橋幸夫の若い頃はやんちゃだった。実家は洋服店を経営。母&兄弟について。出身は東京荒川区

言わずと知れた昭和のスターの橋幸夫(はしゆきお)さん。

西郷輝彦さん、舟木一夫さんと共に御三家の1人として、若い頃はアイドル的な立場で絶大な人気を誇っていました。

独特な声でファンを魅了するも、観客を満足させる声を出す事ができなくなったという事で、芸能界を引退されてます。

そんな橋さんの若い頃や実家の母、兄弟についてご紹介します。

橋幸夫のプロフィール

生年月日:1943年5月3日

本名:ハシ ユキオ

出身:東京都荒川区

身長:167cm

血液型:A型

星座:おうし座

特技:空手、ボクシング

橋幸夫の若い頃はやんちゃでボクシングに夢中だった

橋幸夫さんの若い頃は、常に歌謡曲に触れる事ができる環境にありましたが、足を踏み外しグレた時期があったそうです。

しかし、歌の先生に付きレッスンを受け、デビューまで辿り着けたとのこと。


実家が自営業をされていた関係から、店内には常に歌謡曲が流されていました。

「青い山脈」「愛染かつら」「君の名は」等々の曲です。

歌謡曲で歌いやすい為か、家族の誰かが口ずさみながら仕事していたのを、橋さんもつられながら口ずさんでいるうちに覚えてしまったようです。

その為か小学生の頃、遠足のバスでマイクを手渡されたときに繊井茂子さんの「黒百合の歌」を歌い、その歌の上手さにクラスの皆がびっくりしたそうです。

昔の歌を知っていた事で、クラスの友人や先生に「幸夫、なんでその歌を知っているんだ」と質問攻めにもあったそうで、周りも気になって仕方なかったのでしょう。

橋さんが中学生になると、空手を学ぶようになり不良の連中と付き合うようになります。

それを心配したお母さんが、兄が住んでいる中野にある呉服屋にを引っ越しさせてしまいました。

隣の床屋の大将が西荻窪にある遠藤実歌謡教室に通っていたそうで、お母さんが無理矢理に頼み込んで教室に紹介してくれないかと言ったそうです。

遠藤実先生は橋さんの歌声を聴き、その歌のうまさに驚いたそうです。

お母さんは橋さんが学校から帰ってくると、お兄さんにバイクで歌の教習に連れて行くように用意しておいてもらい、待ち構えていたそうです。

中2の時、おふくろに「悪い仲間とつきあえないように」って、無理やり遠藤実先生の歌謡教室に連れていかれたのが歌との出会いですから。

橋さんは歌謡教室に嫌々ながら通ったそうですが、お母さんとお兄さんの努力が報われた形となりました。


橋幸夫さんには歌が上手になる環境がお膳立てされ、師匠である遠藤実さんのレッスンによって飛躍的に歌のスキルが向上したのです。

その後の活躍は、誰もが知るところです。

しかし活躍してる最中も、お姉さんがマネージャー代わりをしていたらしく、自由には遊べなかったそうです。

付き人として、僕に同行していたのが、実の姉でして……。バンドのメンバーが「一緒に遊びに行こうよ」と誘ってきても、「絶対行っちゃいけません」と僕を止める。

実家は洋服店

橋幸夫さんの父親は、東京都の荒川区で染め物店を開業し、自身も染め物職人として働いていました。

しかし空襲によって染物店が焼けてしまい、豊島区池袋の方へ引っ越しました。

次は洋服店に挑戦しています。

そこでは妻、長男、長女も店員として働いていました。

橋幸夫さんの母親が歌謡曲を好きと言うこともあり、店なのでいつも店内に音楽が流れていたそうです。

なので、橋幸夫さんには音楽に親しみがでるのは自然な流れですね。

母や兄弟について

橋幸夫さんのお母さんはもともと歌謡曲が好きで、歌手志望だったそうです。

兄弟は、子供の多い時代とはいえ6男3女の9人兄弟。

その末っ子として誕生をしました。

長男とは24歳も年齢差があるそうです。

24歳も差があると、橋幸夫さんがまだ学校に行っているときにはもうすでに長男、長女はもう働いていることになります。

家族や兄弟に関しての詳しい情報は、出回っていませんでした。

ただ、長男が青年商工会議所の役員になるほど仕事で成功をしたそうです。

大家族が珍しくはない時代とは言え、9人兄弟を育てたご両親や家族の絆は、とても素晴らしいですね。

出身は東京都荒川区

出身は東京都荒川区ですが、その当時染物職人として働いていた父の染物店が、戦争による被害で焼けてしまいました。

その後、家族全員で東京都豊島区に移り住んでいます。

その為、幼少期のほとんどは豊島区で過ごすことになりました。

10代から芸能界で生きていたため、洗練された雰囲気が漂い、紳士的な振る舞いが見受けられます。

観客に美声を聞かせられないと潔く引退する、美しい去り際に通じるものがあります。


橋幸夫、前妻は元CAの橋凡子。離婚理由は極秘。18歳下スタッフと再婚&妻の画像は?

橋幸夫、全盛期の年収とは。資産価値10億越えのビルを失う。善福寺の自宅と熱海のマンション

橋幸夫の娘は弁護士&息子は元俳優・橋龍吾で学歴は?孫は3人

コメント