保科有里は独身?結婚と旦那は石田社長?現在と国籍・経歴プロフィールまとめ!

1993年に「神無月に抱かれて」でソニーレコードよりデビューした保科有里(ほしなゆり)さん。

2020年現在は橋幸夫さん、黒沢年雄さんらが所属する夢グループに所属し、積極的に音楽活動を続けています。

ライブやイベントなどにもたくさん出ているから、みなさん保科有里の歌声を聞いたことはあると思いますが。

意外とプロフィールなどの情報は知られていないですよね。

歌謡曲ファンなら誰もが気になる保科有里のプロフィールから、謎に包まれている結婚、旦那情報まで調べてみたいと思います。

保科有里のプロフィール

芸名:保科有里

本名:嶋一美

生年月日:1961年11月24日

身長:163cn

出身地:石川県

最終学歴:石川県立金沢西高から大学(説)

所属事務所:夢グループ

保科有里は石川県出身の歌手

保科有里さんは石川県金沢市出身で、1993年にOLから歌手デビューした方です。


デビュー以降、「ラブバラード」「さくらの花よ泣きなさい」「5グラムの指輪/永遠に」など多くのヒット曲を出していますね。

面白いのは、保科有里さんはずっと音楽の道を歩んでいたわけではなく、金澤でOLとして働いていたんです。

芸能界入りのきっかけは、三木たかしさんへの弟子入りでした。

三木たかしさんといえば、石原裕次郎さんから石川さゆりさんなど様々なアーティストの楽曲を手がけた名作詞家ですね。

そんな方のお弟子さんになれただけでもすでに「持ってる」のではないかと思われる保科有里さん。

しかし、幸運の持ち主というよりも、苦労人というイメージが強いでしょうか。

実は、彼女はこの時すでに27歳でした。

ご本人ですら、1、2年ほどで終わるかもしれないと危惧されていたそうです。

しかし、三木たかしさんの、良い歌を歌えるようになるのは40歳を過ぎてからという旨の言葉を信じて踏ん張り通しました。

三木たかしの娘(ようこ)は再婚した妻の長女。妹と家族。天才の理由とは

2017年でデビュー25周年を迎え、ついにベストアルバムをリリースするまでに活躍されています。

また、2020年現在は、あの大物歌手とのデュエットも実現されていました!

その人物とは、あの橋幸夫さんです!

「60周年記念デュエットベスト~星よりひそかに 雨よりやさしく~」にて、「今夜は離さない~令和バージョン~」が収録されているとのことです。

番組出演もあるようですね!

保科有里の気になるプロフィールと経歴

1993年にデビューして積極的に音楽活動を続けているさんですが、意外とプロフィールは知られていないですね。

公式サイトによると保科有里さんは11月24日生まれで、石川県出身、趣味は映画観賞とゴルフだそうです。

デビュー曲は「神無月に抱かれて」で、それからほぼ毎年、新曲を出して、コンサートなども積極的に開いています。

さらには、番組も持たれていますね。

BSフジでは「保科有里夢に向かって」、「歌が大好き」のレギュラーであられます。

とくに、後者は5分間番組ながら、ロケありトークありと、歌手以外の保科有里さんが垣間見れます!

また、国籍に関しては、プロフィールでも石川県出身という以外に記載されていません。

ツイッター等でもウワサなどもなかったですね。

単純に考えて、日本ということではないでしょうか。

保科有里は結婚している?


保科有里さんのプライベートについてはあまり知られていないのですが、結婚しているんですかね。

年齢は公式的には明かしていませんが、他のサイトとかに出ている年齢が正しければ、もう50代!

結婚して子供はいてもおかしくない年齢ではありますが、実際にはどうでしょうか。

インターネットの掲示板などを見ても、彼女の結婚については書かれていないので、確認することは難しい感じです。

保科有里の旦那さんが石田社長?!

2015年にリリースした「5グラムの指輪」が海外でも注目され、より忙しく活動している保科有里さん。

Kiyoko Yosidaさん(@kiyokoyosida)がシェアした投稿

夢グループのドン・石田重廣社長とは、愛人なんてウワサもありますね。

石田重廣社長といえば、通販事業のほうでよくお見かけする方ですよね。

社長直々に、通販への登場というのは他社でもよく見かけますが、自社製品を売るというのが面白いところです。

もちろん、特徴的なセリフもありますよ!

高い声で自信満々と言うよりは、どことなく申し訳なさそうにセールスされています。

なんでも、夢グループ自体元々は、「あずさ2号」でお馴染みのデュオ・狩人のマネジメントを目的として設立されたそうです。

設立は2003年と、イメージよりも歴史は浅いでしょうか。

当時の社名が「有限会社あずさ2号」とのことで、いかにも!という感じですね。

そういえば、あのB’zの稲葉浩志さんをして狩人は「2人組の原点」と称されていました。

どうやら「あずさ2号」の大ヒットがもたらした意義というのは、一般人が考える以上のものがありそうですね。

しかし、2006年には、「夢グループ」へと改名、そして、2018年には狩人がトップ・カラーへと移籍されています。

設立の理由を考えると、少しさみしいですね。

また、芸能関係と通販の事業以外に、「夢健康ランド」という健康ランドを運営されています。

果たして、社長ご自身は、人柄が良さそうな感じですが、保科有里さんとは愛人関係なのでしょうか?

実は、このウワサ出どころは某掲示板サイトだそうです。


愛人説の所以も、結局は保科有里さんが猛プッシュされているために立っただけで、実際に写真の流出などはないようですね。

苦労人の開花というのは、それだけで胸を打つものがありますし、わざわざこういった説を流す必要もないと思うのですが…。

黒沢年雄の現在。何度も癌を克服?家族&兄弟も芸能人?安倍晋三を絶賛

コメント