名古屋章の死因の病とは?息子2人&家族まとめ!最近はポテトヘッドで話題!

個性派俳優として活躍した名古屋章(なごやあきら)さん。
今話題のバイプレーヤーの第一人者と言えるかもしれません。

ポテトヘッドの声優だった名古屋章


文学座出身で劇団雲の設立に参加するなど演劇人だった名古屋章さん。
演技力は高く評価されており、第6回紀伊国屋演劇賞の個人賞や芸術祭演劇部門の大賞など権威ある賞を受賞しています。

ルックスは決して二枚目とは言えない名古屋章さんですが声は完全な二枚目。
顔が表には出ないラジオドラマでは二枚目を担当し多くの女性ファンがいたそうです。

持ち前の美声を活かして声優としても活躍していた名古屋章さん。
声優としての代表作と言えば「トイ・ストーリー」シリーズのMr.ポテトヘッドと「ピタゴラスイッチ」の百科おじさん。

人気や知名度だけで声優に起用される若手俳優が増えています。
ですが、そういった作品はあまり好評とは言えないのが事実。
名古屋章さんのように確かな演技力を持った俳優を声優に起用する作品が増えていって欲しいですね。

ものまねされることが多かった名古屋章

芸能界にはものまねをされやすい人、されにくい人がいますね。
名古屋章さんはどちらかと言えばものまねをされやすい人だったかも知れません。

名古屋章さんのものまねと言えばダチョウ倶楽部の肥後克広さんが有名。
ものまね番組では度々、名古屋章さんのものまねをしていました。
肥後克広さんと名古屋章さんはバラエティ番組で共演もしています。

ですが、名古屋章さんの死去後、肥後克広さんはものまねを封印。
名古屋章さんの喋り方をデフォルメして笑いを取るものまねだったことで封印を決意したのでしょう。

また、芸能界の先輩である名古屋章さんを尊敬し尊重する思いもあるのでしょうね。

名古屋章の家族は?息子が芸能人?

「名古屋章」という珍しい名前から芸名と思われがちですが実は本名です。
「名古屋」という珍しい苗字と父親の名前が「愉快」だったことで幼少期はからかわれていたといいます。

そんな名古屋章さんは既婚者。
奥さんの名前は千鶴子さんと言うそうです。
ですが一般の方のようで詳しい情報は見つかりませんでした。


名古屋章さんと千鶴子さんの間には2人の息子がいるようです。
長男の名前は裕さんで、次男の名前は泉さん。

息子さんも詳しい情報がありませんので一般の方のようですね。

名古屋章の死因は?

2003年6月24日に72歳で亡くなった名古屋章さん。
死因は肺炎でした。

名古屋章さんは2003年6月14日に腰を強打し救急車で運ばれて入院。
23日の夕方に肺炎となり様態が急変し帰らぬ人となりました。

2003年3月には脳腫瘍の手術を受けたため同年4月に出演予定だった舞台は降板。
自宅療養を経て仕事に復帰しドラマに出演したり声優を務めたりと精力的に活動していました。
同年9月まで仕事のスケジュールが入っていたそうです。

亡くなった名古屋章さんについて長男の裕さんは次のように語っています。

(引用)父は舞台で死にたいと言っていました。現役のまま亡くなった形だから、本人にとっては良かったのではないでしょうか(引用)

生涯現役にこだわる名古屋章さんの仕事にかける熱い思いが伝わってきますね。

シェアする