司葉子の現在(2024)。自宅は成城の豪邸&夫・相澤英之との結婚馴れ初め

小津安二郎作品や社長シリーズに出演し、美貌のスターとして活躍した司葉子(つかさ ようこ)さん。

2019年に夫の相澤英之さんを亡くして以降、2024年現在はどのような生活を送っているのでしょうか。

今回は司さんの2024年現在と、自宅は成城という情報、亡夫の相澤英之さんとの馴れ初めについて見ていきます。

司葉子のプロフィール

本名:相澤葉子(旧姓:庄司)

生年月日:1934年8月20日

身長:160cm

出身地:鳥取県境港市渡町

最終学歴:共立女子短期大学

所属事務所:東宝芸能

司葉子の現在(2024)

2024年で90歳の司さん。

近年は目立った芸能活動がないため、ファンは少し寂しい思いをしているかもしれません。

ですが、2020年代に入ってからも、司さんはたびたび話題になっています。


2020年には、第43回「日本アカデミー賞」にて会長功労賞を受賞。

美しい着物姿も披露していました。

この受賞は、長年の活動が高く評価された証ですね。

翌2021年には、岐阜県恵那市の日本大正村に「司葉子記念館」がオープン。

開館式典には司さんも出席し、テープカットをしていました。

この記念館には、司さんの写真や出演作のポスター、衣装など、貴重なものが多数展示されています。

新たな出演作の情報などは見かけなくなった司さんですが、記念館に行けば、過去の活躍をじっくり振り返ることができますね。

主演作のトークショーが話題

2022年も、司さんが久しぶりにその姿を見せたことが話題になった年です。

同年7月9日、1962年の主演映画『その場所に女ありて』が、東京都中央区の国立映画アーカイブ本館で上映されました。

そのスペシャルトークショーに、司さんが登場したのです。

詳しく調べずに会場へ行った人は、まさかの登場に驚いたようですね。

トークでの司さんは、「大人に切り替えた映画」と回想。

主人公の矢田律子は、広告代理店に勤めるキャリアウーマンでした。


それまでは少女役が多かったため、大人の演技にチャレンジしたことは、とても印象に残っているのかもしれませんね。

ちなみに、トークショーには上白石萌音さんも登場しています。

同日、上白石さんの出演作である『君の名は。』も同じ会場で上映されており、司さんと一緒にトークをすることになったのです。

レアな共演を目にして、興奮していた人も多かったのではないでしょうか。

出演作の初デジタル配信

2023年は、司さんが1986年に出演したドラマ『松本清張サスペンス 隠花の飾り』が注目を集めました。

初のデジタル配信が始まり、より多くの人が楽しめるようになったのです。

配信が始まったことで初めて見たという人も、多かったのではないでしょうか。

新しい出演作がなくても、過去の名作が見やすくなるのは素晴らしいことですね。

ちなみに、同ドラマの原作小説は短編集。

ドラマ版も複数のエピソードを並べたオムニバス形式となっており、司さんは第2話の『見送って』で主演を務めています。

司葉子の自宅は成城の豪邸

司さんの自宅は、高級住宅街の成城にあります。

巨大な書庫があるそうなので、成城のような一等地に自宅があるというのは納得ですね。

司さんの息子である宏光さんは、表参道にある皮膚科クリニックの院長で、両親の自宅から徒歩5分の所に住んでいるそうです。

妻は歌手でタレントの相田翔子さん。

一時は夫と、2012年に生まれた娘と共に、姑の豪邸に同居していたそうです。

嫁姑関係は良好で、かわいい孫にも恵まれ、司さんは満足していることでしょう。

いざという時は、すぐ近所に住む息子夫婦に支えてもらえる、理想的な環境ですね。

亡夫の相澤英之との馴れ初め

大女優の司さんと、大蔵省官僚の相澤さん。

一見、接点がなさそうな2人ですが、司さんの義兄による紹介で知り合ったといいます。

相澤さんには結婚歴があり、息子も2人いました。

しかし妻に先立たれた結果、息子たちを抱えて途方に暮れていたところ、親友である司さんの義兄が彼女を紹介したのです。

司さんは彼が、官僚とは思えないほど芸能に詳しかったため、芝居や映画の話で意気投合。


出会いからわずか半年で結婚したそうです。

司さんにとって理想の夫婦は、哲学者のサルトルとボーヴォワールのように、それぞれ自立している夫婦でした。

夫は理解を示してくれたため、結婚後も引き続き女優活動に打ち込めたそうです。

お互いの意思を尊重し合えるだけでなく、芸術という共通の話題がある点で、2人は理想のパートナーに出会えたのでしょう。

司さんは夫が遺した蔵書を、「整理したい」という気持ちと、「いつまでも傍に置いておきたい」という気持ちに葛藤しているかもしれません。

理想のパートナーの形見が処分されず、しかるべきところで保存されれば、ようやく安心できることでしょう。

夫の蔵書で苦労

相澤さんを2019年に亡くして以来、司さんは何度かメディアの取材を受けています。

相澤さんは元大蔵官僚でしたが、政治のみならず文学や芸能にも造詣が深い人物でした。

とくに歌舞伎が好きで、大学在学中は歌舞伎研究会に所属し、歌舞伎座に入り浸るほどのファンだったそうです。

高齢になっても並外れた好奇心と行動力を備え、84歳にして弁護士資格を取得しています。

そんな相澤さんは、数万冊の蔵書を所蔵していました。

自宅の地下にある書庫へ、膨大な蔵書を収めていたのですが、司さんは書庫の状況を把握していなかったようです。


夫の死後、様子を見るために書庫へ入るや、圧倒的な蔵書量に驚いたといいます。

可動式の書架が12列並び、すべてに隙間なく本が並んでいたそうです。

書籍のジャンルは政治、文学、歴史、演劇、自然科学などさまざまでした。

シベリア抑留を経験した相澤さんは、思うように読書できない時期を知っている分、帰還後はむさぼるように読書したようです。

書店で少しでも気になった本を購入し続けた結果、蔵書量は膨れ上がりました。

夫の死後、たった1人で蔵書を整理することは、80代の司さんには不可能でした。

そんな中、朝日新聞で書庫の様子が報じられたことで、国が資料調査を申し出ます。

貴重な資料を調査した上で、収容、保存できる場所へ提供することになりました。

担当者から、「調査が終わるまで蔵書を捨てないで」と念を押された司さん。

「調査終了まで生きていられるかしら」と不安がりながらも、待つしかなかったようです。

その後の調査については不明ですが、コロナの影響もあったと思われるので、予定より長引いたかもしれませんね。


大切な人の遺品を処分できず困っている人は、司さんだけではありません。

国や博物館が積極的に調査を進めることで、残された家族の負担を減らし、資料を守っていくことが重要でしょう。

関連記事
司葉子の息子は3人。長男は名誉教授、次男は経営者&三男・相澤宏光は医師

岸惠子の現在(2023)。自宅はパリから横浜へ。夫との離婚理由、フランス語の実力と食生活

原節子、マッカーサーの愛人説はデマ。結婚せず旦那や子供はいない&小津安二郎との純愛

原節子の晩年と引退後。鎌倉、狛江の自宅について。引退理由とは

山田五十鈴と娘・瑳峨三智子の確執。帝国ホテル住まいと遺産。養子会、孫の顔ぶれ

相田翔子の実家は東村山。母親は明るい人、父親はタイル店経営。自宅は成城?学歴まとめ

相田翔子の旦那・相澤宏光の家系図がすごい!結婚馴れ初めまとめ。夫の職業は医師&離婚の噂

コメント