反町理が結婚した妻と離婚?家族は?フジテレビ報道番組で評判!

日本人は相手の顔色を窺い言いたいことを言わない気質があります。

ですが反町理(そりまちおさむ)さんは言いたいことをズバズバ言ってくれる数少ない真のキャスターです。

そんな彼の経歴や妻の有無、番組での評判などを調べてみました!

フジテレビ反町理って誰?経歴をご紹介

視聴率と番組に対する評価が止まらないフジテレビ。


そんなフジテレビにおいて珍しく高く評価される報道番組があります。

それは「BSフジLIVE プライムニュース」。

「BSフジLIVE プライムニュース」はフジサンケイグループの看板番組にふさわしいと評価する人もいるほどです。

そんな「BSフジLIVE プライムニュース」においてキャスター兼編集長を務めるのが反町理さん。

生放送の「BSフジLIVE プライムニュース」は専門家や当事者を招いて討論する形式の番組なのですが鋭い眼差しでズバズバと意見をいう反町理さんに今注目が集まっています。

まず、反町理さんに人物像の前にまずは経歴をご紹介しましょう。

早稲田大学を卒業した反町理さん。

大学在学中には早稲田大学雄弁会に所属していました。

早稲田大学雄弁会は海部俊樹さんや小渕恵三さんなど多くの総理大臣経験者や政治家を輩出した弁論クラブ。

反町理さんは大学在学中の頃から弁論の腕を磨いていたようです。

1987年にフジテレビに入社した反町理さん。

しかし、希望する政治部へはスッと行けた訳ではありませんでした。

まず、2年間は報道カメラマン、そして、ニュース番組のスポーツコーナーのディレクターを1年務められています。

さらには、特派員としてワシントンで3年6ヶ月を過ごします。

その最中、現地の政治家へインタビューする機会を得た反町理さん。

しかし、英語も流暢とはいかず、質問も限られたことしか聴けないことから、拒否されることも多かったそうです。

この経験を糧に、青山学院への社会人大学院国際政治経済学研究科国際政治学専攻へ進学されています。

これが功を奏したのでしょうか、帰国後は経済部だった反町理さんですが、ようやく政治部へ辿り着くのですね。

念願の人事異動、その後は政治部デスクや首相官邸担当キャップを歴任されます。

バリバリキャリアを積んでいた反町理さんですが、2009年に転機が訪れます。

それこそが、『BSフジLIVE プライムニュース』のキャスターに抜擢されたことでした。

しかし、ご本人としてはテレビ出演を目的としてフジテレビに入ったのではないとして当初は拒否したそうです。

身長178cm、体重100kgの巨漢ですし、こうしたオファーが来ることも考えていなかったのかもしれませんね。

その最中で、一定の条件を提示した上で引き受けたとのことです。

ワイシャツは着なくても良い、背広の下は半袖のシャツで良いみたいな身だしなみについての条件もあったのでしょうか?


キャスター受諾後も順調に出世を続ける反町理さん。

2010年6月29日付人事異動にて、ついに政治部長に、そして、2013年には、ご自身の番組の編集長にまでなっておられました。

いわば、『BSフジLIVE プライムニュース』は反町理さんに任せるというフジテレビ側の意思表示でしょうか。

勢いは、まだ止まりません。

2017年7月1日付で報道局解説委員長に就任されています。

これで、名実ともにフジテレビの解説員のトップとなった反町理さんは、2018年から満を持して地上波へ進出します。

それが、『プライムニュースイブニング』ですね。

編集長の役職とともに、BS版は降板し、平日メインの1人として君臨されていました。

とはいえ、当初は別のアナウンサーが務めるはずだったのですが、あるスキャンダルを理由に起用を見送られました。

そのアナウンサーとは、登坂淳一さんです。

その名を聞けば、事情はNHK札幌放送局時代のセクハラのことだと分かるでしょうか。

つまり、反町理さんの起用は、登板淳一に代わる緊急登板だったわけですね。

『麿』と称される彼がフジテレビでニュースを読む姿も見てみたいところでしたね。

2020年現在は、すっかりバラエティの人になっておられます。

反町理さんはというと、2019年3月を以って『プライムニュースイブニング』が終了、BS版にカムバックされています。

復帰を公にした「プライムニュースの集い」では、ドラマなどでもよくパロディを耳にする横井庄一さんの名言を踏まえてコメントされたそうです。

『恥ずかしながら…』というあれですね。

とはいえ、報道番組でもあってか、笑いを取りに行ったというよりは、真摯に、横井庄一さんの思いに近づきたい旨を話されたそうです。

ここまでの経歴を見ると反町理さんは非常に堅物というイメージを持つ方がほとんどでしょう。

ですが反町理さんにはユニークな一面もあります。

反町理さんのプロフィールを見ると一目瞭然。

とくに趣味の欄がなかなかお茶目です。

先頭に、草野球があります。

これは普通ですね。

しかし、次に『下手な』ゴルフときています。

わざわざ…といった感じですね。

ところが、これだけでは終わりません。

というのも、その次が『もっと下手な』テニスだからです。

むしろ、野球は上手いのかな〜なんて期待が生まれてきそうですね。

ちなみに、その次はといいますと…『寝てしまう』映画鑑賞でした。

1900円ほど払って、それももったいない気がしますが、まあどれももちろん謙遜でしょう。

単なる堅物の方がこのようなユニークなプロフィールを書けるでしょうか。

知識が豊富で弁論の腕もありユニークな面もある。

まるで池上彰さんのようです。

ちなみに、ツイッターもされている反町理さん。

やはり、政治に関する発言も多く、なかには批判的なものも多いですね。

ところが、ご自身はツイッターそのものをメモ替わりに使っていることを公言されています。

こういうスタンスや仕事柄もあってか、あまり炎上というのは耳にしません。

また、たまにこうしたお茶目なツイートがあるのも憎めないところですね。

こうした部分を評価してか、週刊誌によると、キャスターよりもご意見番向きと評価するところもあるようです。

局は違いますが、張本勲さんのように、政治やニュースに対して、喝やあっぱれを入れていくスタイルの番組ができれば面白いですね。

反町理は離婚を番組で発表?結婚相手は誰だった?

輝かしい経歴を持つ反町理さんですが離婚していることを明かしています。

それも反町理さんがキャスター、編集長を務める「BSフジLIVE プライムニュース」の番組内で。

正式な離婚時期は不明ですが離婚したこと自体は間違いないです。

では反町理さんの結婚相手とはどのような方だったのでしょうか。

調べてみましたが情報が一切見つかりませんでした。

フジテレビに限らずテレビ局では女子アナと社員が結婚するケースも良くあります。

もし、反町理さんの結婚相手が女子アナであれば話題になっているはず。

まったく話題になっていないということは反町理さんのお相手は一般人であると考えるのが妥当でしょう。

離婚の原因も明かしていません。

多忙な反町理さんなのですれ違いによるものかもしれません。

反町理の評価を一気にあげる放送回があった

「BSフジLIVE プライムニュース」というBS番組のキャスターだった反町理さん。

地上波と異なりBSは見る人も少ないため反町理さんの評価もごく限られた人によるものでした。


ですがある日の放送が機となり反町理さんの名前と評価が一気に高まりました。

それは元東京都知事の舛添要一さんが登場した2016年5月12日の放送。

政治資金問題で世間をにぎわせていた舛添要一さんが「BSフジLIVE プライムニュース」ということで世間も注目した放送でした。

その時の反町理さんの鋭い切り込みが大きな話題となりました。

これは反町理さんだからこその評価であり、ルックス重視で選ばれるような局アナだとここまで高評価を集めるような討論は出来なかったでしょう。

以前は「バラエティーのフジテレビ」と言われていました。

ですが、反町理さんほどの優秀な人物がいるのであれば報道路線に切り替えたほうが良さそうな気がします。

反町理のプロフィール

芸名:反町理

本名:反町理

生年月日:1964年4月26日

身長:178cm

出身地:神奈川県

最終学歴:青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修了

所属事務所:フジテレビジョン

フジテレビアナウンサー関連記事
西山喜久恵の子供は何人?旦那はだれ?離婚は嘘&現在もかわいい!

杉崎美香の現在!結婚は再婚ではなく初婚&子供を妊娠出産?涌井との破局理由は?

中井美穂が病気はがん?人工弁(ストーマ)を付けて世陸!現在の様子まとめ

谷岡慎一と桑子真帆が離婚の原因は?結婚・熱愛が噂された彼女は?和田正人も離婚に関係?

佐藤里佳の現在はアナウンス室長?結婚した夫や子供(娘)の情報まとめ

椿原慶子の大学&学歴とプロフィールまとめ!英語力は?性格が良いのは育ちが影響?

中村江里子の子供エピソード!長女へのプレゼントがすごい!次女が原因で夫婦喧嘩?現在まとめ!

コメント

  1. コメンテーターは優秀であっても、司会者としての口数が多過ぎ、しかも早口過ぎるために意味が聞き取れない。真剣な話し合いにも関わらず、笑い方が極端に下品であり、
    重要な課題の番組でありながら、番組の品格を落とす。国際問題のニュースキャスターとしては最も品格がない、最も不適切な司会者である。それが分かりながら視るのは話題とコメンテーターの経歴があってのこと。娯楽系と言われるフジTVには、やっぱり彼以外に人材がいないのだろうか?電話で何度も忠告したことがあるが直らない。