紫吹淳、結婚願望なし?理想の夫は高収入&子どもなし。独身の理由&元彼氏はひどい人?

月組トップスター時代は最高にキザな役どころや悪役も演じて絶大な人気を誇った紫吹淳(しぶき じゅん)さん。

近年はバラエティ番組で結婚事情をいじられることが増えましたが、肝心のご本人は結婚や理想の夫についてどう考えているのでしょう。

これまで一度も結婚歴がなく、子どももいないというのは本当なのでしょうか。

独身でありつづける理由を探るとともに、「ひっどい人でした!」と斬って捨てる元彼氏についてもみていきます。

紫吹淳のプロフィール

愛称:リカ

本名:棚澤里佳(たなざわりか)

生年月日:1968年(昭和43年)11月19日

身長:170cm

出身地:群馬県邑楽郡大泉町

最終学歴:宝塚音楽学校(各種学校)

所属事務所:エヴォリュエ

紫吹淳の「もう結婚願望はなくなりました」発言の真意とは

バラエティ番組でみせる飾らない人柄や浮世離れしたお嬢様ぶりが大ウケしている紫吹淳さん。

以前に語った「50歳までに結婚したい」という夢は、残念ながら叶いませんでした。

紫吹さんは未婚のまま、2022年に54歳を迎えます。


2021年2月放送の『突然ですが占ってもいいですか?』に「ばあや」こと菅由美子(すがゆみこ)マネージャーと出演した際は、「結婚したいという気持ちはなくなりました」と心境を吐露して視聴者を驚かせました。

つづけて、番組が誇る凄腕占い師・木下レオンさんに向かって、「これまで多くの占い師さんに『あなたは結婚する』と言われたけど、今の私どうです?」「独身ですよね?」「つまり、占いは当たらないってことですよね?」と、自虐とも逆ギレともとれる発言を連発。

「理想が高すぎるからですよ」と木下さんが指摘すると、「あっ、それは認めます!」とあっさり同調する場面もありました。

相手に求める条件が高くならざるをえないのは、男役経験者にありがちな傾向なのかもしれません。

15歳で宝塚音楽学校に合格し、男役として活躍してきた紫吹さん。

自分が演じる男役は、男性はこうあるべきという理想像を体現したものでした。

そして宝塚を退団したあとも、自分の描く完璧な男性は実在すると思いこんでいたそうです。

自分のなかで確固たる理想像ができあがっているために、男性を見る目も自然と厳しくなってしまうのでしょう。

「でもわかったんです、そんな人、現実にはいないということが」と嘆く紫吹さん。

「結婚願望はなくなりました」という発言は額面通りの意味ではなく、「結婚したいのに理想の男性が現れなくて、気持ちが萎えてきました」というのが本音に近いのではないでしょうか。

紫吹淳、理想の夫について熱く語る

では、具体的にどんな条件を満たせば夫として合格ラインなのでしょう。

明石家さんまさんに「絶対に譲れない条件はありますか?」を質問されて、まず挙げたのが「私よりお金持ちであること」でした。

紫吹さんのお金持ちの定義とは、年収が1億円の人。


しかしこれは年収1億円のサラリーマンはざらにいるという勘違いから出た言葉で、現実の一般男性はそんなに高収入ではないことを知ってからは、8千万円、5千万円と金額を徐々に下げています。

過去に「お金持ちならルックスは問わない」と発言したことからも、高収入は譲れない条件であることがわかります。

それほどにお金が大切な理由については「だって、もう死のほうが近いんですよ?」と説明。

何を言いたいのかというと、自分にはもう時間がないので、たとえ若くてイケメンでも経済力のない男の子とつきあう暇はないということのよう。

高収入のほかに求める条件は高学歴、高身長でした。

相手の容貌や性格に関しては、ダンディで包容力があり、すべてにおいて自分より上で、無条件で尊敬できる人が理想なのだそう。

「私が男なら、こんな女は嫌」とあっけらかんと自分を笑いながらも、「妥協してまで結婚したくない」ときっぱり言い放つ紫吹さん。

こういった現実感のなさや強気な面も紫吹さんの面白いところですが、ここまで徹底していると、逆にすがすがしささえ感じるから不思議です。

子どもがいない紫吹淳、自分が子ども同然だった

紫吹淳さんの結婚歴や子どもの有無についても多くの関心が寄せられていますが、過去に誰かと婚姻関係にあったという情報はありません。

結婚歴は一度もなく、子どももいないと考えてよさそうです。

前述の『突然ですが占ってもいいですか?』出演時には、木下レオンさんから結婚できない理由を指摘された紫吹さん。


それは宝塚時代からマネージャーをつとめる「ばあや」こと菅由美子さんの存在が大きく関係していたのです。

紫吹さんが20歳で一人暮らしをはじめてから、長いこと身の回りの世話をしてきた菅由美子さん。

それは毎朝紫吹さんを起こすことにはじまって、送り迎え、買い物、掃除、洗濯、料理、公共料金の支払いまで、生活全般にわたるもの。

ばあやに頼りっぱなしの紫吹さんは、いまだに一人でATMの操作さえできません。

二人は30年以上のつきあいで、親が知らないことまで知っている間柄。

愛情たっぷりに尽くしてくれるばあやがそばにいるかぎり、紫吹さんは自立する覚悟ができないと木下さんは言うのです。

じつは菅由美子さんの夢は保育士さんだったそう。

今は紫吹さんという子ども役がいるために、保育士の夢が叶った状況にいるわけです。

もともと人の世話をするのが好きで、得意でもあるのでしょう。

ですが、その愛情が紫吹さんの自立の機会を失わせているということですね。

紫吹淳が独身の理由あれこれ

これまでみてきたように、理想が高すぎることや、ばあやに頼りすぎていることが紫吹さんを結婚から遠ざけている大きな理由といえそうです。

もちろん元男役トップスターという華やかな肩書に相手が気後れしてしまう場合もあるのでしょう。

身の回りの世話をマネージャーにまかせたままで、自分では何もできなくなってしまった紫吹さん。


花嫁修業ができるといわれるほど厳しい宝塚音楽学校の卒業生でありながら、なぜこうなってしまったのでしょう。

そこにはトップスターならではの美学がありました。

美学というのは、「トップたるもの生活感をにじませてはならない、夢を与えるスターでなければならない」という信念です。

何もできないというよりは、むしろ何もしてはいけないと自らに言い聞かせていたのかもしれません。

紫吹淳は結婚前提で交際した彼氏と破局

宝塚時代からずっと彼氏がいないと話していたのは37歳ぐらいの頃でした。

ところがその後、結婚前提で交際した男性がいたことが2021年1月放送の『ダウンタウンDX』で判明。

番組では、交際時期は2016年から2019年の一時期であったことも明らかに。

おめがねに敵って交際に至ったわけですから、どんな彼氏だったのかが気になりますが、紫吹さんは「ひっどい人でした!」と一蹴。

本当にひどい人だったのか、ウケ狙いのリップサービスだったのかは不明ですが、スタジオは爆笑の渦になりました。

こんな私を受け入れてくれる男性を募集中と語る紫吹淳さん。

理想にかなった奇跡的な人が早く現れるといいですね。


関連記事
紫吹淳、宝塚時代は男役のトップスターに君臨。昔と顔が変わった?本田望結と似てる

紫吹淳の現在は舞台女優。痩せた噂とスタイル抜群の評判。豪華な家&宝塚時代の極秘収入

紫吹淳、群馬の実家はお金持ちの噂。弟に不良説あるも兄弟公表せず&両親は経営者?

紫吹淳のばあやはハード?現在は退社し結婚。何者と話題のばあやはマネージャー・菅由美子

真琴つばさ、結婚せず独身の理由と現在。退団理由と性格について

真飛聖の結婚観と理想の旦那とは。現在も独身なぜ。実家は川崎市&本名は山下裕子

宝塚の結婚事情
宝塚で結婚した人一覧!男役は結婚できない噂なぜ?結婚での退団者は減少