橋本じゅん(俳優)は結婚&子供はいる?直虎で嫌われ者に?あのレミゼにも出演

出演した作品全てで強烈なインパクトを残している橋本じゅんさん。
ドラマや映画、舞台で多くの場数を踏んできた橋本じゅんさんが名バイプレーヤーと呼ばれる日は近いでしょう。

俳優の橋本じゅんとは?

芸能事務所enchanteと劇団☆新感線に所属する橋本じゅんさん。


大阪芸術大学の芸術学部舞台芸術学科在学中の1985年に劇団☆新感線に参加して以降、看板俳優として活躍。
その後も劇団☆新感線や外部公演など舞台を中心に活動していました。

それまでは知る人ぞ知る演技派俳優だった橋本じゅんさん。
1992年のNHK連続テレビ小説「ひらり」に熱狂的な阪神タイガースファンの出演したことで世間にも認知される存在に。
橋本じゅんさんは同作のおかげで翌年には阪神戦で始球式を行っています。
ドラマの役柄上、阪神タイガースファンを演じた橋本じゅんさんですが実際は広島東洋カープの大ファンだそうです。

2017年からは出身大学である大阪芸術大学の芸術学部舞台芸術学科で専任教授に就任。
自身の俳優活動と並行して若者の育成にも尽力されています。

橋本じゅんは結婚して子供がいる?

橋本じゅんさんは40歳で結婚して娘が1人いるようです。
40歳での結婚ということでかなりの晩婚ですね。
長年、舞台が活動の中心だったため家庭を持つのが遅くなったのでしょうか。

なお結婚相手や子供の詳しい情報は公開されていません。
ですので一般の女性と結婚した可能性が高そうです。

以前、橋本じゅんさんは

本音が話せるのは、家より舞台

と語っていたことがあります。
本音で話せるのが自宅ではなく舞台ということは恐妻家なのかもしれませんね。

橋本じゅんが直虎で嫌われた?

柴咲コウさんが主演した大河ドラマ「おんな城主 直虎」に橋本じゅんさんは近藤康用役で出演。
橋本じゅんさんが演じた近藤康用は高橋一生さんが演じた井伊家の筆頭家老である小野但馬守政次を死罪に追い込んだ人物。

人気俳優の高橋一生さんを死罪にした張本人ということもあり当時は橋本じゅんさんを批判する声が多かったようです。

役とはいえ脚本家にまで嫌われていたという橋本じゅんさん。
それだけ橋本じゅんさんの演技が素晴らしかったということでしょう。
舞台で磨き続けた高い演技力を見せつけた瞬間でもありますね。

橋本じゅんがレミゼに出演?

1987年に帝国劇場で初演されたミュージカルの「レ・ミゼラブル」。
イギリス、アメリカに続き世界3番目、非英語圏としては初の上演であり大きな話題となりました。

今もなお高い人気を誇るレ・ミゼラブル。
その理由の一つが全ての役がオーディションによって決まること。
時代を代表するミュージカル俳優が集結しますのでレ・ミゼラブルが人気なのも当然でしょう。

2017年に日本初演30周年記念として全国各地で公演されたレ・ミゼラブル。
この特別な公園に橋本じゅんさんは出演していました。
もちろん出演はオーディションで勝ち取っています。

高い演技力と安定した歌唱力を備え持つ橋本じゅんさんだけに観劇に来たお客さんからの評価も上々。


ドラマや舞台での評価がうなぎ登りの橋本じゅんさん。
これから益々名バイプレーヤーとして多くの作品に関わっていきそうな予感がします。

コメント