鈴木紗理奈は若い頃ヤンキーでレディースにはいっていた?タトゥーを入れている

長年バラエティタレントとして活躍している鈴木紗理奈(すずきさりな)さん。

2022年には主人公の母親役で高評価を得るなど、女優としても活躍しています。

今回は鈴木さんの若い頃のヤンキーのエピソードや、レディースの噂、タトゥーについてお伝えしていきます。

鈴木紗理奈のプロフィール

本名:宗廣 華奈子(むねひろかなこ)

別名義:MUNEHIRO

生年月日:1977年7月13日

身長:163cm

デビュー:1994年

職業:バラエティタレント、女優、歌手

所属事務所:アーティストハウス・ピラミッド

鈴木紗理奈は若い頃はヤンキーだった

鈴木さんは若い頃自他共に認めるヤンキーだったようです。

いくつかヤンキーエピソードをご紹介します。

元彼に車のトランクに詰められ山に捨てられる

2017年12月にバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」企画で学力テストをした際、山に捨てられたことがあると怖すぎる実体験を告白しました。


元彼を怒らせたことがきっかけでトランクに詰められ、無理やり山に連れて行かれて一人捨てられたそう。

テレビでは笑顔で話していましたが、今聞いても怖いエピソードですよね。

無事に帰ってくれて良かったです。

高校生のころは毎日ナンパされてご飯を奢ってもらっていた

高校生のころから大阪では評判の美少女で、帰宅の最中にはナンパ目的の車が列になって待機していたそう。

毎晩ナンパしてきた男性とご飯にいき、奢ってもらっていたそうです。

食費が浮いて助かったと語っていましたが、家にご飯はなかったのでしょうか。

また、大阪にある戎橋、通称“ひっかけ橋でも常にナンパをされるため、30分くらいかけて橋を渡っていたんだとか。

お父さんはなかなか帰ってこない娘に業を煮やして、部屋からでないように扉に釘を刺したらしいです。

鈴木紗理奈は元レディース?

鈴木さんが元レディースだったという情報はありませんでした。

それではどうして元レディースと噂されているのでしょうか。

実は高校生時代に暴走族の総長と付き合っていたことがあり、彼氏の集会によく顔を出していたそう。

そのため、集会に居合わせた人たちの間で暴走族に入っているのではないかという噂が流れたのかもしれません。


本当に元レディースだったとしても、正直なところ全然意外じゃないですよね。

鈴木紗理奈、元レディース総長役を演じる

2022年4月にフジテレビ系連続ドラマ「ナンバMG5」に主人公の母親役として出演した鈴木さん。

役どころが「職業はパチプロで元レディースの総長」だったため、放送開始前からネットでは「ハマり役すぎる」「ぴったりな役じゃん」と話題になっていました。

実は2017年7月に第6回マドリード国際映画祭で「最優秀外国映画主演女優賞」を受賞するほど、演技が上手いんですよね。

今回のドラマが開始される前からやる気満々のコメントをしており、作中では熱烈な演技で視聴者を沸かせ、業界内でも評価が上々だったようです。

「ヤンキー物とホームドラマをブレンドした連ドラ。視聴率は5%前後だが、元レディース総長という過去を持つ鈴木は父親役・宇梶剛士との“元ヤン夫婦”がハマっている」(放送記者)

以前からドラマの脇役を演じているので、今後は本格的に女優の道に歩む可能性もありますね。

鈴木紗理奈はタトゥーをいれている?

鈴木さんは腰に小さめのタトゥーを入れています。

見えるところに入れるとテレビに出たときに隠さないといけないため、あまり目立たない場所に掘ったのかもしれません。

ストーリーズには腰のタトゥーがちらりと見える後ろ姿をアップした。

過去には自身のブログで手首にタトゥーを入れた様子を投稿しています。

しかしテレビ出演時には入っていません。

実はこれは数日〜3週間程度で消えるいわゆるタトゥーシールです。

気兼ねなく利用できることもあり、若い女性の間で割と一般的なんですよね。


鈴木さんはレゲエアーティスト「MUNEHIRO」名義で音楽活動をしているので、衣装の一部としてよく利用していたと思われます。

腕にはCHANELのTATOOシールめためた可愛い

本物は一度入れると服を着ない限り隠せませんし、除去するにはかなりの費用と痛みが伴うといいますからね。

鈴木さんが本物を彫っているのは腰のワンポイントのみのようです。

関連記事
鈴木紗理奈、整形は否定。すっぴん姿が綺麗と話題。若い頃と目元が変わったのはメイクの違い

鈴木紗理奈、息子の留学なぜ?学校は全寮制&ユニクロモデルの活躍

鈴木紗理奈、息子の留学なぜ?学校は全寮制&ユニクロモデルの活躍

コメント