小山力也が柚木涼香と結婚してる?既婚?代表作は毛利小五郎&ジャック・バウアー!

人気アニメの声や海外ドラマ・映画の吹き替えを数多くこなす声優・小山力也(こやま りきや)さん。

男らしく力強い声が印象的ですね。

そんな小山力也さんですが、ファンの間では柚木涼香さんと結婚しており、子どもがいるのではないかと噂されているようです。

噂の発端となったエピソードや、小山力也さんの代表作であるジャック・バウアー役、毛利小五郎役を紹介します。

小山力也と柚木涼香は人気声優!


小山力也さんは1963年12月18日生まれで、劇団俳優座に所属する俳優、声優、ナレーターです。

俳優としてのデビューは1989年の『仮面ライダーBLACK RX』。

同作では一部の危険なシーンを除き、アクションシーンのほとんどを自ら演じました。

声優デビューは海外ドラマシリーズ『ER』。

アニメやゲームの声も多く担当しており、ラジオ番組のパーソナリティも務めています。

声優業の活動が多くなってからは俳優の仕事は少なくなりましたが、初期の頃はテレビドラマや特撮作品に俳優として出演していました。

柚木涼香さんは1974年1月10日生まれの声優、女優、同人作家です。

永椎あゆみ名義で出演した『櫻の園』で映画デビュー。

角松かのり名義でグラビアアイドルとしても活動していました。

声優としてのデビュー作は『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』で、その後声優業が本格化するとともに柚木涼香に改名。

人気声優である二人は、ゲーム原作のアニメ『うたわれるもの』で主人公・ハクオロとヒロイン・エルルゥの声を担当し、ラジオ番組『うたわれるものらじお』のパーソナリティを担当しました。

小山力也は既婚? 結婚した相手は柚木涼香?

『うたわれるものらじお』は、アニメ『うたわれるもの』に付随したカルト的人気を誇るインターネットラジオ番組です。

どちらもパーソナリティを務めるのは初めてでした。

番組の本来の目的は、『うたわれるもの』をより楽しく観るための情報提供。

ところが蓋を開けてみると、主旨を大きく逸脱する展開に。

第一回の放送で、柚木涼香さんはこう宣言したのです。

「ラジオ最終回までに小山力也を落として結婚する」

引用元:

以降も柚木さんは放送そっちのけで小山さんに熱烈なラブコールを送り続け、小山さんはオロオロしながらなんとか番組を進行させようと四苦八苦。

前代未聞の番組進行となり、大きな反響を呼びました。

「絶対力也さん私の事避けてるでしょ。

絶対仲良くなってみせますから。

その仮面をとってみせますよ。

頑張りますよっ!」

「じゃあ…放送の最終回辺りで、結婚…しましょうか」

「このラジオをやっている間に口説き落としますよっ!」

引用元:

小山力也さんが他の女性の話をすれば柚木涼香さんは焼きもち。

二人の攻防に頬のゆるみが止まらないリスナーが続出したそうです。

涼香「進歩しましょうよ、二人で一緒に」

力也「ゲスト来ないの?」

涼香「ゲスト? 

いやっ、いりませんゲストなんて!

私達の中にいりませんっ!!」

力也「浪川とかね、来てくれるって言ってたんだけど」

涼香「いらないっ、私は小山さんがいればいいんです」

引用元:

以前、自身が母親であることをほのめかす発言をしたという柚木涼香さん。

そうした経緯もあって、結婚しているなら夫は小山力也さんではないか、または子どもの父親は小山さんではないかという噂が浮上したようです。

けれども柚木涼香さんはシングルマザーであり、子どもの父親も小山力也さんではないという見方が濃厚です。

二人は『うたわれるものらじお』が原因で一時期険悪な仲にあったそうですが、現在はよき共演者として関係は良好なよう。

人気声優同士、将来は恋愛関係に発展する可能性もあるでしょう。

今後に注目ですね。

小山力也の代表作 ジャック・バウアー役と毛利小五郎役

小山力也さんの名前を一躍世に知らしめたのが、海外ドラマ『24』の主人公・ジャック・バウアーの吹き替えです。

熱のある独特なしゃべり方が話題となり、この役に惹かれたお笑いコンビ・どきどきキャンプの岸学さんは、小山さんを意識したジャック・バウアーの物真似でブレイクしました。

『24』のジャック・バウアーは、まさに小山力也さんのはまり役。

2010年12月には『24 』ファイナルシーズンのキャンペーンとファン感謝祭でキーファー・サザーランドさんと対面を果たしたことをブログで報告。

「『君のジャックを、聴かせてくれないか?』み、みたいな事を御仰ったと思ったら…!?突然!!

『Drop the weapon!!』み、みたいな事をですねえ、早口でシャウトなさいまして、『さあ、君も。』み、みたいに促されましてね、それで小山も…、『銃を捨てろ!!』と演りましたら、『OK、ブラボー!!ハハハハハ!!』と、手を叩いて喜んでくださいまして、そんな事が二、三度も続きまして、予想外の事にスタッフもびっくり、会場中、ワアっと盛り上がりまして、キーファーさんサービス満点、大変大変、貴重な、楽しい時間を過ごさせていただきました!!

別れ際も、また握手してくださいまして、『君の仕事には、本当に感謝しているよ。

有難う。』と、御自身のハートを指差しながら御仰いまして、こっちは感激。

『お会い出来て光栄でした。

僕にとっても、一生忘れられない大事な仕事、大きな大きなキャリアになりました。

貴方の事を尊敬しています。』と、何とかかんとか、片言寄せ集め、ブロークンイングリッシュで申しました。

束の間、けれど素晴らしい出会いに、心から感謝…。

キーファーさん、有難うございました。

深まる年の瀬、夜はイルミネーションが街を彩ります。

今宵は、昼間の余韻に浸りつつ、カンパイ!!」

引用元:

小山力也さんといえば、もうひとつ忘れてはならないのが『名探偵コナン』の毛利小五郎役。

この役は途中から声優が交代しています。

2009年9月、それまで担当していた神谷明さんが役を解任させられたことを自身のブログで公表。

さまざまな噂や憶測が飛び交いましたが、神谷さんは「契約上の問題と信・義・仁の問題」であるとして詳細を語らず。

二代目小五郎役は553話から小山さんが担当することになりました。


実は小山さんは過去にもテレビシリーズ、映画、ゲームなどにゲスト出演しており、『名探偵コナン』とは深い関わりがありました。

善人から冷徹な悪役、コミカルな役まで幅広くカバーする小山力也さん。

精力的に活躍するフィールドは、ますます広まるばかりですね。

コメント