関口宏の現在。豪邸からタワーマンションへ。引退と事務所、年収の噂について

関口宏(せきぐち ひろし)さんというと司会者として有名で、元々俳優だと言うことは知られていません。

自身も実は二世俳優なのですが、その辺のことも時代が古いので語る人も居ませんでした。

関口宏のプロフィール

本名:関口宏

生年月日:1943年7月13日

身長:170cm

出身地:東京都

最終学歴:立教大学

所属事務所:株式会社 三桂

関口宏は自宅を売却して現在はマンション生活

関口宏さんは1985年に、東京の世田谷区に土地と地下1階・地上2階の建物を合わせて5億円と言われる自宅を購入。


しかし、2017年春頃に自宅の解体工事が始まっており、2017年3月時点で土地を手放していました。

実際、週刊誌が関口宏さんを直撃したのですが、なんとも言えないという感じで具体的な事は話してくれませんでした。

確かにご夫婦揃って、高齢なので家の住み替えも仕方が無いというか当り前の話かもしれません。

妻の西田佐智子さん自身も、もう表舞台に出ることはなくなってしまったので、今どの様な状況なのかは不明です。

30年以上も住み続けた家を手放した理由について近所の住民によると、「歳をとると階段の上り下りがつらく、マンションがいい」と語っていたようです。

決して経済的な問題ではなく、自分たちの年齢や奥さんの体調も良くない事から病院が近くにあるマンションに転居したそうです。

現在は港区にあるタワーマンションの最上階で暮らしているそうですが、奥さんを第一に考えた関口宏さんらしい優しいエピソードでした。

関口宏は病気ってホント?

関口宏さんが病気という話がインターネット上で持ち上がっています。

しかし、本来は関口宏さんが病気なのでは無くて妻である西田佐智子さんや息子の関口知宏さんが病気なのでは無いかといわれているだけです。

関口宏さんは、毎週サンデーモーニングの司会を担当しています。

毎週生放送2時間を熟しているので体力的には問題がないかと思われます。

年齢が75歳という高齢ですから、少しぐらい体の具合の悪いところはあっても仕事に支障がないというレベルの物かもしれません。

週に一度、番組の司会を務めているわけではなくて、それ以外の時には会社の社長という顔を持っています。

そのため、テレビに出ないときには会社の社長としてフリーアナウンサーやタレントを多く抱えています。

本当はもうテレビに出なくとも社長業だけで、やっていくことは可能なのです。

関口宏の2020年現在の年収は?

長年「サンデーモーニング」の司会を務め、「視聴率男」とも言われる関口宏さん。

年収も凄いことになっているのではないでしょうか。

正確な数字は公開されていませんが、ピーク時の年収は2億円ともいわれていました。

また、「芸能人生涯推定収入」では26位に入っていてその額は、34億6425万円とのこと。

ちなみに、1位は、小室哲哉さんで、96億6270万円でした。

これは、個人情報保護法が施行される前の1985年から2004年までの納税額から算出したものだそうです。

関口宏さんといえば、1979年、TBSの「クイズ100人に聞きました!」での司会で人気を集め、この頃から本業の俳優より司会のイメージが定着。

「わくわく動物ランド」など数々の人気番組の司会を務めてきました。


1987年から司会を務める「サンデーモーニング」は、2020年現在も続く長寿番組となっています。

また、1994年から2011年まで司会を務めた「東京フレンドパーク」は子供から大人まで幅広い層に愛される番組でした。

最終的には視聴率の低迷により打ち切りとなりましたが、番組終了を惜しむ声も多く、今でも特番として定期的に放送されています。

なぜか関口宏さんが司会を務める番組は高視聴率を叩き出していましたね。

2012年9月以降は、地上波におけるレギュラー番組は「サンデーモーニング」のみとなっている関口宏さん。

こちらもかなりの視聴率を誇る人気番組ということで、ギャラも凄いことになっているのではないでしょうか。

調べてみたところ、あくまでも推定ですが、関口宏さんのギャラは1本あたり、120万円から200万円と言われていました。

日曜日が年間52日だとして、単純計算で6240万円から1億400万円ということになりますね。

もちろん、放送されない日や関口宏さんの夏休みなどもあるので正確な金額ではありません。

その他にも、自身が代表を務める個人事務所の収入もあると思われますので、関口宏さんの年収は2020年現在でもかなりの金額になると思われます。

以前に比べてテレビ出演が減った関口宏さんですが、「サンデーモーニング」だけでかなりの収入が得られているんですね。

「引退した方がいい」と批判殺到!?

1987年の放送開始から高視聴率をキープし続ける「サンデーモーニング」。

人気の一方で、司会を務める関口宏さんに対する批判の声も多数聞こえてきます。

最近では、「もう引退した方がいい」なんて声も。

一体何があったのでしょうか。


関口宏さんは、2013年に「反日司会者」であると噂されたこともありました。

というのは、この頃、新型ロケット「イプシロン」の打ち上げの成功で世間が沸いていたところ、「また宇宙のゴミになるの」と発言し批判を受け、このような噂が立ってしまったのです。

このように、情報番組の司会者ならぬ発言や問題提起をするところが、関口宏さんの魅力であるのかもしれませんが、批判が多いのも事実です。

2020年5月31日の放送では、スポーツコーナーでリモート出演した野球評論家の岡田彰布さんとのやり取りが話題になりました。

新型コロナで、延期されていたプロ野球の開幕がいよいよ迫る中、その心境について訪ねた関口宏さん。

岡田彰布さんは、無観客試合でもマスコミを通して勇気を与えられるゲームをして欲しいと回答。

関口宏さんは、今一番肝心なことは何かと質問を重ね、岡田彰布さんは「選手の体調管理」と回答します。

さらに、「選手は今、健康に気を付けながら何をしなくてはいけないのか」と質問を続けた関口宏さん。

岡田さんは、良い形でスタートを切るためにはやはり「体調管理が重要」だと繰り返すと、関口宏さんは、「もちろんそうなんですが、そういうことじゃなくて、だからそれを目指して選手がやるべきことは何ですか」

と、少しイラついた様子で質問を繰り返したのです。

岡田彰布さんは、コロナが終息していないのでやはり「体調管理」だと繰り返し、「開幕してもし誰かが感染して…」とさらに続けようとしたところ、関口宏さんが、「わかりました、わかりました」と話しを終わらせました。

これを見ていた視聴者から、関口宏さんに対し非難が殺到。

「観ていて気分が悪くなった」や、
「上からのトークはやめてほしい」、
「コメントを求める側の対応じゃない。映像も途中で切っちゃうし、失礼すぎる」

そして、「もう引退した方がいい」との声も。

おそらく関口宏さんとしては、体調管理は当然のことなので、それ以外に何か聞き出したかったのでしょう。

ですが、司会者としてもう少し上手な聞き出し方があったのではと思ってしまいます。

また、本番前に打ち合わせはしなかったのか、などの疑問も残りますね。


関口宏、息子の知宏、嫁の西田佐知子との結婚馴れ初めと今

関口宏の国籍は韓国?父親や弟、家族について

関口知宏の2020年現在。自宅で病気療養?華麗なる家族・家系とは

関口知宏の結婚&妻は?まだ独身?マンションや熱愛の近況まとめ

コメント