花總まり&和央ようかの関係とは!歌唱力の評判とは。舞台復帰が大きな話題

12年超に渡りトップ娘役を務めた花總まり(はなふさまり)さんが相手をしたトップスターは5人にも及びます。
タイプの違うトップスターの相手をするために人知れず努力をしていたことは容易に想像できます。

舞台復帰が注目を集めた花總まり


長い歴史を持つ宝塚歌劇団の最長のトップ娘役在任記録を持つ花總まりさん。
そのこともあって今でも憧れの娘役に花總まりさんの名前をあげる人が後を絶ちません。

そんな花總まりさんは2006年に宝塚歌劇団を退団すると表舞台から去ってしまいます。
当時は15年も宝塚でやったからもう十分と燃え尽き症候群のような状態だったようです。

それから4年ほどたった2010年に舞台「ディートリッヒ 生きた 愛した 永遠に」で復帰。
そして2012年に出演したエリザベートのガラコンサートでファンから「ここがあなたの生きる場所」と言われたことで舞台に戻ることを決意。

本格復帰を決めた際に花總まりさんは、演技のDNAが色あせていないことに気が付いたと語っていたようです。

2014年には「レディ・ベス」で帝国劇場初主演を飾り、2015年には「エリザベート」に主演。
花總まりさんの当たり役との呼び声が高い「エリザベート」。
舞台から姿を消した間も復帰を待ち続けていたファンにとっては忘れられない舞台となったことでしょう。

花總まりと和央ようかの関係は?

宝塚歌劇団を退団した2006年から2010年までの様子があまり語られていない花總まり
実はこの間、花總まりさんは和央ようかさんのマネージャーをしていたと言われています。

元宙組のトップスターとして人気だった和央ようかさん。
同じく宙組のトップ娘役だった花總まりさんとのコンビは二人の本名から取って「タカハナ」と呼ばれ親しまれていたそうです。

公私ともに仲の良かった二人は宝塚歌劇団を退団した日付も全く同じ。
宝塚歌劇団を退団してからも親交が深い和央ようかさんと花總まりさん。
なんと一緒に事務所を立ち上げています。

和央ようかさんが所属タレントで花總まりさんは代表取締役社長とマネージャーという立場だったようです。
あまりにも仲が良いことから交際や養子縁組していると噂になったほど。

現在、花總まりさんはこの事務所を離れており、和央ようかさんの母が社長に就任。
花總まりさんが舞台に復帰したのは和央ようかさんとの仲が拗れたからとも言われているようです。

花總まりさんは未だ独身ですが和央ようかさんは既婚者。
和央ようかさんはアメリカ人のフランク・ワイルドホーンさんと結婚しています。

和央ようかさんが結婚を発表したのは2014年3月31日。
ですが、普通に考えればそれ以前から交際は始まっていたはず。


もし交際が始まったのが2010年頃だとすれば花總まりさんが舞台に復帰した時期と重なることになりますよね。

和央ようかさんの結婚が花總まりさんとの関係に影を落とした可能性がありそうです。

花總まりの歌唱力に対する評判は?

見目麗しいだけではトップに立つことが出来ない宝塚歌劇団。
演技や歌声、ダンスなど様々な要素をトップレベルで兼ね備えなければトップには立てません。

12年以上もトップであり続けた花總まりさんも例外ではありません。
花總まりさんの歌唱力はかなりの高評価を受けています。

一方で、花總まりさんの歌唱力は高くないという声もありました。
歌唱力は数値で評価することは出来ませんので聞く人によって分かれてしまうのは仕方がないでしょう。


ですが花總まりさんの歌唱力を酷評しているのは一部のアンチという意見もありました。
ただ話題にあがるということは良くも悪くも花總まりさんの歌唱力がそれだけ注目されているという証拠です。

今もなお花總まりさんが注目を集めているということなのでしょう。

花總まり、和央ようかの結婚に焦り?彼氏は石丸幹二?実家がすごい&母の影響とは

コメント