吉田明世、実家は保育園の隣。祖父は凸版印刷の創業者&兄は元ヤンDJ?親としての挑戦続く

元TBSテレビアナウンサーでフリーアナウンサーの吉田明世(よしだあきよ)さん。

保育士資格を持つ二児の母であり、絵本専門士にピラティスのインストラクターと様々な資格にチャレンジしています。

今回は、明世さんの実家や祖父ついてのエピソードを中心に、元ヤンDJだと噂のお兄さんについてのエピソードや、母親としての挑戦についてもお伝えします。

吉田明世のプロフィール

愛称:あっきーよ

本名:吉田明世(よしだあきよ)

生年月日:1988年(昭和63年)4月14日

身長:159cm

出身地:東京都世田谷区

最終学歴:成城大学文芸学部卒業

所属事務所:アミューズ

吉田明世の実家は祖母が経営していた保育園のすぐ隣

吉田明世さんの実家は保育園を経営されており、そのすぐ隣にあるようです。

明世さん本人が「祖母が保育園を経営していた」「私の住んでいた実家の横に保育園があった」と新聞や東京都の公式チャンネルで公開しているインタビューに答えています。

2018年に保育士資格を取得されたそうですが、そのきっかけは、幼少期に暮らした実家のすぐ隣で、既に亡くなられた祖母が保育園を経営していたため、子供の頃から保育に興味を持っていたからだそうです。

もともと祖母が保育園を経営しており、実家の横に保育園がある環境で育った

残念ながら、実家の保育園の名前や場所は公開されていません。


しかしながら、実家の場所については東京都世田谷区にあると思われます。

成城一家に生まれ育ったという明世さんは、小学校から中高一貫校を経て大学と、全て成城学園に通っていたと公言しています。

成城学園は東京都世田谷区にあり、初等・中高・大学の全てが併設されています。

さらに、明世さんのお兄さんは自身が世田谷育ちであると公言しているため、実家があるのは世田谷区内である可能性は高いのではないでしょうか。

大きなお宅で間取りは3LLDKだったそうです。

広くてよかったが部屋数が少ない点で使いにくく、大きな部屋を分けて使うのが嫌だったのだとか。

ちなみに、明世さんがミス成城に選ばれたのも、幼少期から同じ学園で育った友人たちの組織票のおかげだということです。

純粋な謙遜なのか友達多いアピールなのか、はたまた、好感度アップを意識して計算された発言だったのでしょうか。

私、小学校からずっと成城に通って、知り合いだらけなんですよ。

吉田明世の祖父は凸版印刷の創始者の一人

明世さんの祖父は凸版印刷の創始者の一人なのだそうです。

ここで言う祖父とは母方の祖父のことで、父方の祖父母は岡山の方だそうです。

残念ながら、氏名や写真は公開されていないようです。

凸版印刷といえば創業1900年の大手印刷会社ですから、19世紀、激動の明治維新を生きた方なのでは!?などと想像してしまいますが、どうもそうではないようです。

祖父は香港の印刷会社の設立時のメンバー

明世さんの祖父が関わったのは凸版印刷といっても、凸版印刷(香港)有限公司のことだそうです。


凸版印刷の公式ホームページにある会社沿革によると、設立は1963年。

日本の凸版印刷が主要株主となって設立した、香港にある関連会社ということですね。

その設立に関わった一人だとされていますが、設立時には現地の出資者も関わっていたそうなので、もしかしたら中国の血を引いている方なのでしょうか。

残念ながら、2023年現在の公式ホームページを見る限りでは、凸版印刷(香港)有限公司設立に関わる専用ページは無いようで、設立時のメンバーなどは公開されていませんでした。

同様に公式ホームページによると、トッパンリーフォン(香港)という印刷会社がありますが、こちらは設立が1973年とされており、また別の会社だと思われます。

休みの日は八ヶ岳の別荘で過ごす

また、八ヶ岳には明世さんの祖父が建てたとされる別荘があるそうで、休みの日はよくそこで過ごしていたんだとか。

山奥の別荘と聞いて最初に思い浮かべてしまうのがサスペンスドラマやミステリー小説という人も、少なくないのではないでしょうか。

だいたいそういう場面で登場するのはお金持ちですから、なんとも優雅な暮らしをイメージしてしまいますよね。

参考までに、2023年度に公開された有価証券報告書のデータを基に算出した日本の凸版印刷社員の平均年収は、およそ700万円だそうです。

吉田明世の兄は5歳年上のDJでヤンキー?

明世さんは三人兄弟の末っ子だそうで、上には兄と姉がいるそうです。

このうち、お姉さんについては氏名・年齢・職業・写真などは公開されていないようなので、一般の方なのだと思われます。

お兄さんについては情報が公開されており、本名は吉田晴彦(よしだはるひこ)さん。


明世さんとは5歳年上で2023年現在40歳だそうです。

兄はDJ HAL

「DJ HAL」としてアーティスト活動をされているそうです。

公式ホームページも存在しており、2000年ごろから東京渋谷を中心に活動を開始したそうです。

それにしても、アーティストの公式ページにありがちな ”改行もなく文字で埋め尽くされた” スタイルなので、少しデザインを見直された方がいいように思われますが…大きなお世話ですよね。

東京生まれ東京育ち、00年より東京渋谷を拠点にDJ活動をスタート。

インディーズとしていくつかアルバムをリリースし、その後もシングル・アルバムリリースを続けているようです。

Spotifyによると、2023年8月現在の月間リスナー数は350人程で、最新シングルは2019年にリリースされた「Abakush EP」となっています。

兄はヤンキーで小宮をイジメていた?

明世さんの兄のDJ HALさんは、日本テレビ系のバラエティー番組「有吉反省会」に出演したことがあります。

この時がバラエティー番組へ初出演だったそうで、「チャラさ全開でウザい」と自認していたそうです。

チャラさ全快でウザいかも

2019年5月に放送された番組内での主な内容は、妹の明世さんの人気へ便乗してしまったことを反省するというもの。

自身のインスタグラムに妹との2ショットをアップしまくっていたということで、「妹の力を借りたい」と思っての行動だったんだとか。

さらに、祖父が凸版印刷だとか日本マクドナルドの創業者の孫娘が同級生だとか、イメージ回復のための反省会という内容とはそぐわない話題が続いたそうです。


高校時代、お笑いコンビ三四郎の小宮浩信さんが同じクラスだったことも明かされました。

小宮さん自身が明世さんに「DJ HALからイジメられていた」と話していたそうですが、当のDJ HALさんは「ちょっといじってただけ」と否定したそうです。

小宮さんは「イジメてきたヤンキーが売れだしたら馴れ馴れしい」とも言っており、”DJ HAL=イジメてきたヤンキー” という構図が固まったようですね。

DJ HALさんのファンによると「普通にイケメンなんだから出る必要なかった」「パフォーマンスいいのに反省はいらなかった」といいます。

DJ HALさんには女性ファンも多いようで、時に「幸せアピールがウザい」とも言われてしまう人気女子アナ・吉田明世さんに頼るのは逆効果だったのかも知れませんね。

いじめてきたヤンキーが売れてから馴れ馴れしくなった

吉田明世は二児の母親

明世さんはお兄さんと同じ5歳年上の一般男性と結婚しており、二児の母親としても知られています。

長女・長男と共に映る幸せそうな子育て写真を、自身のインスタグラムで多数公開しています。

保育士の資格を出産前に取得したという明世さん。

絵本専門士の資格も取得したそうです。


実際に絵本を出版していますし、とても教育熱心な母親というイメージですね。

子ども向け、妊婦さん向け、高齢者向けのピラティスも勉強したい

万事計画通りといった様子ですが、まだまだ、これからも挑戦を続けていくようです。

関連記事
吉田明世の夫は電通?和歌山大学出身の夫。結婚馴れ初めまとめ。離婚はデマ&子供2人

吉田明世、脳梗塞で倒れる噂はデマ。休みの理由は妊娠。不妊治療に奮闘&現在(2023)の生活

吉田明世の若い頃がかわいい!ミス成城のウラ話&資格は保育士や絵本専門士

加藤シルビアの旦那、金融庁や離婚の噂はデマ。現在(2023年)は復帰!両親の馴れ初め

みのもんたに息子2人。長男はTBS勤務、次男は窃盗事件で逮捕。慶應卒の息子&死亡説デマ

みのもんた、恋人募集中で再婚はまだ。妻の病気はがん&娘が身辺の世話

江藤愛の実家は大分県日田市。父親や母親とは関係良好&姉とも仲良し