伊東四朗の現在まとめ!病気&体調不良で休業?ほお傷の原因は?

俳優、タレント、司会として活躍している伊東四朗(いとう しろう)さん。

東京都出身、1937年6月15日生まれです。

2019年現在、80歳を超えているんですね。

長く、俳優や司会として活躍しているので、昔からあまり変わらない印象が強いです。

ベテランで大御所、という存在ですが、面白く、きさくな人柄で人気があります。


喜劇役者としてスタートし、「てんぷくトリオ」のメンバーの1人としても有名です。

その後、俳優やタレントとして活動し、バラエティ番組の司会も多くこなしています。

演技はコミカルなものからシリアスな作品まで器用に演じる、評価の高い俳優さんです。

映画やドラマも多数出演し、舞台もこなしています。

芸能生活60年ということです。

伊東四朗は病気?体調不良で休業?

ネット上で、伊東四朗さん急死、というガセネタが出回ったことがあります。

伊東さん自身、引退や休養、と伝えた事実はありません。

現在も活躍されています。

81歳になった現在も、舞台に出演し、ドラマも年数本出演しています。

存在感があり、幅広い役柄を演じていらっしゃいます。

伊東四朗さんは、雑誌「サライ」2018年5月号の中でインタビューに答えています。

自分から引退を表明することはなく、仕事の依頼があるうちは、頑張ろうと思っているようです。

大きな病気や、体調不良、ということもないようですね。

伊東四朗の頬の傷は?原因は何?

伊東四朗さんは、左の頬に傷があります。

子供の頃、乗っていたトロッコが倒れてしまい、回転していた車輪に頬をぶつけ、車輪の一部が左頬を貫通したとのこと。

そのため、現在も傷跡が残っている、ということです。

その傷跡が、伊東四朗さんの人生を大きく変えています。

勤め人になるのが親孝行だろう、と、高校卒業前、就職試験を受けたらしいのですが、ことごとく弾かれたようです。

”人相が悪い”と面接で落とされたこともあるのだとか。

仕方なくアルバイトを開始し、歌舞伎座とストリップ劇場へ足繁く通っていました。

ストリップ劇場は、軽演劇が目的でした。当時強面だったので、すぐに顔を覚えられ、楽屋へ呼ばれる機会も増えたそうです。

21歳の時、石田均さんが新しい一座を立ち上げることになり、座員になったとのこと。


昔から喜劇役者としてスタートし、活躍していると思っていたので、客として通った際、スカウト、というのは意外でした。

25歳の時、「てんぷくトリオ」を結成し、その後も幅広いジャンルで活躍されています。

伊東四朗の現在は?

伊東四朗さんは、現在も、舞台やテレビなどで活躍されています。

芸能生活も長く、ベテランですが、存在感のある演技で、80歳を超えた現在も頑張っています。

昔に比べると、バラエティ番組の司会、ということはなくなりましたが、トーク番組の出演では、面白く優しい素顔を見せてくれます。


素敵な俳優さん、というだけでなく、人柄も素晴らしいですね。

これからもいろんな姿を見せてほしいです。

伊東四朗の息子&娘まとめ!長男や次男は何してる?仕事など最近の様子は?

伊東四朗の妻・家族まとめ!自宅はどんな家?韓国嫌いとされる理由とは!

伊東四朗のギャグなぜ生まれた?小松政夫や三宅裕司との関係とは!コンビ相方はだれ?

小松政夫の妻と息子は?植木等が父親&伊東四朗と名コンビ!タモリと笑っていいともの司会?

コメント