渋川清彦の若い頃が個性的。憧れのタトゥー&こだわりのファッション。かっこいいモデル時代!

シブい演技で、映画やドラマの脇を固めている俳優の渋川清彦(しぶかわ きよひこ)さん。

彼は若い頃から個性的であり、独特の存在感を放っていました。

タトゥーをしていたという噂もあり、ファッションにも独自のこだわりを感じますよね。

今回は、そんな渋川さんの若い頃やファッションスタイル、かっこいいモデル時代について調査してみました。

渋川清彦のプロフィール

本名:田中 清彦(たなか きよひこ)

生年月日:1974年(昭和49年)7月2日

身長:175cm

出身地:群馬県渋川市

最終学歴:群馬県立渋川高等学校

所属事務所:ディケイド

渋川清彦は若い頃から個性的だった!

渋川さんといえば、あまり主演を務めるタイプではありませんが、数々の映画でしっかりと脇役を務めています。

2021年に公開されたオムニバス映画「偶然と想像」では大学教授の役を演じ、とても印象深い演技を披露してくれました。

この映画は、国際的にも高く評価され、第71回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞しています。

第71回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞した濱口竜介監督の短編映画集『偶然と想像』。

オムニバス形式の映画は、脚本や構成もさることながら、出演する俳優・女優の演技もかなり重要になってきます。

こういった作品にキャスティングされ結果を残した彼は、俳優として一段階上に登ったと言っても良いのではないでしょうか。


そして、2022年にはテレビドラマ「ザ・タクシー飯店」(テレビ東京)にて主演の座を獲得。

まさに渋川さんのために用意されたようなドラマであり、とても見ていて楽しかったです。

主人公・八巻孝太郎を演じるのは、ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)での「どっち?」が口癖の”二択刑事”役も記憶に新しい個性派バイプレイヤー、渋川清彦さん。

町中華好きにはたまらない作品となっており、早くも続編も待望されているほどです。

そんな、2022年現在において個性派俳優と呼べる彼ですが、若い頃から色々と個性的だったようです。

若い頃バンドマンだった!

渋川さんは、音楽活動にも熱心に取り組んでいることで知られています。

主にドラムを担当しているようですが、脇を支える重要な役割を担うところは俳優業と同じなんですね。


彼の音楽歴を遡って調べてみると、実は若い頃にバンドマンとして活動していたようです。

もともとバンドをやっていて、なんとなくプロを目指して上京したんですよ。

バンドを始めるきっかけになったのは、日本における伝説的なロックバンド「BOØWY」だったそうです。

確かに、あの時代でロックをかじっている人なら、影響を受けずにはいられなかったでしょうね。

プロデビューを目指し上京したとのことで、その熱意は相当なものだったのでしょう。

しかし、どういった経緯か、最終的には俳優をやることに。

個性的な人生を歩んでいますよね。

若い頃に見せたルパンコスプレのクオリティが凄い!

渋川さんは、若い頃漫画雑誌「週刊少年サンデー」の表紙を飾ったことがあります。

アイドルが務めるイメージがありますが、いったいどのようなものだったのでしょうか。

その姿がこちら。

かなり雰囲気が出てますね。

多少のイロモノ感は拭えませんが、それが個性的でまた良いんです。

渋川清彦はマット・ディロンに憧れタトゥーを入れた!ファッションへのこだわりが凄い!

渋川さんは、かつてハリウッド俳優であるマット・ディロンさんに憧れタトゥーを入れていたそうです。

だって19歳で Matt Dillon (マット・ディロン) が出ていた映画『カンザス』(1990) で映画の世界に憧れて刺青を入れてから、性格もやってることも変わってないもの。

両肩に黒豹のタトゥーを入れていたようで、かなりイカツイですよね。

しかし、2022年現在は消している可能性があります。


というのも、2018年に公開された映画「榎田貿易堂」の作中で裸になるシーンがあったのですが、その時は両肩にタトゥーを確認できませんでした。

俳優業を続けていく上で邪魔になったのかもしれませんね。

ファッションへのこだわり!

渋川さんが、ファッションモデルも務めていることをご存知でしょうか。

ファッションモデルでもある彼は、服の着こなしにもオリジナリティがあります。

彼は服を自分で購入することはあまりないようですが、こだわりはかなり強いようです。

気に入ったアイテムは長く使い続けるようで、20年近くコンバースしか履いていないという徹底っぷり。


特にヴィンテージシャツが勝負服のようで、50年代や60年代の古着を好んで着ているとのこと。

渋川さんは、長く気に入った服を着ることによって、服の方を自分に合わさせているんですね。

渋川清彦のかっこいいモデル時代!

渋川さんは若い頃に「KEE」という芸名で、ファッションモデルを務めていました。

「MEN’S NON-NO」など、様々なファッション雑誌で活躍し、その姿にはとても強い存在感がありました。

シャープな顔立ちに、独特の雰囲気をまとい、男らしい。

どちらかというと中性的な男性が好まれる傾向があった時代の中、彼のようなモデルは貴重だったのでしょう。

まさに、渋みのあるいい男といった感じで、とてもかこいいですよね。

名バイプレイヤーとして、多くの映画やドラマに出演している渋川さん。

若い頃はバンドマンでプロデビューを目指していたなど、人生経験も豊かです。

タトゥーをしたりファッションへのこだわりなど、彼らしいエピソードもありましたよね。

かっこいいモデル時代も振り返りましたが、実は現役ファッションモデルであることも忘れないでください。

ヴィンテージ品のように熟成していく渋川さんですから、今後の活躍からはますます目が離せません。


関連記事
渋川清彦、嫁・千夏との間に息子あり。結婚時のエピソード。年収を考察&住まいは都内?

渋川清彦に弟の噂。ハーフではない。実家は果物農家?村上淳と似てる

豊川悦司の性格。スタイル抜群でかっこいい。関学出身&バリバリの関西弁

岡山天音の筋肉がすごい!おしゃれな私服ファッション、メガネやピアスもお似合い

小澤征悦がモテる理由。杏が元カノの噂、高年収で愛車と自宅がすごい?

深水元基は彼女じゃなくて結婚して嫁&?クローズ&真田丸で話題!あいのり出演?

三浦貴大、優香とドラマで大胆キス!?本命彼女は誰なの!?