山下久美子の現在は結婚した?旦那はいる?氷室京介との関係とは

シンガーソングライターとして有名な山下久美子(やました くみこ)さん。

全盛期は、学園祭の女王と呼ばれ、人気を誇っていました。

1980年、シングル「バスルームから愛をこめて」でデビュー。

「赤道小町ドキッ」や、「Tonight(星の降る夜に)」などヒット曲で知られています。

1997年、元夫、布袋寅泰さんと離婚。

2000年、シングルマザーとして双子の娘を出産したことで話題になりました。

山下久美子は結婚したの?旦那はいるの?


山下久美子さんは、2000年、双子の女児を出産しました。

山下さんいわく、父親は昔からの知人で、久しぶりに再会した独身男性、とのこと。

名前も公表されておらず、父親は誰だ?と世間の話題になっていました。

その後、山下さんは父親のことを公表することはありませんでした。

結婚はしておらず、未入籍です。

2002年に出版した「ある愛の詩」の中で、父親である男性のことを書いています。

15年ぶりに再会した昔の仲間の一人で、再会した時「ずっと好きだった」と告白されたそうです。

懐妊後、電話で「ひとりで産んで育てていくので」と伝えたところ、「あなたがそう決めたなら、僕も運命のままに生きるよ」と言われたようです。

ふたりとも独身で、結婚ができない理由があるわけではない。けれど、そういうこととは違うところでこの縁があったように思えてならない。

と語っています。

山下久美子さんはシングルマザーとして2人の娘さんを育てているようです。

強くて優しい、包容力のある女性ですね。

山下久美子と氷室京介の関係

山下久美子さんが、結婚せず、シングルマザーとして子育てをしていたため、父親が誰だと騒がれました。

その際、名前が挙がったのは、氷室京介さんだったようです。

ネット上では、父親は氷室京介さんではないか?と言われています。

ただ、この情報は、信憑性が薄いと思われます。

元夫である布袋寅泰さんと、氷室京介さんは、人気ロックバンドBOØWYとして活躍していました。

BOØWYは、1981年結成、1987年に解散。活動期間は6年です。

山下久美子さんと元夫布袋寅泰さんが結婚したのは1985年。

解散の理由について、氷室京介さんは多くを語っていないため、はっきりとした理由はわかりませんが、解散後も一切布袋さんと関わろうとしてない様子です。

氷室京介さんと奥様が結婚されたのは、1983年でまだ売れていない時代。その後氷室さんは1997年に家族とロサンゼルスへ移住しているとのこと。

山下久美子さんも、2002年に出版した「ある愛の詩」の中で、相手男性は独身男性、と打ち明けています。


既婚者である氷室京介さんが父親という可能性は低いのではないでしょうか。

BOØWYとして活躍していた当時から、布袋寅泰さんと氷室京介さんが不仲だと噂されていたため、名前が浮上しただけのように思います。

山下久美子の現在は?活動しているの?

山下久美子さんは、出産後、子育てを優先していたようですが、ここ数年、コンサートやライブを開催しているようです。

大澤誉志幸さんとディナーショーを行ったり、ライブを開催しています。

2019年も、東京、大阪、名古屋でコンサートが決定しており、ファンを楽しませています。


2020年で61歳になるとは驚きです!

かわいらしく、魅力的な女性と素敵な歌声。

今後も素晴らしい曲を聴かせてほしいですね。

山下久美子、離婚後に双子の娘を出産。子供の父親はだれ?

コメント