みのもんた、現在は病気。本当の降板理由、引退からの復帰について

全盛期には「テレビ界の帝王」と呼ばれ、姿を見ない日はないほどの売れっ子司会者だったみのもんたさん。

『秘密のケンミンSHOW』降板後は事実上の引退にあったものの、2021年現在は関西ローカルの番組に復帰しています。

かねてから体調を心配する声も多くあがっていましたが、『秘密のケンミンSHOW』降板理由は病気だったのでしょうか。

みのもんたのプロフィール

愛称:みのさん、みのちゃん

本名:御法川法男(みのりかわ のりお)

生年月日:1944年8月22日

身長:167cm

出身地:東京都世田谷区祖師谷

最終学歴:立教大学経済学部

所属事務所:ニッコク

みのもんた、現在は病気と闘う日々

おばさまたちを「お嬢さん」と呼ぶC調な語り口で盤石の人気を誇り、一時期は人気番組を何本も抱えていたみのもんたさん。

高額納税者公示が最後となった2005年の俳優・タレント部門1位がこの方であり、おそらく以降数年間も首位を守っていたのではないかと思われます。


2006年には「1週間で最も長時間テレビの生番組に出演する司会者」としてギネス世界記録に認定。

名実ともにテレビ界の頂点を極めたみのもんたさんですが、2020年3月26日放送の『秘密のケンミンSHOW みのさん大慰労会SP!!』をもってテレビ人生にいったん幕を下ろしました。

前年の2019年には加齢による反射神経の衰えを自覚して運転免許を自主返納。

靖子夫人はすでにこの世を去り、2021年現在は鎌倉の高台にある敷地面積2500坪、推定価値18億8000万円といわれる大豪邸で一人暮らし。

『秘密のケンミンSHOW』に出ていた頃から「70代なのに80代に見える」「ちょっと心配な老け方」といった声が寄せられていましたが、持病の糖尿病に加え、2019年末にパーキンソン病を告知されていたことが明らかになりました。

パーキンソン病は手足に震えやこわばりがおこり、体を動かすことが困難になる脳神経系の病気です。

指先が思うように動かない、立っているのにふらつくといった異変を自覚していたというみのもんたさん。

検査を受けたきっかけは「眠っているような顔に見える」と周囲に指摘されたことでした。

すでに顔の筋肉にも影響が出ており、まぶたが下がり、目がうつろになっていたそうです。

2021年現在は、これ以上の進行を防ぐために1日3回薬を服用し、朝のウォーキングを日課にしているとのこと。

2020年8月9日からは関西ローカルで半年ぶりのレギュラー番組『朝からみのもんた』がスタートしています。

一時は引退したみのもんた、『秘密のケンミンSHOW』降板理由は?

全盛期には16本のレギュラー番組を抱えていたというみのもんたさん。

破竹の快進撃に陰りがさしたのは2013年のことでした。

8月、『みのもんたの朝ズバッ!』生放送内でのセクハラ疑惑が浮上。

その約2週間後には次男の窃盗未遂事件。

スキャンダルが重なったことが仇となり、憧れだった報道番組の『朝ズバッ!』『サタデーずばッと』を降板します。

「30歳を過ぎて家庭や仕事もある社会人である我が子が、こんなことをしでかして、『何で』という気持ちが強かった。バカ息子が…」

次男の不祥事以降は仕事が激減し、2017年の秋にはレギュラー番組が『秘密のケンミンSHOW』の1本だけになっていました。

その『秘密のケンミンSHOW』も2020年3月をもって勇退。

同年12月には、個人事務所を兼ねる水道メーター会社・ニッコクの代表取締役社長も引退。

パーキンソン病が番組の降板理由であったことはご本人が明かしていますが、じつは加齢による体力の衰えも潮時と判断した理由のひとつでした。

長時間に及ぶ収録が苦痛になったこと、若い出演者のテンポについていけなくなったことで、自ら番組スタッフと話し合ってフェードアウトを決めたそうです。


2012年に最愛の靖子夫人をがんで亡くしてからの2年間は、天国と地獄を往き来したような気がしたと語るみのもんたさん。

それまでは万事が順調で、楽しいことばかりだったと振り返っています。

関西ローカル番組で復帰

『秘密のケンミンSHOW』降板によってテレビ界から完全に姿を消したみのもんたさん。

ところが数か月後の8月9日には、関西ローカルで新たな冠番組『朝からみのもんた』がスタートしました。

潮時宣言を撤回して復帰した背景にはどんな思いがあったのでしょう。

同番組の放送開始に際して、みのもんたさんは「芸能生活60年まであと3年、この番組に命を賭けるつもりで潮時を見つけたい」とコメント。

復帰を決めたいちばんの理由は、立ちの司会ではなく、椅子に座って番組を進行する形式だったことでした。

ウォーミングアップをするにはもってこいの番組と語るみのもんたさん。

「ウォーミングアップ」という言葉を用いるところに、この方の底知れないバイタリティーを感じます。

『朝からみのもんた』は1年契約ということで、ご本人によると2021年春に終了。

その後のスケジュールは未定だそうです。

軽妙で、軽薄ささえも感じさせる司会ぶりとは裏腹に、ワーカホリックでも知られたみのもんたさん。

『秘密のケンミンSHOW』の最終回で見たかつての帝王は、体力的な衰えが顕著でした。


度重なる試練は神様からのドクターストップだったのかもしれません。

コンプライアンスを重視する今どきのテレビ界では、このような型破りな司会者が生まれにくくなってしまったのが残念です。

みのもんたが恋人と再婚?亡き妻の病気、研究者の娘が身辺を世話

みのもんたの年収は100億円?水道会社の社長。和歌山に次男潜伏?愛車はベンツなど4台

みのもんた、酒とウイスキー愛。タモリとの関係&睡眠時間とは。目が変?

みのもんたの息子たち。長男はTBS、次男が窃盗事件で逮捕。慶應卒&死亡の噂とは

みのもんたは自宅が豪邸。鎌倉山の呪い?逗子にも家、遺産分配で不動産を贈与

コメント