近藤真彦、母の遺骨盗難事件、父との絆。犯人は弟だった説を検証

『ギンギラギンにさりげなく』など大ヒット曲を歌い一世を風靡した歌手・アイドルの近藤真彦(こんどう まさひこ)さん。

輝かしい栄光時代を築いた彼ですが、実はプライベートでは壮絶な事件を経験していました。

母を交通事故で亡くし、さらには母の遺骨が盗難される事件があったのです。

なんとその犯人は実の弟ではないかとの噂もあるのだとか。

他にも、2012年に亡くなられた父とのエピソードについてもまとめています。


近藤真彦のプロフィール

愛称:マッチ

本名:近藤真彦

生年月日:1964年7月19日

身長:170cm

出身地:神奈川県大和市

最終学歴:明治大学付属中野高校定時制

所属事務所:ジャニーズ事務所

近藤真彦の母は事故で急逝していた

まず近藤さんの母をご紹介します。

母は1944年生まれの近藤美恵子さんです。

お母さん子だった近藤さん。

近藤さんは芸能界で成功した後、両親に「喫茶るんるん」という喫茶店をプレゼントされています。

全国から近藤さんのファンが訪れ、多くの人から愛されるお店だったそうです。

しかし母・美恵子さん42歳の若さで亡くなられています。

1986年11月23日深夜0時頃、その日は喫茶るんるんのスナック営業を終え、恵美子さんは車で帰るところでした。

飲酒状態ではありましたが、そのまま車を運転し帰路についていたといいます。

そして横浜市泉区飯田402の市道のカーブでガードレールと電柱に衝突する事故を起こし、そのまま病院に搬送されるも、翌日に亡くなられてしまいました。

一部では事故死ではなく”自殺”だったのではないか、という声も上がったそうですが、事故の詳細が報じられているため自殺の線は否定的でしょう。

一昔前は飲酒運転もザラだったそうで、この頃は今ほど飲酒運転の取締は厳しくなかったそうなのです。

2022年に存命であれば78歳ですから、まだ十分元気でいた可能性があります。

母を慕っていた近藤さんの悲しみは、計り知れなかったでしょう。

近藤真彦の母の遺骨盗難事件と父との絆

次に近藤さんの母の遺骨盗難事件を見ていきます。

事件発生は1987年12月。

事故で亡くなった母の遺骨が、何者かに盗まれたのです。

当時ジャニーズのアイドルの中でも高い人気を誇っていた近藤さん。

マスコミの報道を避けるためもあってか、母の死は関係者以外には知らせていませんでした。

大みそかには、日本レコード大賞に出場が決まっていた近藤さん。

しかし本番5日前、CBSソニーに脅迫電話が入ります。

中年男性の声で、近藤さんのレコード大賞辞退を求めてきたそうです。

「もし辞退しなければどうなるか、横浜の墓をよく見ろ」という言葉と共に電話は切れました。

さらに28日、CBSソニーの当時の井上良勝社長に速達の手紙が届きます。

6枚の便箋に、定規で整えられた文字が並んでいました。

それは「近藤が12月30日までにレコード大賞を辞退すれば、遺骨は返す」という趣旨の手紙で、明らかに脅迫状でした。

翌日、横浜市にある墓を調べたところ、何者かが墓石を動かした跡があったそうです。

中を見ると、確かに美恵子さんの骨壺はありませんでした。

こうして脅迫、遺骨盗難事件として、警察が捜査に乗り出します。

近藤さんは事件に大変驚いたようです。

しかしひるんでレコード大賞を辞退するようなことはしませんでした。


結果的に予定通りレコード大賞で『愚か者』を歌い上げ、大賞を受賞したのです。

年明け後に事件が公にされた際、近藤さんは「お骨は盗めても、僕の心からは母を盗めない」とコメント。

堂々としたコメントに感銘を受けた人もいるかもしれません。

しかし近藤さんは2010年、TBSの「中居正広の金曜日のスマたちへ」で、当時の悲痛な胸の内を明かしました。

父の正勝さんに対して「自分がこの仕事をしているせいで遺骨が盗まれた。ごめんなさい」と土下座したそうです。

正勝さんは「母さんだったら授賞式に出なさいと言うだろう」と言葉をかけ、息子を抱きしめました。

事件を通して強いきずなで結ばれた父子。

しかし正勝さんも2012年5月14日に胃がんにより、69歳で亡くなりました。

正勝さんは亡くなる1年半前から闘病生活を送っていたのだそう。

近藤さんは近親者に

「自分の47年の人生の中で、この1年半が最も父との時間を持てた」

と語っていたといいます。

急逝したお母さんのこともあってか、お父さんとの最後の時間はたくさん作りたかったのでしょう。

後悔のない時間を過ごせたことが、近藤さんの発言からうかがえます。

しかしながら、その後も母恵美子さんの遺骨は返却されないまま時間だけが経過しています。

となると、今は先に正勝さんがお墓に入り、恵美子さんの帰りを待っているのでしょうか。

今でも近藤さんは両親に対して、深い感謝と共に、申し訳なさを抱えながら生きているのかもしれません。

遺骨盗難事件の犯人は近藤真彦の弟?

では遺骨盗難事件の犯人は誰だったのでしょうか。

2022年現在も、遺骨の行方も犯人もわからず、未解決の遺骨盗難事件。

しかし近藤さんの弟が犯人という噂がネット上で囁かれているようです。

弟さんは近藤広之さんという方で、年齢は近藤さんの3歳年下なのだそう。

すなわち2022年で55歳を迎えられる方であることがうかがえます。

週刊誌によると、現在は神奈川県に在住されているとのことでした。

噂の発端は、先述した「中居正広の金曜日のスマたちへ」で、霊能者に遺骨を盗んだ犯人を霊視してもらうという企画でした。

出演したのは木村藤子さんという、美輪明宏さんからも認められているベテラン霊能者。

木村さんは番組内で、「遺骨は無事だが戻ってきても近藤さんの心が晴れることはない」と主張。

これに対して近藤さんは、思い当たる節があるのか、自身の弟・広之さんについて尋ねました。


広之さんはかつて薬物事件で逮捕歴があり、以来絶縁状態にあるそうです。

自分ばかり親にかわいがられ、広之さんは愛情不足により非行へ走り、結果的に遺骨を盗んだのではと考えたのでしょう。

木村さんは、近藤さんの弟は家族を恨んでいないということ、また遺骨盗難の犯人は悪い人ではないことを伝えました。

結局広之さんが犯人かどうか不明なままですが、同企画内で弟犯人説が浮上したのです。

警察にも解決できなかった事件ですから、霊能力だけを信用するのはあまり賢明な判断ではないでしょう。

しかし近藤さんに対して、これまで省みていなかった広之さんの気持ちを思いやるきっかけを作った企画といえそうです。

そんな企画もあったからなのか、絶縁状態と噂のあった弟さんですが、近年は連絡を取ることもあるそうです。

近藤さんといえば、2020年11月に25歳年下の一般女性との不倫が報じられました。

なんとその報道にあたって、広之さんに「迷惑かけて悪い」といったメールを送っていたそうなのです。

それに対し広之さんは「こっちは大丈夫だよ」と返信されたのだそう。

さらに、近藤さんの電撃退所にあたっても、発表の30分前に広之さんに連絡をしていたのだとか。

マスコミから広之さんに「近藤真彦さんは離婚するか?」と聞かれると

「私とアイツは仲が悪いけど、アイツと奥さんなら大丈夫だと思いますよ。」

と返答されたそうです。

この言葉からは、兄への理解と深い絆がうかがえるのではないでしょうか。

また、広之さんの自宅の表札には近藤さんのレースチーム「KONDO Racing」のスッテカーがポストに貼られているそうです。

もしかすると広之さんのお仕事は近藤さんのレースチームと何かしらの繋がりがあるのかもしれません。

となると、弟さんとの不仲説どころか、遺骨盗難事件の犯人の可能性は否定的と考えてよいいのではないでしょうか。

以上近藤さんの複雑な家族事情について迫っていきました。

近年はプライベートで何かと騒がせた近藤さんですが、これからもますますの活躍を見せてくれることを願うばかりです。


近藤真彦の関連記事
近藤真彦は現在!トライアスロンで活躍中?レーサーは引退?今も人気があるの?

近藤真彦の性格はいい?悪い噂はなぜ?周囲からの評判は意外にも良い!

近藤真彦の年収は?愛車は50台!自宅&別荘も所有!次期ジャニーズ社長の可能性は?

近藤真彦の息子、轟丞(ごうすけ)は早稲田で空手&ジュニアなの?態度がヤバイって本当?

近藤真彦と後輩の関係まとめ!東山紀之との派閥争い?山口達也はどちらに?田原俊彦との明暗!

コメント