豊川悦司の性格。スタイル抜群でかっこいい。関学出身&バリバリの関西弁

シリアスな役からコミカルな役まで、どんな役でもこなせる演技俳優として知られる豊川悦司(とよかわえつし)さん。

普段バラエティ番組に出演することはめったになく、あまりプライベートを語らないため性格や私生活は謎に包まれています。

スタイル抜群でかっこいいと評判の豊川さんですが、じつは「気さくな性格」という一面もあるようです。

豊川さんの関学との関係や流暢だと評判の関西弁について注目していきます。

豊川悦司のプロフィール


愛称:トヨエツ

本名:豊川悦司

生年月日:1962年3月18日

身長:186cm

血液型:O型

出身地:大阪府八尾市

最終学歴:関西学院大学文学部中退

所属事務所:アルファエージェンシー

豊川悦司はどんな性格

公私混同を嫌い、プライベートをほとんど語らず、記者嫌いとして有名な豊川悦司さん。

バラエティー番組やインタビューで見かける事が少ない豊川さんはどのような性格なのでしょう。

20代後半で深夜ドラマ【NIGHT HEAD】で注目され始めた豊川さん。

SF特撮ドラマであるこの作品は武田真治さんとの共演で、当時若い世代に口コミで「面白い」と話題になりました。

その後1995年放送の大ヒットドラマ【愛していると言ってくれ】で聴覚障害のある画家の役を演じ、その演技力が世間に認知される事となりました。

豊川さんは作品選びの際は「お金」は二の次で、自分が納得できる作品か、演じたい役なのかを重要視して選んでいるそうです。

聴覚障害の役を演じるにあたり、プロの手話ニュースキャスターへ数か月前から指導してもらっていたそう。

また、実生活で耳栓をつけ音のない世界がどのようなものなのか、自分の体にしみ込ませていたようです。

ストイックな性格で仕事での妥協が嫌いな豊川さんは、誤解されやすい性格なのでしょう。

はっきりした物言いで自分の意見をスタッフや共演者に話すため、『気難しい』という印象を与える事もあったそうです。

一方で、豊川さんは気さくな性格な一面も持ち合わせています。

現在湘南エリアに住んでいる豊川さんは、近所の方に気軽に挨拶し町内会の仕事も引き受けているようです。

普段の豊川さんはあまり着飾るタイプではなく、ラフなファッションを好みサンダル履きでふらっとカフェに現れることもあるそう。

役者の仕事と私生活をきちんと線引きされているのでしょう。

スタイル抜群でかっこいいと話題の豊川悦司

手脚が長く、何気ない服装でも存在感抜群。

身長186センチでスタイル抜群の豊川さんは『色気のある大人の男性』として再注目されています。

2021年現在58歳の豊川悦司さんですが、若い頃からかなり女性にモテたようです。

実際に女性遍歴は華やかで、女優の森口瑤子さんや小島聖さんとも交際していました。

豊川さんは、小島さんと破局後すぐにドラマ『青い鳥』のヘアメイク担当の女性と結婚し周囲を驚かせました。

その方とは一男一女をもうけましたが2005年に離婚しています。

その後2015年に長年交際していた元エステティシャンの方と再婚されています。

女性との交際期間に切れ目がない豊川さん。


交際相手や妻がいても女性が寄ってくるのは豊川さんが魅力的でかっこいいからでしょう。

最近再放送された【愛していると言ってくれ】で豊川さんのかっこよさに若い女性も釘づけのようです。

手話で話す役のため豊川さんの長い指が際立ち「セクシーすぎる」「トヨエツスタイル良すぎ」等SNSでもコメントが相次ぎました。

豊川悦司は関学出身でバリバリの関西弁

豊川悦司さんは関西学院大学(通称関学)の文学部を2年で中退しています。

関学入学時は演劇には興味がなかったという豊川さんですが、文学部を専攻していることから元々文学的な思考の持ち主だったのでしょう。

関学時代はかなり舞台に興味があったようで、大学を2年で中退し上京後、渡辺えり子さん主宰の劇団3○○(さんじゅうまる)に入団しています。

上京後様々な舞台を鑑賞し歩いた豊川さんは、劇団3○○の【ゲゲゲのゲ】という舞台を見て感激し、渡辺さんに入団を直訴したそうです。

六年程劇団3○○で舞台役者として活躍してからは映画やTVに活躍の場を移しています。

大阪出身の豊川さんは、普段はバリバリの関西弁なんだそうです。

クールな見た目とは裏腹に気さくに関西弁で会話されているようで、大阪出身だと知らない方は驚く事も多いそう。


還暦間近な今なお、色気が失われない豊川悦司さん。

今後どんな演技を見せてくれるか楽しみです。

豊川悦司の現在。鎌倉在住、七里ヶ浜でサーフィン三昧。ハワイも大好き

豊川悦司、娘誕生で再婚。元嫁と家族&結婚歴。小島聖のその後

コメント