石坂浩二の若い頃は慶応ボーイ!あだ名はへいちゃん、かつらは本当?特徴的な福耳&年収は?

俳優の石坂浩二(いしざかこうじ)さんの若い頃は、どのような青年だったのでしょうか。

また、一部で「へいちゃん」と呼ばれているようですが理由が気になります。

「かつらを着用しているのでは」と言われたり、「福耳の持ち主だ」と感嘆されたりしているようです。

さらに長年芸能界の第一線で活躍し続けているので、年収もどれくらいあるのでしょう。

さっそく見ていきましょう。

石坂浩二のプロフィール

本名:武藤兵吉(むとうへいきち)

生年月日:1941年(昭和16年)6月20日

身長:177cm

出身地:東京都中央区

最終学歴:慶應義塾大学法学部法律学科卒業

所属事務所:プロダクション尾木

石坂浩二の若い頃やへいちゃんと呼ばれていた理由

ここでは芸能界で半世紀以上も活躍し続けている、石坂浩二さんの若い頃を振り返ってみましょう。

また、親しい仲間から「へいちゃん」と呼ばれているのは何故なのかも追いかけていきます。

石坂浩二の若い頃

知的で品が良さそうな雰囲気を併せ持つ、石坂浩二さん。

父親は、関東明治屋商事の取締役だったそうです。


現在は社名を「明治屋」に変更していますが、食品やアルコール類を輸入して小売店舗をいくつも持つ大きな会社。

石坂さんは「おぼっちゃま」で、銀座生まれの田園調布育ちだったのです。

中学から慶應普通部に通っていましたから、金持ちというだけでなく頭も良かったのですね。

慶應高校在学中から、アルバイトでラジオの台本を書く仕事をしていた石坂さん。

ナレーションやエキストラもしていたそうですが、アルバイトの質も全然違ったのですね。

学生時代から、芸能界に強い関心を示していたことがうかがえます。

その後浅利慶太(あさりけいた)さんにスカウトされて、劇団四季に入団。

石坂さんが劇団四季の出身だとは、意外でした。

また、名プロデューサーの石井ふく子さんと出会って、テレビにも出るように。


演出の仕事をこなしながら、テレビや映画に俳優として出演するようになったそうです。

売れっ子になったのは良かったのですが、1967年頃に忙しすぎて胃潰瘍を患ってしまいました。

それから劇団四季を退団して、テレビや映画で俳優として活躍。

1976年には、金田一耕助(きんだいちこうすけ)シリーズ「犬神家の一族」で主役に。

石坂さんの雰囲気と役がどハマりし、人気を博しました。

若い頃の画像を見ると、爽やかな好青年という言葉がピッタリでした。

そして、とても優しそうに見えますね。

石坂浩二がへいちゃんと呼ばれていたのは本名が由来

石坂浩二さんは、司会などで大活躍した大橋巨泉(おおはしきょせん)さんとはプライベートでも仲良しでした。

へいちゃんと呼ばれていたのですが、これは本名からとったニックネーム。

石坂浩二が本名だと思っている人は多いかもしれませんが、違います。

実は武藤兵吉(むとうへいきち)さんという名前です。


芸名を付けたのは、親友の女優・大空眞弓(おおぞらまゆみ)さんでした。

大空さんは石坂洋次郎(いしざかようじろう)という作家が大好きだったそうです。

それで、苗字は「石坂」に決定。

「浩二」という名前は名優の鶴田浩二(つるたこうじ)さんから取りました。

事務所や自身が考案したのではなく、親友が付けてくれた芸名だったのですね。

ですから、親しい仲間からは本名の「兵吉」さんから取った「へいちゃん」で呼ばれているというわけです。

石坂浩二にかつらの噂があるが地毛の可能性が高い

男性は年を重ねていくと、髪の毛が薄くなることに悩むケースが多いですよね。

避けられない運命なのかもしれません。

そこで、かつらや植毛を希望する人は多いです。

実は、石坂浩二さんのヘアスタイルを見て「かつらなのでは」と想像してしまう人が多いのだとか。

若い頃の写真を見ると、毛がフサフサで、びっしり詰まった感じがあります。

それから年代を追って見ていっても、毛が薄くなったと感じる画像はありません。

少しずつおでこが広がっていったように感じる写真があれば、「ひょっとして部分かつらでもつけているのでは」と推測できます。


しかし、そのようなことが一切無いのです。

少しずつ白髪になっていますし、役柄に合わせて割と頻繁に染めたりしています。

もしかつらであれば、「一体何種類持っているんだ」ということになりますね。

石坂さんは、このかつら問題に関して何も話していません。

推測の域を超えませんが、おそらく「かつらではなく地毛」なのでしょう。

石坂浩二は福耳の持ち主

石坂浩二さんの顔をよく見ると、耳が非常に大きいことに気づきます。

眉毛から上唇までの長さがあるのです。

耳たぶも大きく、石坂さんは「福耳の持ち主」だと言われているのだとか。

福耳を持つ人は、お金持ちで偉人だと言われているそうです。


確かに石坂浩二さんは、裕福な家庭に生まれ育っていますよね。

芸能界でも大活躍していますし、絵も上手。

さらに慶應大学を卒業した知的タレントで、脚本も学生時代から手がけています。

石坂さんはマルチな才能の持ち主でお金持ちですから、福耳を持つ人のイメージそのものであることがわかりました。

石坂浩二の推定年収

2005年までは、高額納税者公示制度というものが存在しました。

売れている芸能人も時期が来ると、マスコミがこぞって「番付」として納税額を発表。

その納税額から、推定年収が分かっていたのです。

石坂浩二さんも高額納税者で、1980年には9166万円の年収があったそうですよ。

この年収が1年限りではなく、長い期間で続いているわけです。


石坂さんはずっと芸能界の第一線で活躍し続けていますからね。

2022年現在は81歳と高齢になっているので、若い頃より仕事を減らしています。

それでも、大体2000万円くらいの年収はあるのではないでしょうか。

これだけ稼いでいて、実家も裕福なので「お金のために働き続けている」ということは決してなさそうですね。

関連記事
石坂浩二、現在も演技やナレーションで活躍!病気は大腸がん、ケガで車椅子生活も無事に回復

石坂浩二が再婚した妻・加藤真理は元妻公認!元妻との離婚理由に介護&娘はいない

石坂浩二の自宅&祖父と家族。意外な性格?なぜ若い?絵画の腕前がすごい

浅丘ルリ子の結婚歴。元旦那の石坂浩二について。子供&今まとめ

浅丘ルリ子と小林旭は熱愛関係だった?石原裕次郎がお兄さん?相撲観戦が趣味

水前寺清子の若い頃。チーターの由来と変わらぬ髪型。和田アキ子を泣かせた男勝りな性格

コメント