羽田美智子が離婚なぜ。東京と沖縄の別居婚?子供&再婚は?

サブリミナル効果が話題を呼んだ映画『RAMPO』のヒロイン役抜擢で一躍注目を集めた羽田美智子(はだみちこ)さん。

2011年に結婚した夫とは仕事上生活拠点が異なり、沖縄と東京で別々に暮らしていました。

遠距離での別居婚は、ついに破局を迎えてしまったようです。

離婚の原因は一体何だったのでしょうか。

また羽田美智子さんには、子供や再婚にまつわる気になる声もあるようです。

羽田美智子が離婚!なぜ?

2001年、水中探検家の広部俊明さんと結婚した羽田美智子さん。


エジプトの海底遺跡を取材するため、ダイビングのライセンスを取得した際にインストラクターをしていたのが広部俊明さんでした。

その後再会して交際に発展。

2年ほどの交際を経て結婚しました。

夫妻は夫の仕事の拠点である沖縄県恩納村に居を構えますが、羽田美智子さんは女優業のため東京で生活。

普段は電話でコミュニケーションをとり、年に数回沖縄を訪れる結婚生活でした。

夫婦が年に数回しか顔を合わせないというのは、とてもめずらしい結婚の形だと思います。

生き方のスタイルは人それぞれですが、少なくとも羽田美智子さんに女優業を引退する意思はなかったのがわかります。

2017年に離婚したことを発表したのは翌2018年3月9日でした。

理由については次のように説明しています。

元々仲の良い友人同士であり、人生をともに歩めたことはかけがえのない時間でしたが、拠点の違う二人にとって、家族としての時間を築くのは簡単なものではありませんでした。

おそらく当初から別居婚を想定していたと思われますが、実際に結婚生活を送ってみると、やはり難しいものがあったのでしょうね。

羽田美智子の夫は沖縄在住!かつてはアイドルグループ?

広部俊明さんは1965年4月29日生まれの水中探検家。

1995年に沖縄に移住し、その後、ダイビングショップを開業しました。

現在も沖縄県恩納村在住で、水中カメラマン、音楽家としても活動しています。

日本最大の海底鍾乳洞を発見したことから、それは「広部ガマ」と名付けられました。

1986年には「第二のチェッカーズ」と呼ばれた夢工場のボーカルとしてデビューしており、『ザ・ベストテン 』『ミュージックステーション』に出演したほか、シングル曲がテレビアニメ『タッチ』のオープニングやエンディングに起用されています。

音楽活動と並行して、以前から興味を持っていたスキューバダイビングのライセンスを取得したそうです。

羽田美智子さんにとっては夫婦の住まいがあった沖縄。

その沖縄をテーマにして『羽田美智子が見つけた 沖縄 すてき、ひとめぐり。』を出版しています。

2年にわたる取材をまとめたこの本は、沖縄で出会った人やもの、大好きな場所など、沖縄らしさが詰まった1冊。

カフェやギャラリーといったスポットの紹介はもちろん、時にはその作り手を訪ねていくというアクティブな一面も垣間見えます。

羽田美智子の子供や再婚は?

結婚した時、羽田美智子さんは42歳、広部俊明さんは46歳でした。

二人の間に子供はいないようです。

最初から子供を望んでいなかった可能性も考えられますね。

ふだん両親が別居しており、しかも遠く離れた東京と沖縄では、子育てによい環境とはいえないでしょう。

再婚については、2021年現在どちらからもその情報は出ていないようです。

子供、再婚といえば、ネット上で羽田美智子さんに関する気になる声もちらほら。

羽田美智子さんは実は再婚であり、初婚でもうけた子供がいるというものです。

調べてみましたが、これを裏付ける情報はひとつもありませんでした。

もしかしたら、美人の羽田美智子さんが42歳という遅めの結婚をしたために、実は再婚ではないかと思われたのかもしれませんね。

デビューしてすでに30年以上になる羽田美智子さん。


テレビドラマに活躍の場を移してからは数々の人気ドラマに出演し、お茶の間に親しまれてきました。

その上品な美しさと演技力に、これからも多くの人が魅了されそうです。

羽田美智子の実家は?天然がかわいい!きれいな肌やメイクについて

コメント