平田裕香の現在!女優に転向&結婚した?ゲキレンジャーや仮面ライダーに出演&声優としても活動!

平田裕香(ひらた ゆか)さんは15歳の頃にアイドルとして芸能界デビューしたので、どちらかと言えばアイドルのイメージが強く印象に残っていると思います。

元々は演技系を目指していたらしく最近はアイドルから女優へ転向したそうなので、現在の様子などについて見て行こうと思います!

平田裕香は現在女優に転向し結婚した?


平田裕香さんは1998年に「第32回新人プレゼンテーション」に合格して芸能界デビューしました。

当時はアイドルとして活動し、演技と言うよりは水着グラビアを中心の仕事をしていました!

2007年頃からアイドルから女優業へシフトし、舞台やラジオドラマなどで活動するようになりました。

今年の9月15日で36歳になる平田裕香さんですが、現在のところ結婚はしていない様子でした。

それどころか、特に男性との噂も流れていなかった事から仕事に専念しているのかもですね!

結婚について話題になったのは、もしかするとこのツイートが原因だったのかもしれません。

女性芸能人で「結婚」というキーワードは話題になりやすいので注意が必要ですよね。

また、平田裕香さんがお姉さんの結婚について触れていたのも話題になっていました。

平田裕香さんも年齢的に突然の結婚発表があっても不思議では無いですよね!

ファンからすると結婚は複雑な気持ちかもしれませんが、なによりも平田裕香さんの幸せが第一ですよね!

平田裕香はゲキレンジャーや仮面ライダーに出演?

平田裕香さんは2007年にテレビ朝日系の特撮番組「獣拳戦隊ゲキレンジャー」のメレ役に抜擢されました。

これまで実物のドラマは数本経験していましたが、特撮系は初めてだったので演技に困惑していたそうです。

今までやってきた役柄とまったく違うタイプだったので相当悩んだと思います。

しかし、その甲斐もあってかファンからの評判は良く、続編にもメイ役として出演する結果となりました!

1年に渡る「獣拳戦隊ゲキレンジャー」が終わっても、2009年公開の劇場版「炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャー」や2018年公開の「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」に出演していました。


メレ役の好演が評判となり、製作したテレビ朝日や東映と縁が出来たおかげか2010年には「仮面ライダーW」へゲスト出演し、2016年公開の劇場版「仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」に卑弥呼役として起用されました。

ひとつの仕事をしっかりやって結果を出せば他に繋がる・・というのは、どこの世界も同じなんですね!

平田裕香は声優としても活動していた?

平田裕香さんは2014年から声優事務所「アクロス エンタテインメント」と業務提携していました。

デビュー当時から所属していた「オフィス ニグンニイバ」を2013年に退社する際には心境をブログで公開していました。

やりたいことも増えました。やれないジレンマもありました。

退社から業務提携まで約1年間はフリーで活動しますが、その間も舞台や声優の仕事依頼があった様子でした。

平田裕香さんはアニメ声優だけでなく幅広い分野の声優・吹替えを担当しています。


TOKYOFMの「NISSAN あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE」の姫川皐月役で評判になり、2013年12月22日に同番組のイベントで「世界で一番長い生ラジオドラマ」のギネス世界記録を達成しました!

最近ならではの仕事としてゲームアプリの声優の依頼も多く来ている様子でした!

2019年になった現在も舞台女優や声優として精力的に活動しているので要注目ですね!

声優女優女性アイドル女性タレント
シェアする
アスネタ – 芸能ニュースメディア

コメント