升毅の嫁は元女優。娘・升ノゾミも女優。父親はテレビ局社員&牧野エミのベンツが愛車

升毅(ますたけし)さんは、バイプレーヤーとして数々の作品にスパイスを添える俳優です。

そんな升さんは既婚者ですが、嫁は誰なのでしょうか。

また、娘・升ノゾミさんがどんな方なのかも気になります。

他にも父親のことや愛車が牧野エミのベンツという話題についても調べてみました。

渋いイケオジ俳優のプライベートについて興味のある方は、ぜひ最後までお付き合いください。

升毅のプロフィール

愛称:不明

本名:升毅

生年月日:1955年(昭和30年)12月9日

身長:180cm

出身地:東京都

最終学歴:近畿大学商経学部卒業

所属事務所:ケイファクトリー

升毅の嫁は元女優。別居説は本当なの?

升毅さんは嫁と離れて暮らしています。

しかし、調べてみると夫婦関係が悪くて別居しているわけではなく、仕事のために単身赴任しているということのようです。

嫁は劇団・五期会の稽古で知り合った元女優です。


とはいえ既に引退し、今は一般人なので、奥様に関する情報はそう多くありません。

さて、夫婦は以前は揃って大阪に暮らしていたようです。

ところが、升さんが40歳の頃に仕事で東京に単身赴任することになり、それからは離れて暮らすようになりました。

夫の上京した年齢が比較的遅いことを考えると、奥様は奥様で大阪に生活の基盤を築いていたでしょうし、仕方がなかったのでしょうね。

夫婦が一緒に暮らしていないと聞くと、夫婦関係が冷え切っているとイメージしてしまいがちです。

しかし、升夫妻の場合は、離れて暮らしたくらいではきれない強い信頼関係で結ばれているのではないでしょうか。

升毅の娘・升ノゾミは女優

升毅さんには、ノゾミさんという娘がいます。

1980年生まれなので、2024年は44歳になりますね。

さて、ノゾミさんは、劇団・黒色奇譚カナリア派に所属する女優でもあります。

基本的には舞台で役者として活動していますが、声優の仕事をすることもあるようです。

さて、親子で俳優となるとこれまでに共演がないのか気になりますよね。

そこで調べてみると、実は2014年に『一郎ちゃんがいく。』という舞台で共演していました。

ちなみに、同舞台の主演は升毅さんだったので、娘も一緒に出してほしいと頼んだのかと思いますよね。


しかし、そんなことはなく、長女はオーディションを受けて自力で舞台出演を果たしています。

芸能人の子というと、七光りと言われることがおおいですが、升家に関してはそんなことはなさそうですね。

さて、この舞台を観に行った方の情報によると、最終日には升さんが”親子共演できました”と話していたといいます。

あまり大っぴらにしていなくても、娘と一緒に仕事できたことがうれしかったのでしょうね。

ところで、升さんの娘はMCやモデルとして知られるますあやさんと思っている方もいるかもしれませんね。

しかし、ますあやさんは姪であり、娘ではありません。

何はともあれ、いつか再び升親子の共演が見られる日が楽しみです。

升毅の父親はテレビ局の社員

升毅さんの父親はテレビ局で音響スタッフとして働いていました。

子供時代はこの父親の仕事の関係で、引越しが多かったと明かしています。

具体的には、幼稚園までは東京、その後小学校は大阪で入学したものの、2年生の時には再び東京に戻りました。

その後、小学校卒業までを東京で過ごしてから再び大阪へ戻ったというので、全国を転々というよりは東京と大阪を行ったり来たりしていたのですね。

きっと父親は、東京や大阪のような大都市にある大きなテレビ局の社員だったのでしょう。

ところで、父親はアマチュアとして芝居をしていたことがあるようで、過去にラジオドラマへの出演歴もあるのだとか。


また、家には父親の仕事の影響で劇団四季の団員が遊びにくることもあったといいます。

そんな環境で育ったせいか、昔から升さんにとって演劇界は手の届かないような遠い世界ではなかったようです。

とはいえ、彼は始めから役者になろうと思ったわけではありませんでした。

当時流行っていた郷ひろみさん・西城秀樹さん・野口五郎さんら新御三家を見て、アイドルになりたいと考えたといいます。

しかし、恥ずかしくてそうとは言えなかったため、”役者になりたい”と言っていたのだとか。

ちなみに、大学へは行かずに芸能界を目指したいと打ち明けた際には、反対はされなかったものの父親にある条件を出されてしまいます。

それは、大学に進学し4年で卒業するという条件でした。

実際のところ升さんは、勉強が嫌いで受験勉強をしたくないがために役者を目指すことにした節があったといいます。

しかし、父親にそのような条件を出された以上大学に行かないわけにはいかなくなり、慌てて勉強して大学に進学しました。

そして父親との約束を果たし、晴れて夢であった役者の道に進んだのです。

升毅さんは、2世俳優というわけではありませんが、俳優になった背景には父親の影響がありそうですね。

升毅の愛車は牧野エミのベンツ

升毅さんはメルセデスベンツの車に乗っています。

そしてその車は、もともとは盟友・牧野エミさんの愛車でした。

升さんは18歳の時に安い中古車を購入したのを皮切りにスズキ・マツダ・ホンダなど国産車を乗り継いでいました。


しかし、2012年に牧野さんの愛車を譲り受けて以来10年以上もその車に乗り続けているといいます。

牧野エミさんは、関西出身の女優で、1985年に升さんや立原啓裕さんとともに劇団ユニット・売名行為を結成しました。

2000年代には大変な人気を博し、関西が生んだ稀代のコメディエンヌと呼ばれていたのだとか。

しかし、そんな彼女は、2012年に膵臓癌でこの世を去ります。

まだ53歳の若さでの急逝ということで、やり残りしたことがたくさんあったに違いありません。

さて、そんな牧野さんは、生前メルセデスのG500ロングという車に乗っていました。

その車は、ドイツ車らしく、ごつい・頑強な見た目をしています。

女性が乗るには厳ついという印象ですが、升さんはそんな車選びにも芯の強い牧野さんらしさが表れているといい、好ましく考えているようです。

生前、牧野さんはそんな愛車をとても大事にしていたはずですが、彼女が他界したあとは乗り手がいなくなっていまいました。

そのため、遺族は廃車にするしかないと考えていたようです。

それを聞いた升さんは、なんとかしたいという思いから、遺族に車を自分に譲ってくれるよう頼んだといいます。

すると、遺族の方も”ぜひ乗ってください”と、申し出を快く受け入れてくれたそうです。

遺族としても、エミさんの思い出が詰まった車が廃車にならずに済んだことが嬉しかったでしょうね。

ちなみにその車のナンバーは”○○39″、サンキューなのだとか。


まるで、牧野さんが愛車を引き取ってくれた升さんにお礼を言っているようにも見えますね。

升さんはこれからも亡き盟友の形見であるベンツに出来る限り長く乗り続けたいといいます。

関連記事
升毅の若い頃はイケメン!似てる噂は志垣太郎と岸優太&ピアスが似合うイケオジ

小木茂光の結婚した妻と息子について。一世風靡リーダーで哀川翔が恐れた?

橋本じゅんは妻がいて結婚している!息子はなく娘がいる&家族の中では寡黙な父

遊井亮子、結婚した夫・浦川ディレクターと離婚危機?結婚の馴れ初めとは

小日向文世、奥さんとの結婚は39歳。性格がよく現在は主婦の妻&病気なし

小日向文世の息子は二人!長男・星一、次男・春平で息子と共演&娘はいない

小日向文世は年収4千万?自宅がおしゃれ。愛犬家なのに犬嫌い役。実家は三笠市&父親の噂

コメント