花總まり、自宅キッチン公開。意外な性格。現在の活動と年収を調査&美の秘訣は食生活

宝塚トップ娘役を12年以上務め、宝塚百年に一度の娘役とも言われた花總まり(はなふさまり)さん。

元タカラジェンヌの自宅や性格などのプライベートを覗いてみたくなりますよね。

また宝塚を退団した現在のお仕事や年収、そしていつまでも美しい元娘役トップスターの食生活についても探ってみましょう。

花總まりのプロフィール

愛称:はなちゃん

本名:醍醐まり子

生年月日:1973年(昭和48年)2月28日

身長:163cm

出身地:東京都

最終学歴:日本女子大学付属高等学校

所属事務所:ブルーミングエージェンシー

花總まりの自宅は

花總まりさんの自宅に関してはあまり多くの情報はありません。

ご実家が豊島区の裕福な家庭という噂がありますが、そのご実家に現在もお住まいかどうかは不明です。

彼女のインスタグラムを見ると、誕生日を愛犬に祝ってもらったという旨の投稿があったり、食卓を撮影した写真も量が一人分に見えるので恐らく現在は一人暮らしと思われます。


そんな花總さんですが公式アカウントに投稿された写真に一枚だけ、自宅のものと思われるキッチンで料理をしている様子を撮影したものが。

コンロの前に貼られたタイルや、海外の家のような備え付けの大きなオーブンが高級さを感じさせるキッチンですよね。

また同じくインスタに投稿される散歩時の写真にはいつも緑が多く映っているので、これが自宅付近だとすると自然が多く環境のいい地域にお住まいと言えそうです。

美しくてきちんとした生活をしていそうな花總さんのイメージに合う自宅や自宅付近の様子ですよね。

インタビューやSNSから見えてくる花總まりの意外な性格

花總まりさんの性格は、きちんとしている・可愛らしい・愛されキャラといった印象があります。

可憐な見た目の彼女ですが、一体どんな性格なのでしょうか。

インスタやインタビューで見えてくるきちんとさんらしい面

花總さんは雑誌や新聞などのインタビューで美容や体調管理に関して尋ねられた際に、「毎日9時半就寝」、「食事はなるべく自炊」、「朝7時起床、太陽の光を浴びる」などご自身の生活スタイルを明かしています。

また彼女自身が発信するのSNSをチェックすると、まめに自炊している様子や緑の中を散歩している様子が頻繁に投稿されているので、本当にきちんと生活を維持している方なのだなという印象。


きちんとさんで、健康・美容維持のため規則正しい生活を続けられるストイックな方なのでしょう。

美しいものを愛でる心のゆとりのある女性

彼女のSNSを見ていると花や木々などの自然を写した写真が多いことにも気づかされます。

年間に何本もの舞台をこなす忙しい生活を送りながらも、美しいものを愛でる心を維持しているのでしょうね。

優し気で大らかそうな見た目とも相まって、心のゆとりのある女性のように思われます。

人とは打ち解けやすく、可愛がられるタイプ

花總さんのSNSには舞台やテレビドラマなどで一緒に仕事をした色んな共演者との写真も多いので、人と打ち解けやすい性格なのかもしれません。

見た目は大人しそうなので意外な気もしますが、いくら共演者とは言え、話しかけたり写真をお願いするって案外勇気がいりますよね。

そんな中、他の役者さんたちとのオフショットが多い彼女は自ら人に話しかけたり、お願いごとができるという意味で積極的であり、また周りの人と打ち解けやすい性格なのでしょう。

また舞台『おかしな二人』で、宝塚の先輩でもある大地真央さんと共演した際の取材会でのこと。


なかなかコメディを演じる機会がない花總さんが、次のように話していました。

コメディは難しいというイメージがありますが、気負わずにひたすら大地さんについていこうと思っています

その様子から、先輩や目上の人に上手に甘えることの出来る、「愛されキャラ・可愛がられるタイプの女性」という印象も受けます。

またこの取材会では当舞台の潤色・演出を担当した原田涼さんが、普段の花總さんは「凄く可愛らしい人」、一方舞台では綿密に役を作り込んで役に入り込む「努力の人」と彼女を表現していました。

日常では可愛らしい愛されキャラ、でも仕事については努力を惜しまない真面目な女性というのが花總まりさんの性格と言えそうです。

宝塚引退後、花總まりの現在の活動と気になる年収は

元宝塚の花總まりさんは現在舞台を中心に役者さんとして活躍されています。

2006年宝塚歌劇団退団、2010年より芸能活動本格再開

宝塚退団後は元男役・宙組トップスターであった和央ようかさんの個人事務所を裏方として支えていた花總さんですが、2010年からは再び表舞台へ。

2010年『ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に』のエディット・ピアフ役で女優復帰します。

それからは現在に至るまで途切れることなく数多くの舞台に出演し続けており、2016年第41回菊田一夫演劇賞の演劇大賞を最年少で受賞、2021年第42回松尾芸能賞・演劇部門優秀賞など演劇の世界で高く評価されています。

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』でドラマ初出演

主に舞台を中心にお仕事している花總さんですが、2017年にはNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』でテレビドラマデビューしています。


演じたのは井伊直平の娘・佐名。

こちらがその時の写真です。

どちらかと言うと西洋風のドレスのイメージが強い花總さんですが、和装もよくお似合いですね。

この他にもこれまでに2本ドラマに出演歴があり、どちらもNHKの作品です。

ドラマ以外ではアート引越センターのCMなどにも出演しているので、舞台に馴染みがないという人でも見かけたことがある方は多いのではないでしょうか。

2022年10月から代表作『エリザベート』

2022年10月から翌年1月末まではミュージカル『エリザベート』にエリザベート役で出演。

ハプスブルク帝国最後の皇后の生涯を描いた本作は宝塚時代から花總まりさんの代表作。

花總まりが演じる“エリザベート”がどんなエリザベートであったかは、ご覧になったお客様が決めることだと思いますので、私はただ、一生懸命に演じるだけです。

宝塚時代から繰り返し演じて来た本作、現在の花總まりさんが見せるエリザベートがどういうものかを是非観てみたいですね。

2023年6月~ミュージカル『SUNNY』出演予定

花總まりさんは2023年6~7月、東京建物 Brilla HALL/7月梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで行われるミュージカルに出演予定。

このミュージカルは韓国発大ヒット映画『SUNNY』を世界で初めてミュージカル化したもの。


内容はバブル絶頂期の日本を舞台に繰り広げられる、「サニー」メンバーの笑いと涙の青春物語。

80年代J-Popと当時風の振付がふんだんに織り込まれている舞台ということで、宝塚出身の正統派・実力派女優の花總まりさんがどう演じるのかが見ものです。

舞台とCMが主な収入源・花總まりさんの年収はどれくらいか

花總まりさんの年収は公表されているわけではないので正確な数字はわかりません。

もともと宝塚の娘役の売れっ子女優だった花總まりさん、タカラジェンヌのトップスターの年収は「1000万円以上も夢ではない」と言われているので、宝塚トップスター時代はそれくらいの稼ぎがあったのではないかと考えられます。

宝塚退団後の現在は舞台を中心に活躍される役者さんなので、まず舞台俳優の平均年収を探ってみましょう。

一般的舞台俳優の年収は300万円前後と言われています。

しかしもちろんその役者の知名度やキャリア、集客力などによってギャラはまちまち。

一部の稼げる役者だと年収1000万円越えの場合もあるそうです。

また花總さんの場合舞台の他に現在3本のCM契約があるようなので、こちらからのギャラも入ります。

それらを総合的に考えると、花總まりさんの現在の収入は舞台俳優平均年収の300万円よりは高く1000万よりは低い程度だろうと推測されます。

花總まり、年齢を超えた美しさの秘訣は食生活

花總まりさんは2022年49歳なのですが、そうとは信じられないくらいに若々しくお綺麗です。

彼女の変わらぬ美しさの秘訣は徹底したした健康的食生活ではないかと考えられます。

以前ご本人が美しさの秘訣を尋ねられた際に、綺麗になりたいと常に意識しており、「普段から生ジュースを飲む・お水をたくさん飲む」など口にするものへのこだわりを明かしていました。


他のインタビューでは食事は「添加物がないものを出来る限り自炊している、たんぱく質や糖質も頭がちゃんと働くようにしっかりとっている」など美容のためだけではなく体調管理・健康維持のためにきちんとした食生活を送っている様子を話していました。

また花總さんのインスタグラムにはよく彼女の食事が投稿されます。

そこには地方公演の際に一合炊きの小さな炊飯器を持参したり、仕事場にもお弁当を持参していたりとしっかり自炊しているのだなと思わせる投稿が多数。

また食事の投稿にはよくSL Creations、安心安全、冷凍宅配というタグが付いていることにも気が付きます。

このSL Creationsを調べてみると、化学的合成添加物を使用しない・遺伝子組み換え食品を主原料に使用しないなど安全性を追求した食品を販売する企業のようです。

商品の中にはミールキットという食材・調味料・レシピをセットにした商品などもあります。

花總さんは忙しい毎日を送りながらも、こういうものを上手に利用して安心・安全な自炊生活を続けているのかもしれませんね。

一方お酒に関しては弱いようで、缶ビール一本でも一人で全部飲めるか不安と言うほどだそう。

体質のせいとはいえお酒を飲みすぎないのも健康的な美しさを保つのに一役買っていそうです。

花總まりさんのいつまでも変わらない可憐な美しさは、健康的な食生活によって内側からつくられているのです。


関連記事
花總まりの実家はお金持ち。母親は女優。父親は高額納税者?兄弟は兄と姉&本名と皇族の関係

花總まりの若い頃と伝説の宝塚時代。音楽学校に一発合格&退団後も舞台女優

花總まり、和央ようかの結婚に焦り?彼氏は石丸幹二?実家がすごい&母の影響とは

花總まり&和央ようかの関係。歌唱力の評判、舞台復帰が大きな話題

和央ようかの実家は裕福?韓国は無関係。英語は普通?兄の情報なし。海外の自宅&ハワイ生活

一路真輝の実家、父親が不祥事の噂。真摯な性格&宝塚で天海祐希との仲