江夏豊の伝説まとめ!結婚&家族は?通算成績&意外な球種と球速とは?

江夏豊の伝説まとめ!結婚&家族は?通算成績&意外な球種と球速とは?

「優勝請負人」や「20世紀最高の投手」と呼ばれ数々の伝説が語り草の江夏豊(えなつゆたか)さん。
意外すぎる球種と球速や通算成績について調べてみました。

数々の伝説を残した名投手の江夏豊

広島、日本ハムを優勝に導いたことから「優勝請負人」とも呼ばれた江夏豊さん。
今でも「20世紀最高の投手の一人」として名前を挙げられています。


そんな江夏豊さんと言えば数々の伝説を残したことでも知られています。
その中でも有名なのが「江夏の21球」。
野球に詳しくない人でも言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

「江夏の21球」が産まれたのは1979年の日本シリーズでのこと。
3勝3敗で迎えた第7戦目でリリーフとして7回から登板した江夏豊さん。

💩さん(@shigetomishit)がシェアした投稿

1点リードして迎えた9回に無死満塁という危機的状況を21球で切り抜け広島を初の日本一に導いたのです。
初めての日本一に大きく貢献したことから「江夏の21球」という言葉が誕生しました。

その他にも日本新となる奪三振記録を狙って王貞治さんから奪った、オールスターでの9者連続三振、自らサヨナラホームランを打ってノーヒットノーランを達成など江夏豊さんは多くの伝説を残しています。

江夏豊さんが現役の頃から「二刀流」という考えがあれば、江夏豊さんが二刀流の元祖になっていたとも言われています。
現役当時の江夏豊さんを知らなくてもどれだけ凄い選手だったかが良く分かりますね。

江夏豊の球種は2種類だけ?球速はどれくらいだった?

現在はダルビッシュ有さんや菅野智之さんに代表されるように複数の球種を操ることは珍しくありません。
ですが江夏豊さんが投げることが出来たのはストレートと殆ど曲がらなかったカーブの2種類だけ。

しかもプロ入りした直後はストレートしか投げることが出来なかったそうです。
それにも関わらず約250個もの三振を取った江夏豊さん。
その翌年にカーブを覚えると401個という三振の世界記録を打ち立てています。

江夏豊さんはなぜ少ない球種でこれだけの三振の山を築けたのか。
その秘密は江夏豊さんが投げるストレートの球質にあります。

全盛期の球速は150kmと速球派と呼ぶにふさわしいですが、ずば抜けて速いわけではありません。
ですが、江夏豊さんのストレートは2段階で浮き上がったと言われています。

実際に浮き上がったということは無いと思いますが、球筋が他の投手と違ったのは間違いないでしょう。
おそらく初速と終速の差が小さいストレートだったのではないでしょうか。

一説には江夏豊さんはシュートやフォークを投げたとも言われています。
もしかすると今はやりの手元で動くボールを当時から投げていたのかもしれません。

江夏豊は結婚してる?家族との関係は?

一流のプロ野球選手が結婚する相手と言えばアイドルやアナウンサー、女優にモデルなどですよね。
以前は大スターだった江夏豊さんが結婚したのは家柄のいい旅館の一人娘でした。

良家の一人娘だけあって結婚する時には「現役を引退した時は旅館を継ぐ」という条件があったそうです。
ですがその約束を受け入れることが出来なかった江夏豊さん。
結婚し子宝にも恵まれましたが結局は離婚してしまっています。


もし離婚せずに旅館を継いでいれば覚せい剤取締法違反で逮捕されるという汚点を残すことは無かったかもしれません。

江夏豊の通算成績は?

球史に残る数々の伝説を残している江夏豊さん。
一時の輝きで終わるプロ野球選手も多いですが江夏豊さんのどれだけの通算成績を残しているのでしょうか。

江夏豊さんがプロ野球選手歴は18年間。
通算で206勝、158負、193セーブ、防御率は2.49で奪三振は2987個。

受賞歴は最多勝が2回に最優秀防御率が1回、最多奪三振は6回、最優秀救援投手を5回。
更に投手としては最大の名誉である沢村賞も1回獲得しています。
江夏豊さんは記憶にも記録にも残る大投手ということが分かりますね。


その他にも史上初となる両リーグでのMVPや、オールスターゲームのMVPに選ばれるなど、ここ一番での勝負強さもありました。
もし今の時代に江夏豊さんが現役だったらどんな活躍を見せていたのでしょうか。
当時は夢で終わった大リーグ挑戦も果たせていたかも知れませんね。