里見浩太朗、息子・佐野圭亮と妻。家族の現在。松方弘樹との関係

往年の大スターである里見浩太朗(さとみこうたろう)さん。

その息子である佐野圭亮さんも役者としてご活躍で、しかも多趣味、なかでもアニオタを自称されており、SNSではその面も爆発しているようです。

となると、里見浩太朗さんの歴代2人の妻たちも気になりますね。

また、助さん、格さん、水戸黄門と全部こなした『ミスター水戸黄門』の彼は、2021年現在、また水戸黄門としてカムバックしたようです。

里見浩太朗のプロフィール

愛称:ミスター水戸黄門

本名:佐野 邦俊

生年月日:1936年11月28日

身長:173cm

出身地:東京都

最終学歴:静岡県立富士宮北高等学校

所属事務所:里見プロモーション

里見浩太朗の元妻が引き取った息子はあの俳優

里見浩太朗さんには二度の結婚歴があります。

1966年に最初の結婚をしますが多忙によるすれ違いにより1974年に離婚。

1976年にパンアメリカン航空に勤務していた現夫人と二度目の結婚をしています。

里見さんは元妻との間に子供がおり現在は俳優として活躍をしています。

その息子の名前は佐野圭亮さん。

離婚したとはいえ大スターである里見さんが父親ですのでお手伝いさんが何人もいる一等地の大豪邸で、何の不自由もなく暮らしていたそうです。

そのためもあってか佐野圭亮さんの妻で女優のおおたにまいこさんから

「精神年齢は5歳」

と言われる始末。

昭和の大スターが子供を甘やかすのは「芸能界あるある」の1つとさえ言えます。


そして大体の二世タレントはバラエティータレントになるのが関の山です。

ですが佐野さんは親の七光りで終わるような俳優ではありません。

お父さんの活躍を見てきたからでしょうか、高校生の頃にはすでにご自身も俳優を志していたそうです。

ただ、これを里見さんに相談すると猛反対にあいました。

そんな甘いものではないということも言われたでしょうか。

ですが、彼の意志は固く桐朋学園短期大学演劇科に入学、卒業後は難関と言われる俳優座の研究生となっています。

如何に彼の決意が真剣そのものだったかがわかる経歴ですね。

さらに、1991年の映画デビュー作「戦争と青春」でらオリーブ新人俳優賞と日本アカデミー新人俳優賞を受賞するなどその演技力は高く評価されています。

また、お父さんと同じく、時代劇にも出演する佐野圭亮さんですが、それに対する取り組みもかなり本格的でした。

なんと、創作舞踊団「正藤流」に入り、所作を学び、それを磨き続けた結果、幹部師範にまでなられたのです。

最近の二世タレントで劇団を経験している人はあまりいないのではないでしょうか。

佐野さんは地道に演技の腕を磨いていたことが良く分かります。

チームワークも学べて良い経験であるとの旨を語っておられますが、反対を押し切って入った芸能界、やはりそれ相応の鍛錬を積んでおられるようですね。

ただ、その内面は、妻であるおおたにまいこさんから精神年齢が5歳とも言われる楽しい部分が沢山ある方のようです。

里見浩太朗の息子・佐野圭亮は面白い!

『黄門様の息子』、あるいは新日本舞踊「正藤流」の幹部師範という肩書きを聴くと、佐野圭亮さんに『おカタイ人』というイメージを抱く人も多いかもしれません。

しかし、ご本人の性格はもちろん、舞台に立てば真剣ですが、プライベートは気さくなアイデアマンといった面も見られます。

とくに、自称される『アニヲタ』の一面は、もはや里見浩太朗さんの息子というイメージを吹き飛ばすのではないでしょうか。

例えば、こちらのツイート、舞台初日前日は流石に緊張して眠れないご様子です。

しかし、そんな合間にも、『エヴァンゲリオン』の碇シンジの名シーンをオマージュしておられますね。

もちろん、ご自宅にはガンプラやフィギュアがたくさんあります。

例えばこちらの投稿ですが、ある意味それ以上に目を惹くのが、彼の肉体美、そして、トライしている実験ですね。

まず、肉体美ですが、50代には見えぬムキムキ感、ランニングとともに、これはジムで『肩と背中の日』などパーツごとに分けて鍛えた結晶です。

さすが、スキューバや乗馬までこなせるわけですね。

そして、トライのほうは新型コロナワクチン接種後、よく聞かれる肩・腕の痛みに先手を打とうという構えのようですね。

なんと、痛みが出る前に湿布をされています。

ドクターの許可も得た上ということで、専門家も要注目かもしれません。

加えて、宅建士の資格をもつなど、非常に器用かつ多趣味な佐野圭亮さん。

やはり、好奇心が旺盛だからこそ、こうした発想も思いつくのでしょう。

里見浩太朗の妻は2人とも美人!

2021年現在、2度の結婚歴がある里見浩太朗さん。

1人目は、1966年3月に結婚され、この翌年、息子の佐田圭亮さんが誕生しています。

肩書きとして分かっているのは産婦人科の娘さんであったこと、そしてミス横浜だったそうですね。

『さすが黄門様、お目が高い』といった印象でしょうか。

ただ、逆にいえば、情報というのはこのくらいしかわかりません。

というのも、多忙によるすれ違いにより、里見浩太朗さんは1974年に離婚されていました。

ただ、佐野圭亮さんのSNSには、彼が赤ちゃんの頃、何ヶ月検診かの時の写真が掲載されています。

おそらく、これは彼の実のお母さんが撮ったもしくは、その後管理していたものではないでしょうか。

また、里見浩太朗さんは1976年に再婚されています。

こちらは、元レスリング五輪代表かつ、元日本レスリング協会会長のの風間栄一さんの娘・信子さんとのことですね。

この肩書きもすごいのですが、信子さんが勤めていたのはパンアメリカン航空、CAさんだったというのも見逃せません。


高身長でスリムな印象を抱かせますね。

交際当時のエピソードとして具体的なものは見当たりませんでしたが、やはりCAさん、それに時代もありますから、機内で連絡先を書いた紙を里見浩太朗さんが渡したなどということも想像できるところです。

里見浩太朗の2021年現在は?水戸黄門復活!

昨今の話題作、ナウなヤングの皆さんにとっては、フジテレビ系『リーガル・ハイ』シリーズでの服部さんが思い浮かぶであろう里見浩太朗さん。

堺雅人さん演じる破天荒な弁護士・古美門研介を支えるなんでもできる事務員さんですね。

ただ、やはり里見浩太朗さんといえば、『水戸黄門』だという方々には嬉しいニュースだったでしょう。

2021年3月に、『御園座三月特別公演』の第一部『水戸黄門〜春に咲く花』にて、彼の水戸光圀公が帰ってきたのです。

気になる助さんと格さんは、純烈のお二人が務めます。

前者が酒井一圭さん、後者が白川裕二郎さんですね。

戦隊モノ出身のお二人ですが、ガオブラックとカブトライジャーに警護される水戸黄門と見るとさらに広い世代が楽しめるかもしれません。

里見浩太朗さんも、ご自身の十八番と話したこのお芝居、助さん格さんも演じた彼は、お二人にそのイズムを伝授されたのではないでしょうか。

ちなみに、第二部は純烈とのVSモノとしての歌謡ステージで、『イヨマンテの夜』などを披露されたようです。

動く演技に、歌声にまだまだ現役バリバリの里見浩太朗さんは素敵ですね。

兄弟分だった里見浩太朗と松方弘樹

昔の俳優は先輩後輩で兄弟分のような関係にあることが多かったように思います。

里見浩太朗さんと兄弟分だったのが松方弘樹さん。

東映でまさに「同じ釜の飯を食べていた」そうです。

里見さんは松方弘樹さんが亡くなった際に

「私生活では兄貴」

とコメントをしています。


弟のように可愛がっていた松方弘樹さんの訃報を聞いたときの里見さんの沈痛な思いは計り知れません。

松方弘樹さんや高倉健さん、菅原文太さんなど昭和の大スターが次々と亡くなっています。

古き良き昭和の芸能界を知る里見浩太朗さんにはまだまだ活躍して頂きたいですね。

水戸黄門で主要な役柄を制覇したのは里見浩太朗だけ

勧善懲悪という分かりやすいストーリーで老若男女を問わず親しまれていた水戸黄門。

テレビシリーズで最後の水戸黄門を演じたのが里見浩太朗さん。

実は過去に助さん、格さんも演じているんです。

水戸光圀を演じた歴代キャストの中で助さん、格さん、水戸光圀を演じたのは里見浩太朗さんただ一人。

そのため水戸黄門への思い入れは人一倍です。

テレビシリーズの水戸黄門が2011年に一旦終了となりましたが、2017年にBS-TBSで水戸黄門の復活が報じられました。

このニュースを聞き誰もが水戸光圀を里見浩太朗さんが演じると思ったことでしょう。

ところが蓋を開けてみると水戸光圀を演じるのは武田鉄矢さんでした。

「僕にオファーがなかったのは寂しい」

「誰が演じるにしても、視聴者を裏切らない番組にしてほしい」


復活する水戸黄門について里見浩太朗さんはこのような発言をしています。

水戸光圀を演じられない事を残念に思う気持ちが痛いほど伝わってきますね。

長年に渡り水戸黄門に貢献してきたので、今後も特別出演があるかもしれません。

伊吹吾郎はアイヌ?妻と離婚、娘・息子について。兄弟は伊吹剛?

東野英治郎の息子&孫も芸能人。結婚について。水戸黄門・西村晃との違いと共通点

西村晃の息子と死因について。特攻隊員の経歴、西村晃探検隊とは?水戸黄門について

菅原文太の息子は踏切事故で死亡。子供は娘が2人&孫は?

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。