山口百恵の引退理由は結婚。伝説的アイドルの意外な性格。21歳という年齢でマイク置く

山口百恵(やまぐちももえ)さんが1980年に芸能界を引退してから40年後の2020年、音楽サブスクサービスでようやく山口百恵さんの楽曲が解禁される事になりました。

解禁された楽曲数は600曲以上もあります。

引退からこれだけの時間が経っても山口百恵さんという存在の大きさは変わっていません。

そんな山口百恵さんの引退理由や、引退した当時の事などについて、お伝えします。

山口百恵のプロフィール

愛称:百恵ちゃん

本名:三浦百恵

生年月日:1959年(昭和34年)1月17日

身長:158cm

出生地:東京都渋谷区恵比寿

出身地:神奈川県横須賀市

最終学歴:日出女子学園高等学校

伝説のアイドル・山口百恵の引退理由

山口百恵さんが芸能界を引退した理由は、三浦友和さんとの結婚でした。

人気絶頂のアイドルが結婚を理由にきっぱり芸能界を引退するのは、後にも先にもあまり例がないのではないでしょうか。

それぐらい山口百恵さんの引退は、潔いものでした。

そのために今でも伝説のアイドルとして語り継がれています。

結婚相手はゴールデンカップルと呼ばれた三浦友和

結婚当時山口百恵さんはまだ21歳、三浦友和さんは27歳でした。

お2人が出会ったきっかけは1974年に公開された「伊豆の踊子」という映画で共演したのがきっかけでした。

その時はまだ山口百恵さんは15歳でした。

そこからお2人のコンビは「百恵友和コンビ」と呼ばれ、人気を博しました。


山口百恵さん主演の映画は13作ありますが、その内12作は三浦友和さんとの共演です。

また、テレビドラマでも「赤い疑惑」「赤い衝撃」「赤い死線」で共演しました。

誰もが認めるゴールデンカップルでしたが、まさか本当に交際しているとは思っていなかったでしょう。

ですが、大阪でのコンサートのMCで「私の好きな人は三浦友和さんです。」と交際宣言をし、世間を驚かせました。

その翌年にお2人は結婚式を挙げました。

なぜ結婚をするために引退を選んだのか

結婚を機に引退、ということになりましたが、実は三浦友和さんは仕事を辞めて欲しいとは思っていなかったそうです。

むしろ、「山口百恵という女優がいなくなるのは惜しいから続けて欲しい。」と言っていたそうですが、山口百恵さんの堅い意思で引退をすることになりました。

「私は彼のために、”いってらっしゃい”と”おかえりなさい”を言ってあげたかったのです。」と著書に記していました。

そのように思ったのは、山口百恵さんのご自身の複雑な家庭事情があったためと思われています。

山口百恵さんの父親は、別に家族を持っていました。

山口百恵さんの母親とは不倫の関係だったのです。


そのため山口百恵さんの戸籍には「認知」と書かれてあり、これが発覚したのも週刊誌が百恵さんの戸籍謄本を勝手に掲載したためでした。

百恵さんは、父親について「私には父親はいない。実際に存在したとしても私は存在を否定する。」と著書で語っていました。

こういった家庭の事情があり、自分が結婚する際には一般的な家庭を作り上げたい、という想いがあったのでしょう。

後に2人の息子さんに恵まれ、長男の三浦祐太朗さんはミュージシャン、次男の三浦貴大さんは俳優として活動しています。

山口百恵の知られざる性格は?

山口百恵さんは、結婚のために引退を貫いたり、歌っている曲のイメージから強い女性で、あまり明るい印象はないと思われます。

実際の性格はどのような感じだったのでしょうか。

ザ・ベストテンなどで共演の多かった黒柳徹子さんはテレビ番組に出演した際に、知られざる山口百恵さんの素顔を語っていました。

「百恵さんはやっぱり大人っぽい感じがしました。」と言いつつも「みんなが思っているほど暗くないんですよ、って笑って言っていました。」と振り返っていました。

また、パリのホテルでルームサービスが来たので出ようと思ったら、戸棚のドアを開けていた、など百恵さんのおっちょこちょいなエピソードも披露していました。


年上の黒柳徹子さんと談笑するなど、明るい面もあったのですね。

ですが、芸能界を引退し、長男が幼稚園へ入学した際には、入園式に殺到したマスコミが執拗に追いかけ回し長男が怯えていたので、乗っていた車から飛び降りてカメラマンに平手打ちを食らわせた、というエピソードもあります。

大切なものを守る強い女性、というのはやはりイメージ通りですね。

21歳という年齢で舞台にマイクを置いた引き際

アイドルや歌手が引退セレモニーなどで行う、マイクを置いて舞台を去るというのは山口百恵さんの伝説の引退コンサートの演出が発端です。

とても有名な山口百恵さんの引退の瞬間ですが、それは西条満さんという振付師の発案した演出でした。

その伝説の引退コンサートは1980年10月5日に日本武道館で行われました。

アンコールに応え、真っ白なドレスの衣装で登場した山口百恵さんは「私のわがままを許してくれてありがとうございます。幸せになります。」と言い、「さよならの向こう側」を涙しながら歌い上げました。

8年間の歌手人生の最後、マイクを両手に持ち、静かに舞台の上に置きました。

それから芸能界からは完全に引退し、ほとんどメディアに出ることはなくなりました。

その潔さから、今でも伝説のアイドルと言われる山口百恵さんです。

これからもその存在が忘れられることはないでしょう。


関連記事
山口百恵が旦那・三浦友和の電話で涙!新婚旅行はハワイ&引退後エピソードまとめ!

山口百恵の全盛期がかっこいい。若い頃を知らない世代になぜ人気?長く愛される歌の魅力

山口百恵の髪型&メイクまとめ。笑顔がかわいい! 似てる芸能人&おしゃれなファッション

山口百恵の現在はキルト作家。収入や資産は減っている?住まいでの介護はひと段落

山口百恵の生い立ち。父親・久保茂は医者&母親を亡くし家族優先に?兄弟に妹あり家族構成3人

三浦友和と山口百恵の現在!馴れ初めはCM。蒼い時で共演を綴る!結婚式や孫も調査!

三浦祐太朗の嫁・牧野由依は声優。結婚馴れ初めは共演。妊娠後、無事出産&妻の代表キャラ