山田五十鈴と娘・瑳峨三智子の確執。帝国ホテル住まいと遺産。養子会、孫の顔ぶれ

戦前・戦後を通じて芸一筋に生き、大女優の貫録を見せつけた山田五十鈴(やまだいすず)さん。

「男を食って大女優になった」といわれるように、4度の結婚をはじめ、恋愛遍歴もじつに華やかな女性でした。

娘で女優の瑳峨三智子さんの父親はいったい誰なのでしょう。

また帝国ホテルを自宅代わりにしていた理由や遺産について、養子会の豪華な顔ぶれ、たびたび孫と勘違いされる女優についてお送りします。

山田五十鈴と娘・瑳峨三智子の確執

13歳で映画デビューして以来、70年以上にわたって映画や舞台で活躍した山田五十鈴さん。

名だたる巨匠たちの名作に出演し、多くの女優賞に輝いた、存在そのものが映画史のような女優でした。

私生活も大女優にふさわしい華やかさで、4度の結婚だけでなく、恋の噂に上がった男性は数知れず。


女優の瑳峨三智子さんは初婚の夫・月田一郎さんとの間に生まれた娘です。

山田五十鈴さんは、都会的な二枚目俳優の月田さんにのめり込んで子供を身ごもり、結婚。

瑳峨三智子さんの生年月日が1935年3月1日ですから、18歳で出産したことになります。

しかし、妻が女優として揺るぎない地位を築いていったのに対して、夫は俳優として大成できず、収入に格差が生じるように。

まもなく二人は破局して、三智子さんは月田家に引きとられました。

母に捨てられた、と三智子さんが思ったとしても不思議ではありません。

両親の美貌を受け継いだ瑳峨三智子さんは、1952年に「嵯峨美智子」の芸名で東映から女優デビュー。

母娘は十数年ぶりの再会を果たしますが、三智子さんは母を「山田さん」と呼び、山田五十鈴さんもまた、先輩女優としてのスタンスをくずすことはありませんでした。

母娘の確執は、たびたび当時のメディアを賑わせていたそうです。

母譲りの妖艶さと演技力で将来が期待された瑳峨三智子さん。

ですが、岡田眞澄さんとの婚約解消や恋人の森美樹さんのガス中毒死など不幸が重なり、やがて金銭トラブルや薬物中毒を起こして失踪を繰り返すように。

母娘関係のわだかまりや大女優を母にもつ重圧に耐えきれず、不安定になったとも考えられますが、見方によっては母親に反抗している思春期の子供のようにも映ります。

そして1992年の夏、三智子さんはタイのバンコクでクモ膜下出血のため57歳で急逝。


この時、舞台稽古中だった山田さんは、「舞台を放りだすことはできません、それが私の宿命」と女優魂をみせました。

さて、三智子さんが他界した2か月後、もう一人の個性派女優がこの世を去っています。

昔から山田五十鈴さんの隠し子説がまことしやかににささやかれている太地喜和子さんです。

太地さんは自らの出生について、さる事情から生後まもなく実母と別れ、養父母に育てられたことを高校時代に知ったと明かしています。

さらにご本人が「母親は山田五十鈴」と話したことも一度や二度ではなかったそう。

はたしてこれは真実なのか、それとも山田五十鈴さんに対する敬愛の情が高じたものなのかはわかりません。

山田五十鈴さんも真相を墓場まで持って行ってしまいました。

晩年の帝国ホテル住まいと遺産について

山田五十鈴さんは2002年4月、住居としていた帝国ホテルの一室で脳梗塞で倒れました。

息をひきとったのは東京・稲城市の病院です。

京都の自宅を引き払い、ホテル暮らしをはじめたのは1980年頃のこと。

セキュリティは万全のうえにお手伝いさんも不要、さらに劇場に近いというメリットもあって帝国ホテルを選んだようです。

定宿というよりは自宅であり、とても便利と絶賛していました。

ホテル住まいは合う人と合わない人がいると思いますが、独り暮らしの山田さんにとっては現実的な理由があったのですね。


いずれにしても、帝国ホテルの一室を借りて住むには経済的にかなり余裕がなければ夢のまた夢。

山田五十鈴さんはそれができるほど資産があったということでしょう。

遺産総額も気になりますが、残念ながら情報はありません。

山田五十鈴さんクラスになると、1本の出演料が高額なのは想像に難くありません。

13歳で日活の撮影所に入社した時、すでに月給は幹部女優並みの100円でした。

キャリアは70年以上にわたり、出演した映画は250本以上。

娘の瑳峨三智子さんが他界しているため、通常なら親族の法定相続人が相続することになりますが、訃報記事には親族はいないという記述もありました。

遺産の行方は明らかになっていません。

山田五十鈴を母と慕う養子会、その豪華な顔ぶれ

娘の瑳峨三智子さんに先立たれたあと、心の支えになっていたのは山田五十鈴さんを芸能界の母と慕う俳優・女優たちの存在でした。

かわいがっていた市村正親さん、西郷輝彦さん、榎木孝明さん、十朱幸代さん、萬田久子さんら約20名からなる養子会です。

山田さんはメンバーから「おっかさん」「母上」などと呼ばれており、誕生日には養子会が企画したパーティーで、「ぬいぐるみをもらったの」と無邪気に喜ぶこともあったそう。

青山葬儀所で営まれた通夜には養子会のメンバーをはじめ、約600人が参列。

祭壇には天皇陛下からの祭祀料がまつられ、棺の中には養子会から贈られたスカーフやひざかけなどのゆかりの品々がおさめられました。

市村正親さんは「役者魂を教わった、私の芸の母が逝ってしまった」と別れを偲んでいます。

山田五十鈴の孫は井上和香?

山田五十鈴さんの孫についても関心が寄せられていますが、孫がいるという情報は出ていません。

「孫」の関連ワードで検索されるのは、おそらく井上和香さんとの関係が注目されているからでしょう。

もちろん井上和香さんは孫ではありません。

なぜ井上和香さんが注目されているかというと、井上さんの母の嵯峨京子さんと瑳峨三智子さんが混同されているのが原因のよう。

嵯峨京子さんは女優として活動した過去があり、35歳で結婚、引退しています。

その後は夫婦で割烹料理店を経営していましたが、2014年にすい臓がんのため死去しました。

2000年には女優として初の文化勲章受章者となった山田五十鈴さん。

先に杉村春子さんが受章を辞退していたため、迷った末、後進の女優のためにと決意したそうです。

山田五十鈴さんにとって、まさに女優は天職といえる仕事だったのではないでしょうか。


杉村春子の子供と夫。献立と沢村貞子の関係。性格は激情、後継者の太地喜和子

香川京子が結婚した夫は記者。息子東大の噂&家族。今の活動とは

淡島千景の夫、結婚せず生涯独身。淡路恵子との関係。岸信介、森繁久彌と交際の噂と死因

コメント