福澤朗、嫁とのぶっ飛びエピソード!息子の大学は早稲田?実家は新宿の豪邸&兄は4歳年上

「ジャストミート!」「ファイヤー!」などのキメ台詞で知られ、長らく日本テレビの看板アナウンサーとして活躍した福澤朗(ふくざわ あきら)さん。

「昭和最後のアナウンサー」を自称するだけあって、これまであまりプライベートについて語られることはありませんでした。

そこで今回は、そんな福澤さんの嫁や息子、彼が通っている大学、さらに凄いと話題になった実家や4歳年上の兄など、福澤さんのプライベートについてお伝えしていきます。

福澤朗のプロフィール

本名:福澤 朗

愛称:ジャストミート

出身地:東京都新宿区

生年月日:1963年(昭和38年)9月14日

身長:180 cm

血液型:O型

最終学歴:早稲田大学第一文学部哲学科教育学専修

所属事務所:オールラウンド

職歴:元日本テレビアナウンサー

活動期間:1988年 –

ジャンル:報道・情報・バラエティ

福澤朗の嫁は元CAだった!嫁とのとんでもエピソードも

福澤さんは、2017年6月18日放送の「誰だって波瀾爆笑」に出演した際、全くイケてなかった学生時代のエピソードを語り、話題になりました。

幼い頃より教育熱心な母親からスパルタ教育を受けていたという福澤朗さんは、中学から名門・早稲田に入学し、そのままエスカレーター式で早稲田大学に進んだのですが……。

中学から高校までの6年間は男子校だったため、話した女性と言えば母親と保健室の先生くらい。


いざ大学に進学して、まわりに女子が溢れる状況になっても、女性には超奥手で扱い方が全くわからなかったという福澤朗さん。

その独特の話っぷりや相づちの打ち方から、女子からは「結婚詐欺師みたい」と言われていた……なんて切ないエピソードまで飛び出していました。

局アナ時代に全日空国際線のCAを嫁にしていた

そんな福澤朗さんも、日テレの局アナ時代だった1995年、32歳の時に結婚しています。

お相手は、香川県小豆島出身で全日空国際線のCAをされていた女性で、一部情報によると福澤さんより3歳年下と言われているようです。

1995年と言えば、ちょうど「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」や「全国高等学校クイズ選手権」などで海外ロケも多かったので、その際に出会った可能性が指摘されていました。

その一方で、とある番組プロデューサーからの紹介という情報もあったのですが、真偽のほどは不明です。

嫁の話は30秒しか聞かない?福澤朗の嫁に対するぶっ飛びエピソードとは?

福澤さんは、2015年8月20日に放送されたフジテレビの人気バラエティ「アウト×デラックス」に、“勝手に他人を訓練するフリーアナウンサー”としてゲスト出演しました。

その際、色んなシチュエーションで、つい他人を訓練してしまう癖について告白したのですが、その訓練の対象が局の後輩のみならず、家族にも及んでいることが明かされたのです。

特に、お嫁さんに対する訓練が厳しく、なんでも福澤さんは、お嫁さんの話に耳を傾けるのですが、30秒で結論に至らない場合は、黙って席を立ってしまうそうなんですよね。


と言うのも、福澤さんによると、女性と男性の話し方には違いがあって、男性が最初に結論をもってくるのに対して、女性は結論を最後にもってくるため、どうしても話が無駄に長くなってしまうのだとか。

福澤朗さんにしてみれば訓練の一貫なのかも知れませんが、それを聞いたマツコ・デラックスさんが「えぇーっ!」と声を上げ「悪魔」と言い放つと、共演者からも一斉に叩かれたことは言うまでもありません。

福澤朗には息子が1人いる!2023年現在は大学生?

福澤朗さんとお嫁さんの間には、2002年に誕生した息子さんが1人います。

日韓共同開催となった2002FIFAワールドカップ直前に生まれたので、元気よく育つようにとの願いを込めて、「太陽」くんと名付けられました。

2002年日韓ワールドカップの直前に誕生した息子とのエピソード

福澤さんは、息子・太陽くんとのエピソードについて、これまで何度かテレビ番組の中で語っているようです。

例えば、2012年3月6日放送の「はなまるマーケット」に出演した際、福澤さんは息子・太陽くんについて、「親譲りで運動が好き」と紹介し、彼が描いたという絵を紹介しています。

今回その福澤さんの息子さんが描いたという絵を探してみたのですが、残念ながら動画や画像などは残っていないのか、見つけることができませんでした。

その代わりに、この時の「はなまるマーケット」を観ていた視聴者のツイートを見つけたのでご紹介しておきましょう。

また、2016年に福澤さんが「徹子の部屋」に出演した際には、息子さんが自分と同じ卓球部に入ったこと、食卓での会話はもっぱら卓球の話題が多いことなどを、嬉々として報告していたようです。

息子の出身高校と現在通っている大学は早稲田?

2021年4月、福澤朗さんは日本テレビの局アナ時代から18年半に渡ってMCを務めていた「真相報道 バンキシャ!」を卒業しました。

その最後の放送の中で、息子さんが同年3月に高校を卒業したことを明かしています。

2002年生まれの福澤さんの息子さんは、2023年には21歳になるので、進学していたとすれば2023年現在は大学生ということになります。

そこで気になるのが、どこの大学に通っているのか?なのですが、結論から言えば、特に公表しているわけではないので、厳密に言えば……わかりませんでした。


ただ、真偽のほどは不明なのですが、息子の太陽くんも父親と同じ早稲田中学、高校と進んでいるとの情報が、ネットのあちこちでまことしやかに囁かれていました。

もしもその情報が事実だとして、順当にエスカレーターを上がっていたとすれば、そのまま早稲田大学に進学している可能性が高そうですね。

もちろん息子・太陽くんも、母親同様に福澤朗さんからアナウンサーとしての英才教育を受けているそうなので、いずれは父親と同じアナウンサーの道に進むことがあるかも知れません。

ちなみに、早稲田大学には「早稲田大学アナウンス研究会」と言う、これまでに多くのアナウンサーや声優を輩出している歴史あるサークルがあるそうです。

福澤朗の実家が話題に!曾祖父は歴史に名を残す人物だった

福澤朗さんと言えば、度々話題になっているのが……その実家なんですよね。

と言うのも、福澤さんの実家は、東京都のど真ん中である新宿区にあり、なんと庭付きの9LDKで、庭には池まである大豪邸なのだとか。

新宿にそんな大豪邸を構えるなんて、ただ者じゃないように思ってしまいますが、福澤さんの父親は自動車関係のサラリーマンで、母親もごくごく普通の専業主婦なんだそうです。

もちろん、このご両親が実家を建てたのではなく、実は福澤朗さんの曾祖父が、それこそ歴史に名を残すような凄い人物で、その人が建てたものなのだとか。

その人の名前は「福澤泰江」という人物で、大正から昭和初期にかけて長らく長野県赤穂村の村長を務めると、後に全国村長会の創立に関わり、遂には内閣調査参与にまで昇り詰めた人物なんですよね。

その素晴らしい功績から、かつて赤穂村があった駒ヶ根市役所の敷地内には、福澤泰江氏の胸像が建てられ、今も地元民から崇め奉られているそうです。

福澤朗には4歳年上の兄が一人いるらしい

最後に、福澤さんのお兄さんについても調べてみました。

福澤朗さんには、4歳年上のお兄さんがいるそうなのですが、一般人の方であるせいか、お名前や経歴はもちろん、具体的な情報は一切ありませんでした。


ただ、福澤さんが1963年(昭和38年)9月14日生まれなので、お兄さんは1959年生まれと言うことになり、2023年には64歳になられることになりますね。

福澤さんが、2017年6月18日放送の「誰だって誰だって波瀾爆笑」に出演した際、日本テレビを退社してフリーとなったことで収入が増えたため、マンションをより高層階へ引っ越した……というエピソードを披露していました。

と言うことは、どうやら新宿にある庭付き9LDKの実家は、彼のお兄さんが守っておられる可能性が高そうですね。

関連記事
福澤朗の年収は最大2億?現在と若い頃が変わらない。古舘伊知郎との共通点&今後を模索中?

福留功男の現在(2023)。病気と引退。娘が日テレ勤務&事務所は解散

永井美奈子の夫・堀主知ロバートはIT社長。離婚の噂と息子の出産。ワインバーが批判?

徳光和夫の息子は2人、甥っ子はミッツ。孫娘に万馬券&妻にメッセージとは。家族まとめ

古舘伊知郎の妻は元CA。娘の結婚式で司会、姉との関係と家族。ルーツは唐津

古舘伊知郎の息子・古舘佑太郎は慶應大学。バンド活動とひよっこ出演

羽鳥慎一の再婚。妻で脚本家・渡辺千穂の評判とは。結婚指輪は?