岩井俊二の妻&息子&家族について。現在の作品まとめ

90年代、『Love Letter』『PiCNiC』『スワロウテイル』などの作品を次々と送り出し、日本映画界でひときわ脚光を浴びていた岩井俊二(いわいしゅんじ)監督。

淡く美しい独独の映像美は海外でも高い評価を得ています。

そんな岩井監督のプライベートについてはあまり知られていませんね。

今回は岩井監督の結婚歴、妻、息子の情報とともに、2022年現在の活動をまとめました。

岩井俊二のプロフィール

本名:岩井俊二(いわいしゅんじ)

生年月日:1963年1月24日

血液型:O型

出身地:宮崎県仙台市


職業:映画監督

代表作:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか。Undo。Love Letter。他多数

岩井俊二の妻

今なお謎につつまれて、あまり公表をすることが無い岩井俊二さんの私生活。

2015年11月22日に放送されたトーク番組『僕らの時代』で、二度結婚しており、20歳の子どもがいると発言しています。

共にトークをされた、園子温さんと紀里谷和明さんが仲が良いこともあったのか、さらっとすごい話題を話されていました。

その際の時期と発言を逆算すると、父親になったのは32歳前後で長編映画デビュー作『Love Letter』の頃ですね。

しかしその後、岩井監督の家族に関する情報やコメントはほとんどなく、2022年現在も二人目の妻と婚姻関係が継続しているかどうかは不明です。

岩井俊二の息子

息子はJUNGLE TOKYO所属のモデル・酒井樹(さかいいつき)さん。

歌手としても活躍をしております。

身長は187cmもあるそうです。

2017年春夏コレクションでヨウジヤマモトが展開するブランド、Ground Y(グラウンド ワイ)に、父親である岩井監督とともにモデルを務めました。

同ブランドに「ファミリー」というコンセプトが新たに加わり、16組の様々な「ファミリー」をモデルに迎えた企画でした。

樹さんのツイート内容から推測すると、誕生日は1995年2月11日のようです。

また、公式インスタグラムもありますが、ほとんど更新はしていませんでした。

岩井俊二の家族

あまりプライベートを明かさないため、岩井監督の家族についてもほとんど分かりませんでした。

ただ、2010年の東日本大震災の際には、ご家族が宮城県にいらしたそうで、多くの親戚や友人、家族は宮城県にいらっしゃると考えられます。

家族に連絡がつかなくなり、消息がわかる2、3日後まではとにかく心配でした

東日本大震災の際には、仕事でロサンゼルスにいらしたそうですが、2-3日後には無事ご家族の安否が確認できたとのことでした。

しかし、2022年現在においてまだご健在か、またご兄弟がいるかどうかの情報はつかめていません。


岩井監督の作品では、たびたび家族や友達への愛を表現されているので、東日本大震災のご経験が影響を与えているのかもしれません。

岩井俊二の現在の活動

2022年現在、59歳になる岩井俊二さんですが、今なお第一線で作品を作り続けています。

直近の作品では、2020年にかつて日本で大ヒットした『Love Letter』の中国版『チィファの手紙』が上映(中国では2018年に上映)。

本映画の中国上映当時は55歳。

そのお歳で、まったく言葉も文化も違う場所で、映画を製作するというのはすごいバイタリティーです。

実際に映画の製作には日本とは異なる苦労が沢山あったようです。

映画を観終わった時、そういった世界のあちこちで今も生きているひとりひとりの心に思いを馳せ、少しだけ優しい気持ちを抱いてほしいなと感じています。

また、同じく2020年には日本で『ラストレター』が上映されました。

本作は韓国のショートムービー『チャンオクの手紙』を長編にしたらどうなるか?というところで、そのショートムービーのタイトルにたまたま手紙とついていることからオファーがきたそうです。

ご本人の故郷である、宮城県仙台を中心に撮影され、とても思い入れの強い作品となったようです。

しかし、当のご本人はまだまだ制作意欲が衰えていないとのことでした。

「まだやりたいことの半分もできていない」

その他、2021年には初のミステリー小説『零の晩夏』を出版。

また、ネット配信動画やYOUTUBE、ミュージックビデオの作成など、現役第一線で走り続けています。

これからも、どこか優しさあふれる岩井さんの作品が楽しみです。


関連記事
周防正行と草刈民代が結婚。子供&自宅について。事務所はどこ?

鴻上尚史の結婚と家族。帰国子女の悩みに名回答&英語留学。高橋一生との関係とは

高畑勲の死去で海外の反応は?息子と結婚歴&出身国籍について

小林武史、娘は大学進学せず。娘たちは歌手のHARUHI&越野アンナ