福留功男の現在。病気と引退。娘が日テレ勤務&事務所は解散

『アメリカ横断ウルトラクイズ』『ズームイン!!朝!』などの看板番組でお茶の間に親しまれた元日本テレビアナウンサーの福留功男(ふくとめのりお)さん。

いつのまにかテレビで姿を見なくなりましたが、2021年現在はどのような活動をしているのでしょう。

消えてしまった理由には病気の悪化や視聴率の低迷などもあったようです。

娘や息子など家族について、またフリー転身の際に立ち上げた事務所についても取り上げます。

福留功男の現在、病気と引退の噂

明治大学在学中からアルバイトをしていた日本テレビに入社したのは、1966年のことでした。

当初は報道記者だったものの、しゃべりのうまさを買われてアナウンス部へ。


しかし子供番組の降板を願い出たために、社命に背いたとして内勤へ回されてしまいます。

表舞台で活躍できず、くすぶっていたところへ舞い込んだのが『アメリカ横断ウルトラクイズ』の司会者の話でした。

白羽の矢が立った理由は、レギュラー番組をもたず、長期の海外ロケに対応できる時間的余裕があったから。

「ニューヨークへ行きたいかー!」とクイズ参加者をあおり続けた福留さんは、その熱い司会で一躍人気アナウンサーになり、ギャラクシー賞・選奨を受賞します。

以降も人気司会者として数多くの番組に出演していた福留功男さん。

しかし視聴率低下やテレビ不況、自身の高額ギャラがネックとなって2009年に全レギュラー番組が打ち切りになってしまいました。

加えて胆石手術の経験があり、心臓にも持病を抱えていたそうです。

ほどよく日焼けした健康的な外見からは想像しにくいですが、心臓にはペースメーカーを入れており、身体障害者1級認定を受けているとのこと。

こうした体調不良もあって一線を退くことを決め、以降は単発の仕事を行うスタンスへ移行していったようです。

2013年のインタビューでは、ドクターストップが引退理由であり、視聴者に老醜をさらすのは気が進まないと発言。

引退後もBSの番組には出演しており、2019年の『24時間テレビ』への出演も話題を呼んだのですが、2021年現在は基本的にリタイアしたというスタンスで、オファーは断っているのだそう。

後進に道を譲るべきと考えていることや、今の番組制作の手法に疑問を抱いていることも地上波に復帰しない理由でしょう。

『24時間テレビ』は古巣からのオファーということで特別に出演したのではないでしょうか。

福留功男の娘について

名字の読みは「ふくとめ」が定着していますが、本名の読みは「ふくどめ」です。

高い知名度を誇るアナウンサーなのですが、残念なことに家族に関する情報はほとんどありません。

わかっているのは既婚者で、二人の娘がいるということ。

息子はいないようですね。

長女は2007年の時点で日本テレビに勤務していたことがわかりました。

1998年に開局45年記念として復活した『今世紀最後!! 史上最大! アメリカ横断ウルトラクイズ』にはスタッフとして参加し、父に同行しています。

2021年現在も日本テレビの社員であるかどうかは確認がとれませんでした。

長女も次女も独立しており、福留さんは妻と二人暮らしとのことです。


家族に有名人がいるとはいえ、妻と娘たちは一般人としての生活をしっかりと守っている印象がありますね。

メディアにさらされることを避けたい気持ちが強いのかもしれません。

フリー転身時に設立した事務所は解散

日本テレビを退社したのは1991年3月31日でした。

この時に設立したのがクレージーフォーという事務所です。

フリーに転身したきっかけは、親しい番組制作会社の社長との食事の席でした。

いつもの気のおけない食事会だと思っていた福留さんは、いきなり場違いな座敷に通され、TBS上層部の人間と向かい合うことに。

その席で打診されたのが『ブロードキャスター』の司会就任だったそうです。

立ち上げたクレージーフォーは2004年6月30日に解散しており、その後、別の事務所に移籍していたことがわかっています。

福留さんの活動状況について取材された際、基本的にリタイアしていて仕事は受けていないと回答した事務所です。


事務所の名前については情報がありませんでした。

「トメさん」の愛称で親しまれ、日本テレビ時代は徳光和夫さんと人気を二分した福留功男さん。

2021年現在、持病や体調が心配ですが、あのはつらつとした美声をもう一度地上波で聞けることが期待されます。

福留功男の性格、評判が悪い理由。ギャラが凄い&ウルトラクイズ司会に。徳光和夫と不仲?

徳光和夫の自宅と茅ヶ崎愛。今の年収は?心臓疾患で緊急入院その後

徳光和夫の息子は2人、甥っ子はミッツ。孫娘に万馬券&妻にメッセージとは。家族まとめ

コメント