藤井尚之の若い頃がイケメン。サックスの腕前はプロ。現在の病気はデマ。性格は穏やか

藤井尚之(ふじいなおゆき)さんは1983年にチェッカーズのサックスプレイヤーとしてデビューしました。

2枚目のシングル「涙のリクエスト」が爆発的にヒットし、一気に大スターになりました。

特にリードボーカルで兄の藤井フミヤさんとは、イケメン兄弟としてアイドル的人気を博しました。

そんな藤井尚之さんの若い頃のイケメンな姿と、サックスの腕前、現在の活動などについて、お伝えします。

藤井尚之のプロフィール

本名:藤井尚之

生年月日:1964年(昭和39年)12月27日

身長:171cm

出身地:福岡県久留米市

最終学歴:九州産業大学付属九州産業高等学校卒業

所属事務所:株式会社FFM

若い頃はめちゃくちゃイケメンでアイドル的人気だった

藤井尚之さんは、1983年にチェッカーズとしてデビューした時点ではまだ19歳でした。

まだ少年のようなあどけない表情も見せるイケメンで、兄の藤井フミヤさんと共にアイドル的な人気を獲得していました。

アイドル雑誌の「明星」や「平凡」で頻繁に表紙を飾り、女性アイドルと雑誌で対談をすれば熱愛と噂になり、移動をすれば追っかけのファンが大移動をするような社会現象を巻き起こしました。


アイドル的な扱いを受ける事や、自分たちが作った曲を思うようにリリースできない事から、藤井尚之さんは爽やかイケメンのイメージから、髪を肩まで伸ばしアーティスティックな風貌にイメージチェンジをしました。

ですが、黄色い声は「かわいい!」から「セクシー!」に変わり、一層人気に火がついてしまったのです。

デビューから約10年後の1992年に、チェッカーズは解散しました。

解散前に結婚するメンバーもいましたが、チェッカーズは解散までアイドル的な人気を維持していました。

藤井尚之さんはチェッカーズ在籍時には結婚はせず、2005年までは独身のままでした。

2022年現在57歳になりますが、今でもイケメンなルックスは変わっておらず、今風にいうと「イケオジ」になっています。

還暦を控えた今でも、女性たちの黄色い歓声は鳴り止む事を知りません。

サックスの腕前について

藤井尚之さんは、サックスの中でも「テナーサックス」を主に演奏しています。

サックスは、音の高い順に紹介すると、「ソプラノサックス」「アルトサックス」「テナーサックス」「バリトンサックス」と、主にはこの4種類に分けられます。

藤井尚之さんが主に演奏する「テナーサックス」の特徴としては、音域が低めで、色気のある音色を出すことができ、ソロを演奏する事に適しています。


藤井尚之さんがテナーサックスをはじめたきっかけは、チェッカーズでは始めはベースを弾いていましたが、大土井裕二さんがベースで加入したため、するパートがなくなったため他の楽器を探した、との事でした。

当時アマチュアの頃のチェッカーズはドゥワップなどのカバー曲を演奏していましたが、サックスを吹いている人がいなかったため、目立つしサックスがいいんじゃないかとなり、始めたそうです。

藤井尚之さんのサックスの腕前についてですが、腕前は普通にうまいプロ実力をお持ちです。

もちろん日本を代表するようなサックスプレイヤーでもっとうまい方はいらっしゃいますが、藤井尚之さんも2022年現在ではプロサックスプレイヤー歴も35年以上になります。

チェッカーズ時代のものから最近のものまでの動画を見ているとわかるように、その腕前はどんどん上達し、年齢とともに渋みも増しています。


ちなみに、俳優でサックスプレイヤーの武田真治さんは、藤井尚之さんに憧れてサックスを始めたそうです。

聞いた人にそういった影響を与えられるのも、プロとしての才能がある証拠ではないでしょうか。

現在あまりメディアで見かけないため、病気との噂も

最近はあまりテレビなどに出演する事も減ったため、病気をしたのでは?と噂になりましたが、特に大きな病気をしたという情報はありません。

活動も精力的に行っており、元チェッカーズの楽器隊だけで結成しているバンド「アブラーズ」でも定期的にライブを行い、兄の藤井フミヤさんとの兄弟ユニット「F-BLOOD」の活動も続いています。

F-BLOODに関しては、今年2022年が25周年のアニバーサリーイヤーで、それを記念した全国ツアーも行っています。

性格穏やかでおおらか

藤井尚之さんの性格は穏やかでおおらかなタイプだそうです。

確かにチェッカーズ時代も、年下ながらはしゃぐというよりは見守っている立ち位置が多く見受けられました。

そういった性格のため、アイドルさながらの黄色い声援を受けていた時も、あまり浮かれる事もなく冷静な対応をしていたのではないでしょうか。

これからも、かっこよくサックスを演奏する姿を見せてほしいですね。


関連記事
藤井尚之、結婚した嫁は一般人。娘はカリタス学園在学中?家族に藤井フミヤ&自宅の火鉢

藤井フミヤの弟・尚之の現在とこれまでの活動。良好な兄弟の仲。何人兄弟なのかを調査

藤井フミヤの歌唱力や歌うまい説を検証。広めの音域。ファンレター返事来る&ダンスもうまい

武内享、息子の病気はデマ。元妻はファン。現在はライブ活動中心。若い頃リーダーとして活躍

大土井裕二の現在の活動。結婚して息子がいる?若い頃のエピソード。兄が経営する実家の店

高杢禎彦、現在は妻の実家で手伝い。胃がんステージ2を克服し運送業。評判を悪くした暴露本

徳永善也は闘病の末、舌癌で死去。最後まで結婚せず。踏切で起きた父の事故