鈴木亮平の子供は娘が1人。小学校は立教女学院&バレエ教室の噂について。名前は非公開

大河ドラマ『西郷どん』で主演を務め、名優の道を歩む鈴木亮平(すずきりょうへい)さん。

既婚者ということも驚きという声が多いとのことですが、実は、娘さんもおられるのです。

一説には、立教女学院に入学したとのことですが、その真偽や根拠はどのようなものなのでしょう。

また、バレエを習っているとの話も、お父さんの運動神経を受け継いでいそうな予感をさせますね。

名前は非公表とのことですが、何かヒントなどはありますでしょうか。

鈴木亮平のプロフィール

愛称:ぺいちゃん(ムロツヨシより)

本名:鈴木亮平

生年月日:1983年3月29日

身長:186cm

出身地:兵庫県

最終学歴:東京外国語大学

所属事務所:ホリプロ

鈴木亮平の子供は2022年現在娘が1人!

鈴木亮平さんのもとへは、2011年11月7日に第一子となる娘さんが誕生しています。

実は、予定日よりもはやい出産となり、2440gと平均よりは小さな体で生まれたという娘さんですが、その鳴き声は大きかったそうで、元気があって鈴木亮平さんも一安心だったことでしょう。

ただ、週刊誌報道などでは、送り迎えをするなど子煩悩な一面は垣間見える一方、鈴木亮平さんからは、娘さんに関するお話はなかなかアナウンスされません。


やはり、芸能人のご家族ということで、危険な目に遭わせないためにも、娘さんトークは最低限にしているのかもしれませんね。

娘として話題になったのは白鳥玉季!

あるいは、多数の話題作で父親役を演じている鈴木亮平さん。

とくに、その娘役として話題を呼んだのは、2020年のTBS系『テセウスの船』における白鳥玉季さんではないでしょうか。

役柄としてではありますが、鈴木亮平さんへもキッパリとモノが言える芯の強い女の子・鈴を演じておられましたね。

ハイライトとしては、鈴木亮平さんを犯人とするモノが、実は『ワープロ打ち』された文字であるとわかった時でしょうか。

それを誰が打っても同じであり、鈴木亮平さんを疑った過去を悔いて反省し、今度は『信じたい』と力強く答えていましたね。

そして、役柄だけではなく、撮影現場でも、NGを出した弟役の子役を励ますなど、頼れる存在だったもようです。

白鳥玉季さんは2010年1月20日生まれと、実際の鈴木亮平さんの娘さんよりは、少しお姉さんのようですが、鈴木亮平さんも現場では、実の娘のようにコミニュケーションしていたのではないでしょうか。

鈴木亮平の子供の小学校は立教女学院説!

鈴木亮平さんの娘さんは、立教女学院小学校へ進学したという説があるようです。

しかし、その確固たる証拠はなく、パパとしてのトークもメディアで滅多に披露しない鈴木亮平さんですから、小学校名など絶対に公表はしないでしょう。

あくまで目撃談として、久我山付近で見かけたとの旨があって、そこから推察したところ、立教女学院小学校に通っているのではないかとなったようですね。

顔もわからないうえに、娘さんともなると、余計に判別は難しくなると思われますから、そもそも、あまり信じられる情報ではないのかもしれません。

とはいえ、立教女学院小学校に通われているとなれば、かなりお母さんも頑張られたのではないでしょうか。


同校に娘さんを合格させたお母さんの取材記事によれば、やはり、お子さんの『お教室』通いは必須ともいえるようです。

つまりは、お受験は、小学校以前に、幼稚舎の時点で勝負は決するわけですね。

立教女学院短期大学附属幼稚園天使園から立教女学院小学校へ進学、そして、やがて立教大学へというのが、この時点で思い描けるのだそうです。

ただ、例えば、芸能人にも扇愛奈さんのように、中学校まで同校に通うも、校則の厳しさから、音楽活動を存分にできなかったため、高校は青山学院高等部へという人もいます。

時代も変わりつつあるなかで、2022年現在どこまで許されるのかはわかりませんが、彼女の話では、将来的な芸能活動には制限がかかるのかもしれませんね。

そうはいっても、前出のお母さんによると、キリスト教教育もしっかりとされたうえで、自由かつ穏やかな雰囲気とのことです。

娘さんの第一歩としては、非常に心強い環境と言えるでしょう。

鈴木亮平さんの娘さんが通われているのかはわかりませんが、もしそうであれば、充実した小学校生活が想像されますね。

鈴木亮平の娘はバレエを習っている説!名前も非公表!

鈴木亮平さんの娘さんは、バレエを習っているのではないかと予測する人が一定数いるようです。

しかし、こちらは調べたもののそれらしき情報は出てきませんでした。

当然、実際にやっている可能性は否定できないものの、他方、このウワサが出た背景は、おそらく、2つほど考えられます。

1つ目は、人違い説ですね。

2021年4月19日の『鈴木亮平』さんのブログには、たしかにバレエを踊る女の子の写真が掲載されていました。

ところが、こちらの鈴木亮平さんは、俳優の鈴木亮平さんではなく、ライフスタジオ大宮店の店長でカメラマンの鈴木亮平さんだったのです。

これは、全国2位という統計もある『鈴木』姓恐るべしという結果ですね。

是非とも、俳優・鈴木亮平さんも、娘さんの卒業式などの折には、お店まで足を伸ばして家族写真をカメラマン・鈴木亮平さんに撮って頂きたいものです。

2つ目は、鈴木亮平さんがバレエが物語の重要な部分を占める『リトルダンサー』という作品のファンだからです。

2017年7月23日のブログでは、これを基にしたミュージカル『ビリーエリオット』を観に行ったことが綴られていました。

すると、映画以上に感動したそうで、『ビリー』を演じる男の子の2年に及ぶ稽古量に思いを馳せ、5人いるという『ビリー』役、また、違う子のときも観に行きたいと、最来場を誓っていましたね。


このバレエを踊る子どもへの胸熱感からすると、自分の娘であれば、もはや涙止まらないかもしれません。

娘さんがやりたいと言えば、背中を押すのではないでしょうか。

はたまた、過酷だから辞めなさいというパターンも愛ですね。

また、名前に関しては非公表とのことで、こちらは防犯の意味での愛でしょうか。

関連記事
鈴木亮平は5人家族。兄は研究者、父の職業は建築家のインテリ一家

鈴木亮平の住まいは浜田山。自宅は豪邸?年収は1億円超え、愛車が銀座で目撃された

鈴木亮平の妻が9歳年上&離婚の噂なぜ。過去の熱愛彼女、結婚指輪は見せず

吉川愛の子役時代がかわいい。岡田将生や鈴木亮平と共演&高い演技力が人気