの活動を見てみましょう。

Dragon Ashの25周年アニバーサリー・イヤー

実は2022年はDragon Ashにとって25周年という記念すべき年です。

25周年を記念した特設サイトが作られ、様々な情報が発信されています。

デビュー日である2月21日に、300曲を超える楽曲がストリーミング解禁され、Apple MusicやSpotifyなどの主要音楽サブスクリーミングサービスを使って、気軽に聴けるようになりました。

同日に、55本にも及ぶ過去のミュージックビデオを繋ぎ合わせ作られた動画「25th Anniversary Video Chronicle」もYoutubeにて公開されました。

聞き覚えのある数々の名曲から、いかにDragon Ashが日本のロックシーンに貢献し、存在感を発揮してきたかが再確認されます。

3年ぶりとなるワンマン・ツアーも決定し、ライブハウス7公演、ホール18公演、の計25公演予定されています。

そして、4月20日にはTBS系金曜ドラマ「インビジブル」主題歌として書き下ろした「Tiny World」もデジタルリリースされました。

Dragon Ashとしては8年ぶりのテレビドラマ主題歌になりました。

25周年を迎えて、活動に一層勢いが増していると感じられます。

降谷建志としてのソロ活動

2015年から降谷建志名義でソロ活動を開始。

これまでにデジタルリリースを含む3曲をシングルで、そしてアルバムを2枚リリースされています。

また、俳優としても独特の存在感を示しています。

2021年には、NHK総合で放送された「風の向こうへ駆け抜けろ」や、LINE NEWS VISIONで配信された「上下関係」にも出演。

父である古谷一行さんも、妻のMEGUMIさんも役者さんなので、役者に関して敬意を持っているとインタビューで語られています。

演技に関してはMEGUMIさんによくアドバイスを求めているそうです。

共に高め合える関係というのは素晴らしいですね。

若い頃の彼女の噂

降谷建志さんが若い頃に付き合っていたと噂されているのは、歌手のmihoさんです。

mihoさんと降谷さんは小学校からの幼馴染だそうで、学生時代からの付き合いだったそう。

1995年にDragon Ashが発表した「M」という曲はmihoさんの事を歌っているとも言われています。

2000年には降谷さんが所属していたユニット・Steady&Co.のプロデュースでmihoさんは歌手デビュー。

デビューシングル「Life」はヒットしました。

ファンも公認のカップルでしたが2001年に破局。

降谷さんは2005年にMEGUMIさんと出会い、2008年に結婚されました。

ラッパー・ジブラとの確執

1999年にリリースしたDragon Ashのシングル「Grateful Days」でフィーチャリングしたジブラさん。

この曲は大ヒットを記録し、同曲中の「俺は東京生まれヒップホップ育ち 悪そうなやつは大体友達」というジブラさんのラップは、あまりにも有名です。

日本のロック史でミクスチャーロックとHipHopと融合した革命的な瞬間でしたが、後にこの名曲が実質封印状態に陥ってしまう出来事が起こります。

それは2000年にDragon Ashがリリースした「Summer Tribe」が発端になりました。

同曲における降谷さんのラップスタイルがそれまでのものから、明らかにジブラさんのスタイルに影響を受けたものに変化。


歌詞の内容もジブラさんの「真っ昼間」という曲を模倣したような内容だったようです。

言ってしまえば、スタイルをパクったわけです。

その事からジブラさんは自身のユニット・キングギドラの「公開処刑」という曲で「覚悟を決めるのはオマエだKj」と名指しで批判。

「おめえのグレートフルデイズも今日まで」と、共演を果たした曲を引き合いに出し、所謂Dis(ディス)った形になりました。

HipHopには、曲の中にDisを入れたり、それに対しアンサーソングで応酬する事が文化として根付いていて、それがシーンを盛り上げたりするのですが、降谷さんはミクスチャーとは言えロック畑のミュージシャン。

降谷さんの反応は「沈黙する」というものでした。

残念ながらそれ以降、2人の共演は実現していません。

唯一おもしろいのは、お互いの奥さん同士は仲が良いらしく、カラオケで旦那同士が共演した「Grateful Days」を一緒に歌うのだそうです。

木村拓哉との意外な繋がり

降谷さんは、2022年1月にリリースされた木村拓哉さんの2ndアルバムに「OFF THE RIP」という曲を提供されました。

あまり接点のないお2人にのように思えますが、実は意外な繋がりがあったのです。

元々降谷さんのルックスが木村さんに似ている、と言われていました。

それを逆手にとって、1999年に「SMAP X SMAP」で、木村さんが降谷建三というキャラを演じる「Dragon Smash」というコントをやっていました。

内容は、「Dragon Smashが突然現れ、「Let yourself go, let myself go」を歌い出し、フラッシュモブが始まったかと思うとトラブルを解決してしまう」というシュールなものでした。

それから20年以上の時が過ぎての楽曲提供。


「OFF THE RIP」では、特に降谷さんを意識した歌唱はしていませんでした。

もしラップパートで降谷建三が登場していたら、それはそれでおもしろかったかもしれませんね。


関連記事
降谷建志の息子は俳優・降谷凪。通う学校はどこ&ドラマデビューはいつ?個人事務所に所属

降谷建志の髪型はパーマや短髪がかっこいい。昔はアフロ&後ろ刈り上げも人気

降谷建志の父は古谷一行。母がハーフはデマ&英語は留学のおかげ

降谷建志、嫁・MEGUMIを裏切り浮気の過去。馴れ初めと結婚式について

降谷建志の私服ファッションがおしゃれ。メガネ姿&キャップやネックレスも話題

古谷一行の現在。妻との結婚生活。温泉不倫の真相、川島なお美との関係とは

WEAVER・杉本雄治の結婚&彼女は?指輪をしない理由。兄と身長への思い、三浦春馬との絆

コメント