渡辺裕之の妻、原日出子との馴れ初め。子供は息子・娘も芸能人&自宅が豪邸

いつまでも年齢を感じさせずに元気ハツラツなイメージをもつ渡辺裕之(わたなべ ひろゆき)さん。

同世代の男性からすると「中年の星」といった存在かもしれません。

そんな名俳優が、2022年5月に亡くなるという衝撃の出来事がありました。

今回は奥様との馴れ初め、またお子さんやご自宅といったプライベートについてまとめました。

渡辺裕之のプロフィール

本名:渡邊裕之(わたなべ ひろゆき)

生年月日:1955年12月9日

没年月日:2022年5月3日(66歳没)

身長:176cm

出身地:茨城県水戸市

最終学歴:拓殖大学商学部経営学科

所属事務所:ユニコン株式会社

渡辺裕之の妻、原日出子と結婚

俳優として着実にキャリアを積み重ねていった渡辺裕之さんは1994年に女優の原日出子さんと結婚。

渡辺さんは初婚ですが原日出子さんは再婚でした。

原日出子さんが最初に結婚した時は出来ちゃった結婚だったようです。


互いのことを深く知る前に妊娠したことで結婚。

その結果、夫婦で意見が食い違うことが多いことに気付き離婚したと言われています。

渡辺裕之さんと原日出子さんは結婚してから亡くなられる最後まで仲の良い日々を送っていたそうです。

特に渡辺さんは毎日のスキンシップを欠かさなかったそうです。

2001年にはパートナーオブザイヤーも受賞していた二人。

芸能界ではおしどり夫婦と言われながらも離婚してしまう夫婦もいます。

ですが渡辺裕之さんと原日出子さんは、理想的な夫婦だったのではないでしょうか。

妻・原日出子との馴れ初め

結婚して25年以上たった晩年も、ハグをするなどアツアツだったと言う渡辺裕之さんと原日出子さん。

二人の出会いのきっかけは、ドラマでの共演とのことでよくあるパターンですね。

新幹線での移動中に、渡辺裕之さんから原日出子さんに告白し交際を申し込んだそうです。

そして、交際中に原日出子さんの手料理に胃袋を掴まれ結婚へ。

ドラマのような馴れ初めではないですが、夫婦円満の秘訣は美味しい料理にあるのかもしれませんね。

渡辺裕之の子供は何人?息子と娘も芸能人

渡辺裕之さんは原日出子さんとの間に1男1女がいます。

ですが渡辺裕之さんの子供は2人だけではありません。

上述の通り原日出子さんは前夫との間に子供(娘)が一人います。

原日出子さんは子連れ再婚だったので渡辺裕之さんの子供は三人なんです。

渡辺裕之さんは原日出子さんの連れ子である長女のことも区別することなく大変可愛がっています。

2010年に娘が結婚した時には大変落ち込んでしまったんだとか。

渡辺裕之さんの長男と次女はともに芸能界に進んでいます。

長男の渡辺貴裕さんは2012年に俳優デビューし、舞台を中心に活動しています。

主な出演作品は、

「ヴェローナ物語」、「1005804237」、「熱海殺人事件」 、「ミュージカル忍たま乱太郎第9弾」、「陽だまりの中で」、「かくりよの宿飯」、朗読劇 「wizards witchery」などがあげられていました。

親の七光りで活躍する二世タレントが多いですが、渡辺貴裕さんは両親の力を借りることなくオーディションに参加したそうです。

両親に頼ることなく自分の力だけで道を切り拓いていくなんて好感度が高いですね。


次女の渡辺磨裕美さんも芸能活動をされていますがあまり詳しい情報は見つかりませんでした。

どうやらミュージカルなど舞台を中心に活動されているようです。

渡辺裕之の自宅はどこ?大豪邸すぎ?

現在横浜に自宅を構えているという渡辺裕之さん。

2017年9月に、横浜市都筑区にある都筑警察署で一日署長をつとめたことから、横浜市都筑区在住と言われています。

有名な俳優と女優の自宅ということで、その豪邸ぶりが話題になっていました。

巨大なジャグジーやカラオケルームにトレーニングルームがあるという渡辺裕之さんの自宅。

ワインセラーもあり家族の誕生年のワインが貯蔵されているそうです。

また、クリスマスの時期には渡辺裕之さんがイルミネーションで自宅飾り付け。

命綱を付けるほど大がかりなセッティングなんだとか。

どこか日本人離れした印象がある渡辺裕之さん。

渡辺裕之さんらしさが溢れた自宅となっているようですね。

渡辺裕之の死因

1982年に大正製薬の「リポビタD」のCMに出演したことで脚光を浴びた渡辺裕之さん。

お馴染みとなった「ファイト一発」のキャッチフレーズが使われたのも丁度この頃でした。

還暦を過ぎても、トレーニングにはげみ身体を鍛えていた渡辺裕之さん。

2022年5月3日に自宅のトレーニングルームで縊死(いし:首吊り死)をしている状態で家族に発見されました。


本当にあまりの突然の出来事に、家族の方はもちろん大勢のファンもショックを受けました。

遺書などが残されていたという報道は無かったため、最後までその真意は分かりません。

しかし、新型コロナウイルスが蔓延し始めてから、自律神経失調症・心の病にかかっていたそうです。

「コロナの最初の自粛の頃から、人一倍家族思いで心配性な夫は、先行きの不安を口に出すようになり、考え込むことが多くなりました」

自律神経失調症は、睡眠不足や鬱の状態になりやすくなる病です。

そして、ほんとうにふとした瞬間に、すべてを終わらせてしまいたくなる病でもあります。

きっといつもと同じように食卓を囲み連絡を取り合っていた、残された家族の気持ちを考えると、とても心が苦しくなりますね。

2020年から蔓延をし始めたコロナが原因で、非常に多くの命が奪われました。

強くたくましいイメージの渡辺裕之の死因は、縊死という全く予期せぬ最後となりました。

きっと良くなる未来が近づいているため、原日出子さんのように前を向いて歩んでいきたいですね。

自宅がガラクタだらけだった?

横浜市の豪邸に住んでいた渡辺裕之さんですが、自宅はガラクタだらけという情報がありました。

物が捨てられなくて、ゴミ屋敷状態なのでしょうか。

どうやら、渡辺裕之さんの趣味のコレクションで自宅が溢れかえっていたそうで、2020年10月24日放送の「有吉反省会」でその事実を明かしました。

「有吉反省会」は、芸能人が自らの過ちを告白し反省するという内容のバラエティー番組。

番組に出演した渡辺裕之さんは、無駄なものにお金をかけ過ぎて家族に迷惑をかけていることを反省されていました。

そうは言っても本人にとっては、何一つ無駄ではなく全て意味があるものらしいのです。

渡辺裕之さんのコレクションの中にこんなものがありました。

例えば、シンバル80枚は保管していたのか気になります。

シンバルはアメリカまで買いに行くというこだわりぶりで、その総額は400万円。

また、ドラムセットが多いときには6台もあったそうです。

さらに、200万円の日焼けマシーンやラジコンヘリにエアガンといった収納しづらいものばかり。


普通の自宅なら到底収まりきらないコレクションの数々です。

興味のない家族からしてみたら、ガラクタそのものでこっそり捨てたくなってしまうかもしれません。

ですが、妻の原日出子さんはそんなことせず、温かい目で優しく見守っていたことでしょう。

それらの私物が、とても大事な思い出として、家族の中で大切に残されているのではないでしょうか。

関連記事
渡辺裕之はゴルフ&ドラムはプロ級で筋肉がすごい!渡辺謙と兄弟?リポビタンdでブレイク!

原史奈が現在結婚している夫は一般人。趣味のゴルフ&渡辺裕之との関係

コメント