村田兆治の現在。息子・娘は何してる?成績や球速が伝説

村田兆治(むらたちょうじ)さんはロッテ一筋のプロ野球人生を送り、惜しまれつつ41歳手前で現役生活にピリオドを打ちました。

今回は村田兆治さんの現在の様子や息子さんについての情報、現役時代の成績や伝説と言われる球速についても見て行こうと思います!

村田兆治の現在の様子は?

村田兆治さんは現役選手を引退した後も野球解説者や福岡ダイエーホークスの投手コーチという形で野球に携わっていました。


しかし、投手コーチとして活動中の1997年に”心筋梗塞”を発症したため、任期を終えて以降はコーチには就いていませんでした。

その後は病気と付き合いつつ、2005年3月にプロ野球OBの13人と共に長崎県対馬市に「対馬まさかりドリームス」を設立して投手兼監督に就任。

この「対馬まさかりドリームス」のメンバーで少年野球の指導を続け、2008年から始まった「全国離島交流中学生野球大会」の提唱者にもなっていました。

この「全国離島交流中学生野球大会」は離島甲子園として親しまれ、2018年に引退した新井貴浩さんもこの活動に参加していました。

離島にこだわった理由は”自身の通算勝利数215勝と有人の離島数がほぼ同じ”だった事だそうで、現役引退後のライフワークと語っていました。

村田兆治さんは2019年は70歳になりますが、衰えるどころかますます元気に活動を続けていました!

村田兆治の息子は何をしている?

村田兆治さんは淑子(よしこ)さんと結婚しており、ヒジの故障で手術を受けた時も付き添って支えていた淑子さんの姿が印象的でした。

村田兆治さんの引退試合後も記者に取り囲まれていますが、立派なコメント以上に淑子さんが美人な事に驚きますよね!

ふたりの間に息子さんが居るのか調べましたが、目立った情報が無く居るのか居ないのかもハッキリしませんでした。

ただ、ネット上では存在しているような情報が断片的に有り、中には経歴に関して触れているツイートもありました。

息子さん以外にも娘さんが居るそうなのですが、名前や年齢など詳しい事は公開されていませんでした。

村田兆治さんは公の場で子供について触れた事は無く、子供の存在自体についても特に触れていませんでした。

引退試合に淑子さんは来ていたものの子供たちの姿は取り上げられていませんでした。

もしかすると村田兆治さんには”子供のプライバシー”を守りたかった気持ちがあるのかもしれませんね。

村田兆治の成績や球速が伝説になっている?


村田兆治さんはロッテに通算で22年在籍し215勝177敗33セーブの記録を残していました。

勝ち負け以上に話題になっているのは完投数が184もある事で、負け試合であっても最後まで投げ切る姿勢は凄いですよね。

現在では分業制が進んでいる事もあって完投数は減り続けており、完封が狙える場合は最後まで・・と言ったパターンが多いです。

また、村田兆治さんの球速について調べると現役当時はさほど話題になっていませんでしたが、むしろ引退してから球速に注目されるようになりました。

始球式で68歳ながら112kmのストレートを投げた事で大きな話題になっていました!

他にも2016年3月30日のロッテ対楽天戦での始球式では66歳で131kmと計測され、このニュースは海を越えてアメリカでも報じられていました。

冷戦時代に現役だった66歳の元選手が、未だこれ程の剛速球を投じる事は驚嘆に値する


現在でも筋力トレーニングを欠かさず、日々の野球指導でも全力投球をしている事が影響していると思います。

大きなヒジのケガを乗り越えて今でも体力を保っているのは伝説としか言い様がありません!

山田久志の息子やイチローの関係は?落合博満は終生のライバル&球速やフォームが話題

東尾修の妻と梓みちよ&石田純一との関係は?監督成績・麻雀賭博で謹慎処分。

男性アスリート
シェアする
アスネタ – 芸能ニュースメディア

コメント