倍賞千恵子、高倉健と交際報道&渥美清との思い出&吉岡秀隆との仲。性格が意外?

日本を代表する名女優の一人である倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)さん。
長年に渡って多くの作品で印象に残る演技を披露しています。

倍賞千恵子がジブリ作品で魅せた演技力が話題

幼少期はのど自慢荒らしとして有名だったという倍賞千恵子さん。
1957年に松竹音楽舞踏学校に入学すると1960年に首席で卒業。
松竹歌劇団の13期生となると持ち前の美貌と歌唱力によって早くから将来を嘱望される存在でした。


松竹歌劇団での活躍が注目を集めた事で1961年に松竹映画にスカウトされた倍賞千恵子さん。
同年の映画「斑女」でスクリーンデビューを飾ると1963年にはその後長い付き合いとなる山田洋次さんが監督を務めた映画「下町の太陽」に主演。

同名の楽曲で歌手デビューも果たしており日本レコード大賞の新人賞を受賞し紅白歌合戦にも出場するなど歌手としても大活躍。
一躍、日本の芸能界には無くてはならない存在となりました。

マルチに活躍する倍賞千恵子さんですが活動に重きを置いていたのは女優。
ですが、その見事なまでの演技力は女優以外の仕事でも発揮されています。

その際たるものがジブリ作品「ハウルの動く城」で声優を務めたヒロインのソフィー。
本当は18歳ですが魔女の呪いにより90歳に変えられてしまうソフィー。

そのため英語やフランス語、スペイン語の吹き替え版では別々の声優が演じています。
ですが、倍賞千恵子さんは18歳のソフィーと90歳のソフィーの両方を演じています。

両方のソフィーを演じ分けられたのはそれまでに培ってきた演技力のおかげと言えるのではないでしょうか。

倍賞千恵子と高倉健に交際報道

日本を代表する映画俳優の一人である高倉健さん。
圧倒的な存在感と演技力は今もなお多くの人々の心に刻まれている事でしょう。

そんな高倉健さんと倍賞千恵子さんはかつて交際が報じられた事がありました。

二人は今も名作として語りつがれる映画「黄色い幸せのハンカチ」で共演。
その後「遙かなる山の呼び声」、「駅 STATION」と立て続けに共演する二人の交際が報じられたのは「駅 STATION」の撮影期間中の事でした。

報道によると当時、倍賞千恵子さんの自宅には高倉健さんがCMに出演していた三菱自動車のポスターが貼られていたそうです。
週刊誌の記者が張り込みを続けると高倉健さんが倍賞千恵子さんの自宅を車で訪問。
ところが週刊誌の記者に気付いたのか高倉健さんは車から降りることなく去ってしまいました。

交際報道を受けて高倉健さんはロケ地の北海道で急遽、記者会見を実施。
熱愛を認める事はなくその後、倍賞美津子さんと共演する事も無くなってしまいました。

きっと高倉健さんは倍賞千恵子さんと共演すると作品の内容とは別の事で話題になってしまうと思ったのでしょう。
映画を心から愛する高倉健さんらしい行動だと感じられます。

ただ二人が結婚したらどうなっていたのかも気になってしまいます。
芸能史に残る大スクープとなっていた事は間違いありませんね。

倍賞千恵子が明かす渥美清との思い出

お正月の恒例映画であり国民的映画シリーズだった「男はつらいよ」。
これまで全49作が製作・公開されていますが2019年12月に第50作目となる「男はつらいよ お帰り 寅さん」が公開される事が大きな話題となりました。

同映画で主役の車寅次郎を演じた渥美清さん。
倍賞千恵子さんはその妹である「さくら」役で出演していました。

映画「男はつらいよ」の第一作目の公開日からちょうど50年後の2019年8月27日に開催された「祝!50周年 寅さんファン感謝祭」。
倍賞千恵子さんは兄妹役で長らく共演してきたからこそ語れるエピソードを明かしています。

倍賞千恵子さんが渥美清さんから学んだのは「人の立場になって考える事の大切さ」。
渥美清さんは倍賞千恵子さんに悩み事がある時には良く食事に誘ってくれたそうです。

また、毎回マドンナが登場する「男はつらいよ」シリーズ。
マドンナ役の女優が輪の中に入れないと渥美清さんが控室まで行き一緒に現場に入っていたそうです。

大御所になっても気配りを忘れる事がなかった渥美清さん。
気配りの精神は倍賞千恵子さんやその他の共演者にもきっと受け継がれている事でしょう。

「男はつらいよ」にも気配りの思いが込められているから見た人の心を温かくするのかもしれません。

倍賞千恵子と吉岡秀隆は仲良し?

「男はつらいよ」で芭蕉千恵子さん演じる「さくら」の一人息子である満男。
その満男役で出演していたのが吉岡秀隆さん。


当初、満男役を演じていたのは撮影所の近くに住む普通の男の子でした。
ですが子役を使うべきという話になり第27作から吉岡秀隆さんが満男を演じるようになったそうです。

倍賞千恵子さんと吉岡秀隆さんは「男はつらいよ」シリーズの前に映画「遥かなる山の呼び声」でも親子役で共演。
その時の親子役があまりにも自然だった事から再び吉岡秀隆さんが息子役に抜擢されたのでしょう。

倍賞千恵子さんは吉岡秀隆さんの演技について「心の品性が良い」と高く評価しています。
一方、吉岡秀隆さんも「倍賞千恵子さんに出会えてよかった」と語っているそうです。

心の底から信頼し感謝出来る人とで会える事は決して多くはありません。
ですが吉岡秀隆さんにとって倍賞千恵子さんはそのような存在なんですね。

最近では共演する機会も少なくなった倍賞千恵子さんと吉岡秀隆さん。
ですが今でも親交があり吉岡秀隆さんが倍賞千恵子さんの別荘を訪れた時にはマッサージをしてあげるそうです。

倍賞千恵子さんと吉岡秀隆さんは芸能界の先輩・後輩という関係以上の繋がりがある事が分かりますね。
吉岡秀隆さんにとって倍賞千恵子さんは芸能界の母と呼べるような存在なのかもしれません。

倍賞千恵子の性格

「男はつらいよ」のさくら役により庶民派女優としての地位を確立した倍賞千恵子さん。
あまりにもはまり役のため倍賞千恵子さんは「さくらのように兄思いで優しい人」と思っている人が多いのではないでしょうか。

ですが実際の倍賞千恵子さんは超肉食系。
恋多き女として知られており不倫や二度の結婚歴など酸いも甘いも経験しています。

ここ数年の芸能界では色恋沙汰で芸能活動に支障をきたしている人も少なくありません。
倍賞千恵子さんも今の芸能界であればスキャンダルによって女優生命の危機を迎えていたかも。

ただ、どれだけスキャンダルがあったとしても倍賞千恵子さんが素晴らしい女優であることに変わりはありません。
2019年に映画「初恋〜お父さん、チビがいなくなりました」で主演を務めるなど、今も第一線で活躍しているのが何よりの証拠。

これからも類まれなる演技力で我々を魅了し続けてくれることでしょう。

倍賞千恵子のプロフィール


芸名:倍賞千恵子

本名:小六千恵子

生年月日:1941年6月29日

身長:159cm

出身地:東京都豊島区西巣鴨

最終学歴:松竹音楽舞踊学校

所属事務所:チエコ・オフィス

倍賞千恵子と結婚した夫(小六禮次郎)とは再婚。小宮健吾との離婚理由とは。子供はいる?

渥美清が結婚した妻とは!子供は何人&息子が芸能関係者?家族やプライベートを明かさない理由とは!

渥美清は黒柳徹子と熱愛?ギャラが破格&性格が意外?名言の数々!はまり役には出身が関係?

コメント