牛窪恵、夫と子供を作らない理由。結婚の馴れ初めとは。独身と言われるのは父親の存在?

牛窪 恵(うしくぼ めぐみ)さんはコメンテーターとして情報番組や講演会に出演しています。

芸能人では無いのであまり私生活を公開していませんが、結婚や子供はどうなのでしょうか。

今回は牛窪恵さんの結婚や夫、子供や父親など家庭の話を中心に見て行くことにしましょう。

牛窪恵の夫や結婚までの馴れ初め


まずは牛窪恵さんの結婚や夫について見て行くことにします。

牛窪恵さんの夫は佐々木 淳(ささき あつし)さんという大阪府出身で1歳年上の男性でした。

結婚した時期はハッキリと明示していないものの、牛窪恵さんが出版社を辞めてフリーランスをしていた頃と言われているので2001~2002年前後と推測することが出来ます。

牛窪恵さんはフリーランス時代に仕事先の関係者からストーカー行為をされており、約半年間に渡るストーカーとの闘いの後に結婚式を挙げたと辛い過去を振り返っていました。

さて、次はふたりの馴れ初めについて見て行きますが知り合ったのは意外に古く、1991年3月にお互いが別々に卒業旅行で訪れたサイパンのリゾートホテルだったそうです。

ホテルのプールで遊んでいた際に強い風が吹いてパラソルが飛び、座っていた牛窪恵さんがプールに落ちたのを水泳部だった佐々木さんが助けたのがきっかけとなりました。

帰国後はそれぞれの地元で社会人になり、文通で連絡を取り合う程度の関係だったそうです。

その後、1995年2月の「地下鉄サリン事件」を知った佐々木さんが牛窪恵さんに心配する電話をして関係が深まり、ストーカー事件を支える過程で結婚をするに至りました。

牛窪恵に子供が居ない理由

次は牛窪恵さんの子供について見て行きましょう。

2020年8月末時点で牛窪恵さんに子供が居ませんでしたが、この理由はネットなどで噂されているような”高齢結婚”ではなく夫である佐々木淳さんの考え方だったそうです。

佐々木さんは教師を目指していたぐらい子供が好きなのですが、自分自身の人生観の中で「子供の優先順位は高くない」と仕事とプライベートをハッキリ分けていました。

牛窪恵さんは仕事の面からも出産や育児を経験したい思いがあったものの、その意見を聞いた佐々木さんは「君のエゴに過ぎない!」と反対して妊活を拒否したそうです。

こう聞くと佐々木さんのエゴのようにも聞こえますが、結婚した当時の牛窪恵さんは起業したばかりで忙しく、精神的に負荷が掛かっていたのを見ていたのもあるでしょう。

結果として夫婦は子供を授からない道を選びましたが、幸せのカタチは人それぞれですよね。

牛窪恵が独身と言われる理由は父親?

ここでは牛窪恵さんの父親についてリサーチして行きましょう。

父親はフジテレビでディレクターや演出家をしていた牛窪正弘(まさひろ)さんです。

牛窪恵さんが育った家庭は父親が働きに出て母親は家で家事をするという古風なスタイルだったらしく、今ではめずらしくなった「亭主関白」の両親だったと語っていました。

しかもテレビマンということもあって夜遊びや浮気など女性関係もハデで、女性にだらしない点や週刊誌の記者が自宅の周りに来ていたことを知った時はショックだったそうです。

その後、母親の忍耐にも限界が訪れて離婚をしていますが、別れを告げられた正弘さんは”青天のへきれきだ”とさすがの知性を見せながらも納得いかず暴れる始末でした。

正弘さんは離婚から2年後に自分のドラマに出演した24歳年下の元女優と再婚していますが、思いのほか親子関係は良好で今でもやりとりをするほどの関係を保っています。

しかしながら、家庭を顧(かえり)みない父親だったことが結婚に対する悪いイメージを植え付けた面もあり、そこから牛窪恵さんが独身を貫いていると誤解されたのかも知れません。

もっとも、牛窪恵さんは「父の破天荒な性格を受け継いでいる」と今では認めており、正弘さんに負けないクリエイティブな才能を武器に日々活躍をしていることになります。


そんな破天荒な性格を包み込んでくれる夫(佐々木淳さん)と結ばれたのは幸運なことですね。

牛窪恵のプロフィールまとめ!高校や大学、大学院はどこ?かわいい?嫌いという声も!

コメント

執筆・編集者
アスネタ編集部

大手メディアや有名人本人が発信の一次情報を元に記事作成しています。
わかりやすく正しい情報を読者に伝えるべく編集しています。