目黒祐樹の娘と息子は俳優?妻も芸能人?兄弟&家族が豪華すぎ!現在は病気?

凛々しい眉毛に優しそうな目元が印象的な目黒祐樹(めぐろ ゆうき)さん。
俳優はもちろん歌手に司会とマルチに活躍されています。

目黒祐樹の娘と息子が芸能界に?


幼少期から子役として芸能活動をしていた目黒祐樹さん。
学業に専念するため一時は芸能活動を休止。

その後、同志社中学校から同志社高校に進むも留学のために中退。
海外の高校を経てボストン大学や南カリフォルニア大学に通っていたそうです。

日本に帰国後、映画「太陽の野郎ども」に主演したことで本格的に芸能活動を再開。
留学で培った語学力を生かしてアメリカで放送されたドラマ「将軍 SHOGUN」に出演すると演技力が高く評価され、エミー賞の最優秀助演男優賞にノミネートされました。

そんな目黒祐樹さんには近衛はなさんという娘がいます。
青山大学を卒業した2003年に「NHK高校講座」の司会者で芸能界デビューすると2005年には映画「探偵事務所5」に出演し女優デビュー。

2008年に発表した詩集「二つの扉」で歴程新鋭賞受賞を受賞し、2009年にNHKで放送された「ドラマスペシャル・白洲次郎」の第2回で脚本家としてデビューするなど文才も発揮しています。

私生活では2017年6月21日に12歳年上という天文学者の男性と結婚。

目黒祐樹さんは自身の海外留学の経験を元に近衛はなさんにも留学を進めていたそうです。
そのおかげか近衛はなさんは外国語が非常に堪能で英語の他にもフランス語にロシア語も話せるそうです。

なお、目黒祐樹さんに息子がいると思われている人が多いようですが、目黒祐樹さんに息子はいません。
松方弘樹さんの息子である目黒大樹さんを目黒祐樹さんの息子と勘違いしているものと思われます。

目黒祐樹の妻はだれ?

目黒祐樹さんの妻は女優の江夏夕子さん。

1970年代に活躍した女優で目鼻立ちがはっきりした顔立ちで人気でした。
目黒祐樹さんとは映画の共演がきっかけで交際がスタート。

1981年にホノルルで挙式を挙げています。
今でこそ珍しくはなくなった海外での挙式ですが、当時はかなり珍しかったのではないでしょうか。

江夏夕子さんは目黒祐樹さんとの結婚したことで芸能活動はほぼ休止状態。
ですが、目黒祐樹さんや近衛はなさんと旅番組に出演されることはありますので芸能界から引退したわけではなさそうです。

目黒祐樹の兄弟はあの名優

目黒祐樹さんの兄は言わずと知れた松方弘樹さん。
若い人には釣り好きというイメージが強いかも知れませんが若かりし頃は北大路欣也さんとライバル関係にあったという名優なんです。

そんな松方弘樹さんですが目黒祐樹さんとは不仲だったと言われています。
二人の不仲はかなり深刻なもので兄弟でありながら30年間も交流が無かったほど。

不仲の原因と言われるのが仁科亜季子さんとの不倫です。
当時、一大センセーショナルとなった松方弘樹さんの不倫騒動。
松方弘樹さんの女癖の悪さに目黒祐樹さんはあきれてしまったのかもしれません。

不仲ではあったものの、松方弘樹さんに尊敬の眼差しを送っていた目黒祐樹さん。
松方弘樹さんが亡くなった時には次のようにコメントしています。

(引用)常に背中が見えないくらい僕のはるか前を走り続けていた。追いつけなくなってしまったのが一番残念。(引用)

(引用)思い浮かぶのは底抜けの笑顔。自分の心に正直な人で周りに迷惑を掛けたこともあったけど、多くの人が憎めない人と言ってくれた。(引用)


目黒祐樹さんは30年もの間、松方弘樹さんを憎いけれど憎み切れないという複雑な心境だったんでしょうね。

目黒祐樹の華麗なる家族

目黒祐樹さんの父は時代劇俳優として一世を風靡した近衛十四郎さん。
母は女優の水川八重子さんという芸能一家に生まれ育ちました。

妻の江夏夕子さんも祖父が市川松蔦二世さんで伯父が市川門之助さんという家系です。

さらに目黒祐樹さんの兄は松方弘樹さんで元義理の姉が仁科亜季子さん。
甥には目黒大樹さんと仁科克基さんがおり、姪が仁科仁美さん。

現在ではこれだけ豪華な家族を持つ芸能人は稀ではないでしょうか。
親戚の集まりがあったらそれだけで一本ドラマや映画が作れてしまいそうです。

現在の目黒祐樹、病気は?

兄の松方弘樹さんは脳リンパ腫により2017年に亡くなっていますが目黒祐樹さんはまだまだ健在。

2018年現在、大きな病気もなく俳優として芸能活動を続けています。


2018年には連続ドラマ「父と子の旅路」に出演しており、2019年には出演した映画「武蔵 -むさし-」の公開を控えています。
その他にも通販番組にも良く出演していますので目黒祐樹さんの元気な姿を見かけている人は多いでしょう。

昭和の名優と呼ばれる人が少なくなっていますが目黒祐樹さんには体に無理のない範囲でまだまだ頑張ってほしいですね。

シェアする