浅香唯の中学時代は無敵?出身高校は?学歴まとめ!本名は?

今では誰でもアイドルになれる時代と言われますが、かつては選ばれた人だけがなれるものでした。
そんなアイドルの中でも圧倒的な人気を誇っていたのが浅香唯(あさか ゆい)さんです。

浅香唯の本名は?

「アイドル四天王」や「日本一忙しいアイドル」と呼ばれた浅香唯さん。
「浅香唯」は芸名で本名は「西川亜紀」(旧姓は川崎)といいます。


浅香唯さんはコミック誌が主催するオーディションに応募してグランプリを受賞したことがきっかけで芸能界入り。
このコミック誌に掲載されていた漫画「シューティングスター」のヒロインの名前が「浅香唯」でグランプリが「浅香唯賞」だったことから芸名が「浅香唯」となりました。

今も昔もオーディションに参加する人の殆どが芸能界を夢見ていることでしょう。
ですが浅香唯さんは芸能界に興味はなく、副賞の赤いステレオが目的でオーディションに参加したんだとか。
めでたくグランプリとなり副賞を獲得したことで終わる予定でした。

ところが浅香唯さんの元には多くの芸能プロダクションからスカウトの電話が。
当初は興味がなかった浅香唯さんですが親や親族が猛反対されたことで反発し芸能界に入ることを決意。
1985年3月に中学を卒業したのと同時にほぼ家出同然で上京したそうです。

上京した翌日からは「EXPOスクランブル」のアシスタントとしてレギュラー出演。
同年6月に歌手デビューし1年半で5枚のシングルをリリースするもヒット曲には恵まれず。

このまま埋もれていくと思われましたが1986年10月に「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇」に主演すると人気が爆発。
瞬く間にトップアイドルの仲間入りとなりました。

私生活では1988年に交際が発覚したドラマーの西川貴博さんと2002年に結婚。
交際当初、17歳だった浅香唯さんは西川貴博さんが初めて付き合った男性ながら

結婚するならこの人しかいない

と感じていたそうです。
その直感通りに10年以上の交際を経てめでたく結婚。

交際期間中に西川貴博さんは何度もプロポーズをしていたそうですが浅香唯さんはそれを拒否。
そして入籍の2週間前に浅香唯さんが

同じ名字になってあげてもいいよ

と逆プロポーズしたことで結婚が決まったんだとか。

浅香唯の中学時代が凄すぎ?

芸能界入りを猛反対した浅香唯さんの両親はともに公務員。
テレビも見させてもらえないほど厳しい両親だったそうです。
浅香唯さんが小学校から中学校まで宮崎大学教育学部の付属校に通っていたのも両親が教育熱心だったからでしょう。

宮崎大学教育学部中学校は宮崎県で最難関の県立宮崎西高等学校や県外の名門私立に多くの進学者を輩出する名門校。
優秀な生徒が多い中で浅香唯さんは学業の成績は良かったそうです。

また、浅香唯さんは中学生の頃にバドミントン部やバレーボール部、水泳部を掛け持ち。
バトミントン部では部長を務め、水泳では中学2年の頃に平泳ぎの新記録を出して宮崎県大会で優勝。
中学生の頃の浅香唯さんはまさに文武両道。

可愛くて勉強も出来て運動も得意な浅香唯さんは毎日ラブレターを貰うほどモテモテだったそうです。
現実とは思えない、まるで漫画の主人公のような中学校生活を送った浅香唯さん。


その後、芸能界で大人気となるのも当然といえるでしょう。

浅香唯の出身高校と学歴は?

宮崎県内でも屈指の名門中学校に通っていた浅香唯さん。
芸能界入りのために上京後は明治大学付属中野高校の定時制に進学しています。

小泉今日子さんや中森明菜さんなど多くの芸能人が通った明治大学付属中野高校。
定時制が2003年に廃止されるまでは芸能人御用達の高校の1つでした。

当時は今ほど高学歴の人が多くなかった芸能界。
そのため芸能人御用達の高校に通いながらも中退する人は少なくなかったそうです。

ですが浅香唯さんは「日本一忙しいアイドル」と言われながらも高校はちゃんと卒業しています。
きっと名門と言われる附属の小・中学校に通っていたので勉強に対する苦手意識がなかったのでしょう。


浅香唯さんは高校卒業後、大学に進学せず。
世間一般において高校を卒業して働く人は少なくありません。
ましてや浅香唯さんのように若い頃から芸能界で活躍していれば大学に行く必要もなかったのでしょう。

浅香唯が結婚した旦那、西川貴博との馴れ初め&スキャンダルとは

浅香唯、子供の現在。娘は西川陽舞莉&息子は浅香航大の噂なぜ

中村由真の現在はセレブ?旦那は弁護士?娘がハーフ?前田耕陽と別れた原因とは!

大西結花の現在!夫は櫻井敦司?子供はいる?ダイエットが話題!

南野陽子の結婚相手となぜ離婚しない?今と昔でほくろが違う?

中山美穂の歴代彼氏まとめ!新恋人と再婚間近?結婚した元旦那(辻仁成)の今は?

コメント