寺脇康文の若い頃がかっこいい。似てる有名人や最近の活動&王様のブランチ時代の活躍

俳優の寺脇康文さんは舞台やテレビで活躍している俳優さんですが、若い頃がかっこいいと話題です。

そんな寺脇さんに似てると言われている有名人や最近の活動、王様のブランチ時代のエピソードなどをご紹介します。

寺脇康文のプロフィール

本名:寺脇康文

生年月日:1962年(昭和37年)2月25日

身長:180㎝

出身地:大阪府大阪市

最終学歴:岐阜県立岐陽高等学校(現・岐阜県立本巣松陽高等学校)卒業

所属事務所:アミューズ

寺脇康文の若い頃がかっこいいと評判

寺脇康文さんといえば60歳である現在でも若々しくて笑顔が素敵な俳優さんですが、若い頃もやっぱりかっこいいと評判なのです。

若い頃のエピソードも交えてご紹介しますね。

若い頃の活躍は舞台が中心

寺脇さんが俳優活動をスタートさせたのは1984年三宅裕司さん主催の「スーパー・エキセントリック・シアター」に入団してからになります。

大学受験失敗後、ある日俳優を目指そうと思い立ち、情報誌を見ながらいろんな劇団の公演を見て回ったという若い頃の寺脇さん。


その中で出会ったのが「スーパー・エキセントリック・シアター」だったそう。

ステージ上の三宅裕司さんと小倉久寛さんのかけあいを観て大笑いし、この劇団ならばこんなに楽しい時間を観客に提供できるのだと思いオーディションを受験。

見事合格し、無事スーパー・エキセントリック・シアターに入団します。

その後しばらくはテレビよりも舞台を中心に活躍されているので、20代の頃の寺脇さんの写真や動画はあまり見かけることがありません。

そんな数少ない若かりし頃の寺脇さんの画像を見てみると、もちろんとても若いでのすが、基本的には今と大きく変わっていないなという印象です。

1987年同じ劇団の団員だった岸谷五朗さん、山田幸伸さんと3人でSET隊というユニットを結成。

劇団の公演内やラジオドラマなどでコントをしていたころのものと思われる写真です。

憧れの水谷豊と共演した刑事貴族

寺脇さんが29歳から30歳くらいの頃出演していたテレビドラマ「刑事貴族2・3」。

もちろん還暦を迎えられた今に比べれば肌質やシワなど細かい所に違いはあります。

とはいえ皆さんご存じの今の寺脇さんをそのまま若く、ちょっとかわいくした感じで、強いて言えば今ほど日焼けしていないなといったところでしょうか。


どちらかといえば、このドラマでも共演していた相棒でお馴染みの水谷豊さんの若さに目が行ってしまいます。

この時もお二人は刑事役で共演していたわけですが、寺脇さんはもともと水谷豊さんのファンだったと公言していますよね。

憧れの水谷さんとの初共演にさぞ胸が躍ったことでしょう。

刑事貴族での藤村亮役の寺脇さん。

ハンサムな顔立ちはもちろんですが、身長180㎝と長身でスタイルが良いので、刑事役のスーツ姿も様になっていてかっこいいなという印象です。

寺脇康文と似てると言われる有名人は誰

若い頃も今もかっこいいと話題の寺脇康文さん。

そんな寺脇さんと似ていると言われている有名人を4名ご紹介します。

似てる有名人”東MAX”

東MAXこと東貴博さん、顔全体の雰囲気が似ていますね。

「似てると言われる」というのも納得です。

似てる有名人”浅岡雄也”

寺脇さんとFIELD OF VIEWのボーカル浅岡雄也さんが似てると言われているようです。


両者の写真を並べて見比べてみると、なるほど涙袋が特徴の優し気な目元が似ているでしょうか。

似てる有名人”テツandトモ”のテツ

お笑いコンビテツandトモの赤いジャージの人こと、中本哲也さん。

この写真で見ると、髪型とおでこの四角い生え際のあたりがそっくりですね。

寺脇さんが面白いことをするとき、こんな顔をしているかもしれません。

似てる有名人”Fluke Pusit”

Flukeさんは2020年にタイで放送された『The Shipper』というドラマでウェイという役を演じたことで知られるタイ人の俳優さんです。

現在の寺脇さんと比べると、似ているかどうか何とも言えませんが、下の若い頃の寺脇さんの写真と見比べると確かによく似ています。

Flukeさんが歳を取るにつれてどんどん現在の寺脇さんに似てくるのか、今後が楽しみです。

寺脇康文の最近の活動といえばやっぱり『相棒』復帰

最近の寺脇さんといえば、やはり『相棒 season21』ですよね。

水谷豊さん演じる杉下右京と寺脇さん演じる亀山薫の出会いは、相棒がシリーズ化される前の2002年のプレシーズンにまでさかのぼります。

亀山はその後2002年にシリーズ化されてからも、足掛け9年間にわたって右京の相棒を務めました。


そんな初代相棒が2022年10月12日からスタートのシーズン21に帰ってきたのです。

寺脇さんのシリーズ復帰が公表されたとき、SNSなどを中心に番組ファンから喜びの声が上がったのも記憶に新しいですよね。

長年愛されている相棒シリーズですが、有名俳優陣が名を連ねる歴代相棒役の中でも亀山薫の人気は根強いものなのだなと痛感させられました。

そんな事情もあってか新シーズンの第1話視聴率も、平均世帯視聴率17.3%、個人視聴率9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、滑り出しも好調です。

ドラマの放送開始直前に開催された『相棒コンサート-響-2022』大阪公演では水谷豊さんとともにステージに登場。

番組より一足先にファン待望の2人のツーショットを披露しました。

実に14年ぶりとなる相棒復帰ですが、昔と変わらない亀山こと寺脇さんに水谷さんも「君、相変わらずですねぇ」と声をかけるなどして会場をわかせます。

そもそも亀山薫の復帰は水谷さんから寺脇さんへの直々のラブコールで実現したもの。

水谷さんも喜びが隠せない様子です。

その後も水谷さんは

「本当に変わらない、まさかこんなに変わっていないとは思いませんでしたよ」と笑い、撮影前のメイク中にも寺脇に笑わされすぎて、「撮影前に朝からスタミナ使い切っちゃうんですよ(笑)」

と楽しそうな現場の様子を明かし、新シーズンの撮影が順調に進んでいることを印象づけけました。

以前寺脇さんが当シリーズを降板した際、二人の不仲説などがささやかれていましたが、この様子を見る限りそんなことはなさそうです。

そろそろシリーズ完結かとの噂も聞かれる相棒、最強バディの再登場によって物語はどう展開していくのか、今後の放送から目が離せませんね。

寺脇康文は王様のブランチ初代総合司会

1996年4月TBS系で放送開始した情報バラエティ「王様のブランチ」初代総合司会を10年にわたって務めていたのが寺脇さんなのです。

はじめは少し意外なキャスティングという気もしましたが、かっこいいのにトークがおもしろく、物腰もやわらかいので、土曜の午前から午後という家族みんなで見る番組のMCにぴったり。


盟友岸谷五朗さんと組むユニット・地球ゴージャスの公演中でも生放送で当番組の司会を行い、終わり次第劇場にもどるというハードスケジュールをこなしていたというからすごいですよね。

また番組を卒業する2007年12月までの間、一度も番組を休んだことはないというのでさらに驚きです。

収録と違ってやり直しのきかない生放送の王様のブランチと、同じく一発勝負の舞台のお仕事を同時にこなすには相当の体力と気力が要求されたはずです。

寺脇さんのプロ根性を改めて感じさせられる、王様のブランチ時代のエピソードでした。

この写真の時は前髪があるヘアスタイルで、優しくて柔らかい雰囲気が強調されていますね。

前髪を上げている時よりも少し幼く見えます。


関連記事
寺脇康文の現在は相棒復活で話題。水谷豊との仲は良好。降板理由にストイックな性格の噂

寺脇康文の弟は医者。父親との思い出、実家は堺市から岐阜市の生い立ち

寺脇康文が元女優と結婚したのはいつ?娘と息子の噂&家族構成まとめ

水谷豊の自宅は豪邸で世田谷?年収は1億円以上&愛車は?現在の事務所について

川原和久が松本紀保と結婚。兄弟など家族や出身まとめ