土屋圭市、息子・国光の名前は高橋国光から。奥さんとは再婚。前妻との離婚理由&娘はいない

国内のツーリングカーレースで数々の好成績を記録、1995年にはルマン24時間のGT2クラス優勝も経験している土屋圭市(つちやけいいち)さん。

大人気アニメ「頭文字D」のバトルシーンを監修したことで、アニメファンにも有名なレーシングドライバーです。

今回は、土屋圭市さんの息子や奥さん、結婚事情などについてお伝えします。

土屋圭市のプロフィール

愛称:ドリキン

本名:土屋圭市

生年月日:1956年(昭和31年)1月30日

身長:167cm

出身地:長野県東御市

最終学歴:埴生高等学校

所属事務所:K1PLANNING

土屋圭市、息子・国光の名前は高橋国光が由来

土屋圭市さんの息子の名前は国光(くにみつ)さん。

一般人のため、名前以外の情報はほとんど公表されていません。

2005年頃にはファンの間で息子の話題が出ていたので、2023年現在20歳前後である可能性が高いです。


国光という名前は、土屋圭市さんが敬愛する高橋国光さんからいただいたもの。

全日本GT選手権やルマン24時間でも一緒に戦っています。

高橋国光さんは、日本のモータースポーツのレジェンド的存在です。

元々は二輪で活躍するライダーでしたが、1960年代に四輪に転向して追浜ワークスに加入。

スカイラインGT-R50連勝に貢献するなどの活躍が認められ、日本有数のトップドライバーとなります。

ツーリングカーだけではなく、フォーミュラカーでも素晴らしい記録を残しています。

1977年のF1日本グランプリでは、中古のティレルを駆り9位完走。

後にワールドチャンピオンとなる偉大なドライバー、ジョディー・シェクターさんと互角の争いをするなど素晴らしい走りを見せてくれました。

その運転技術の高さと速さは誰もが認めるところでしたが、マシントラブルなどに泣かされてなかなか優勝できないレースが続きます。

「無冠の帝王」と呼ばれていたのもこの時期のこと。

長く結果が出ないレースが続きましたが、1978年に鈴鹿で行われたF2を制したことで汚名を返上します。

ちなみにこのレースで競ったのは、あの鉄人リカルド・パトレーゼさん。

1993年に当時のF1出場最多記録を更新した、最強のセカンドドライバーと称された選手です。

1992年にイギリスの無冠の帝王ナイジェル・マンセルさんとチャンピオンを争っていたのは日本のファンにもよく知られています。


リカルド・パトレーゼさんは何かと「無冠の帝王」と縁があったドライバーだったと言えますね。

高橋国光さんは1999年にレーサーを引退。

その後はチーム監督としてモータースポーツに関わり続けました。

2020年にはモータースポーツの発展に貢献した功績が称えられ、スポーツ功労者顕彰を受賞しています。

非常にクリーンなレースをする選手としても有名で、土屋圭市さんも多くのことを学んだそうです。

息子・国光さんの年齢や職業については残念ながら判明していません。

もしこれからレースの道に進むのであれば、父や名前の由来となった偉大なレーサーを超える活躍を期待したいですね。

土屋圭市、奥さんとは再婚

土屋圭市さんは2度結婚しています。

2019年のインタビューで結婚14年目と語っているので、2005年頃に再婚した様子。

もう結婚して14年目だし、そんなもんだよ。

奥さんは元レースクイーンという情報もありましたが、真偽は不明です。

年齢は28歳下とのことで、2023年には39歳になっていると思われます。

奥さんは自動車免許は持っているものの、車にあまり興味がないとのこと。

家では仕事の話は一切しないそうです。


サーキット上では勇猛果敢、マシンを降りれば気さくな人柄とモテることが容易に想像できる土屋圭市さん。

しかし2023年現在スキャンダルの噂などは一切ありません。

2022年時点で、仲睦まじく食事をしている姿も確認できます。

顔は写っていませんが、雰囲気から美人であることが伝わってきますね。

これからも素敵な関係が続いていくことが予想されます。

土屋圭市の前妻との離婚理由は不明

土屋圭市さんには離婚歴があります。

しかし、離婚理由や離婚した時期については明らかになっていません。

前妻の名前や職業、年齢なども一切不明です。

2005年頃に再婚しているので、それ以前に離婚したのはほぼ間違いないでしょう。

土屋圭市さんは、2002年までレーシングドライバーとして活動していました。

レーシングドライバーは出張が多く、なかなか家に帰れない職業です。

家に帰る機会が少なくなると、どうしても夫婦仲は冷めてしまいます。

アメリカのトップフォーミュラで活躍した服部尚貴さんなど、離婚歴があるレーサーは意外と多いです。


レーシングドライバーと家庭を両立させるのはなかなか難しいのかもしれませんね。

2023年現在は再婚して幸せな家庭を築いている土屋圭市さん。

夫婦仲は良い方だと思うと語っていました。

あまり会話がないからこそ、適度な距離感を保てて良好な関係を続けられるのではないかとのこと。

車に関しては非常に強いこだわりを持つ土屋圭市さん。

前妻との間で車に関する価値観の相違などがあり、それが離婚の原因になってしまったのかもしれませんね。

土屋圭市に娘はいない

2023年現在土屋圭市さんの子供は息子だけで、娘はいないと思われます。

ですが、SNSなどでは「娘たち」という単語を使うことがあります。

2017年には、娘達から送られてきたと題してレースクイーンが集合した写真を投稿しています。

土屋圭市さんは、2006年からARTAのエグゼクティブアドバイザーに就任しています。

レースクイーン達はARTAの衣装を着ているので、チームに所属しているのは間違いありません。

このことから土屋圭市さんは、自分が所属するチームのレースクイーンを愛情を込めて「娘たち」と表現していると思われます。


関連記事
土屋圭市、愛車NSXの売却理由「もういい」。愛車遍歴まとめ&オデッセイやシルビアを絶賛

土屋圭市に年収1億以上の過去?自宅の中を公開。実家は長野&現在(2023)会社経営

土屋圭市の若い頃は走り屋!レーサーとしての凄さ。実力は高い?ルマン優勝の経験者

高橋国光、息子2人で娘はいない。妻や家族は語らず。自宅は都内&死因は悪性リンパ腫?

鈴木亜久里の息子は1人。長男・瑞翔の仕事は金融マンで嫁が秋元玲奈&娘はいない

星野一義、若い頃F1参戦なしの理由。息子と娘あり。妻が本を出版&現在(2023)の年収

稲田大二郎は現在(2023)総帥。病気で痩せた?娘はNPO理事長&結婚したが家族と別居?