鳥羽一郎は結婚した嫁はだれ?息子が歌手として活躍中&娘は今?家族について

海の男の心意気を歌い続ける鳥羽一郎(とば いちろう)さん。
歌声が素晴らしいのはもちろんのこと、チャリティー活動も積極的に行うなど懐の深さも魅力の一つです。

鳥羽一郎が結婚した嫁は?

時代を超えて歌い継がれる名曲「兄弟船」のヒットで知られる鳥羽一郎さん。
父が漁師で母は海女という漁業一家で生まれ育ち、鳥羽一郎さんも5年間に渡り遠洋漁船で働いていたこともあるそうです。


もともと歌手になりたいという思いがあった鳥羽一郎さん。
漁船で働き、板前になろうと調理師免許も取っていたそうですが歌手を夢見て27歳で上京。

上京後は船村徹さんの弟子となり3年間の修行生活を送ることに
そして1982年に「兄弟船」でデビューすると多くの音楽賞で新人賞を受賞。
同局はデビュー曲でありながら鳥羽一郎さんの代表曲となりました。

歌手活動だけでなくチャリティー活動も積極的に行っている鳥羽一郎さん。
公益のために500万円以上の私財を寄付した人が対象となる紺綬褒章を7度も受賞しています。

まさに海のように広い心を持った鳥羽一郎さん。
私生活では1987年に結婚し、2男1女が誕生しています。

嫁となった女性は一般人のようで詳細な情報は明かされていません。
鳥羽一郎さんが結婚相手に選ぶほどなのできっと素敵な女性なんでしょうね。

鳥羽一郎の息子も歌手に?

鳥羽一郎さんの長男の名前は木村竜蔵さん。

若くして音楽の才能を発揮し、高校在学中の2006年にインディーズでデビュー。
2012年にはメジャーデビューを果たしています。

シンガーソングライターとして活躍する木村竜蔵さん。
父である鳥羽一郎さんに楽曲を提供した事もあるようです。

鳥羽一郎さんの次男の名前は木村徹二さん。
木村竜蔵さんと同じく若い頃から音楽に興味を持ち歌謡コンテストで優勝した事もあるんだとか。

父と兄が歌手として活躍していた事もあってか木村徹二さんも大学卒業後に歌手になる事を目指していたそうです。

丁度そんな時に木村竜蔵さんが

僕はインディーズから10年ソロでやってきて、ステージで仲間がいればと思うようになった

と考えていたそうです。
また、弟の木村徹二さんの

演歌では父親に勝てない。父親にない土俵ならいつか勝てるかも

という思いもあり2016年8月に兄弟デュオ「竜徹日記」を結成。
「竜徹日記」は母が幼少期の二人を撮影したホームビデオに付けられていたタイトルなんだそうです。

鳥羽一郎さんのデビュー曲「兄弟船」さながら兄弟で力を合わせて芸能界という大海原に繰り出した木村竜蔵さんと木村徹二さん。
デビュー3周年を記念したワンマンライブを行うなど音楽活動は順調なようです。

いつか親子で紅白歌合戦に出場する日が来るでしょうか。
もしそんな日が来たら大きな話題になる事は間違いありませんね。

鳥羽一郎の娘は何をしている?


2人の息子がミュージシャンとして活動している鳥羽一郎さん。
歌手として活躍する父の姿を見ていれば音楽に興味を持つのも当然かもしれません。

では娘も音楽活動をしているのでしょうか。

調べてみましたが娘が音楽活動をしているという情報はありませんでした。
それどころか娘に関する情報は殆ど無し。

唯一分かったのが「比紗花(ひさか)」という名前ということ。
これほどまで情報がないという事で娘は一般人なのだと思われます。

鳥羽一郎の家族も歌手として活躍?

「兄弟船」でデビューした鳥羽一郎さんには弟が1人います。
その弟が演歌歌手の山川豊さんです。

鳥羽一郎さんよりも1年早い1981年に歌手デビューした山川豊さん。
デビュー曲の「函館本線」がロングヒットとなり日本レコード大賞を始めとする多くの音楽賞で新人賞を受賞。


力強く海の男の心を歌う鳥羽一郎さんに対して大人の色気を歌う山川豊さん。
同じ演歌の世界にいながら違う個性を持つからこそ兄弟揃って演歌界を代表する歌手となれたのかもしれません。

これからも兄弟で力を合わせて演歌界を引っ張っていってくれることでしょう。

鳥羽一郎と弟。母に捧げた歌とは。出身地が芸名の由来&本名は?師匠は名作曲家

山川豊が結婚した妻とのなれそめはナンパ!兄弟ツアーが人気&姉はスナックママ?子供は息子と娘!

コメント